Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2017.08.20 (Sun)

最近驚いたこと。。。

ネットをみていると驚かされることがあります。

最近はこれでした。

この女性は誰か?

 イモトアヤコ

分かる人には分かるのでしょう。
当方はまったく分かりませんでした 

アイドルか?
もしかして極悪犯か?
いや、やっぱり芸能人か?



この人でした 


イモトアヤコ1
イモトアヤコ


 『ノーメイクのイモト。。サッパリ分からん』 

メイク無しだとこんなに普通の綺麗な女性だったんですねえ。
というか、メイク無しだとTV的には人気は出なかったでしょうね。。



ある日のこと

GAMMAというDIYショップがあります。
広々とした店内は暇潰しでも楽しいものです。

品物を手にしてキャッシャーに並びました。

するとちょっと離れた場所にいた一人のモロッコ少年が突然泣き出しました。

『パーパ、パーパ』 

どうやら店内でパパとはぐれた迷子状態です。
じっとしていればそのうちにパパが見つけてくれるものを、
はぐれて一人になった少年モロッコはしばらく我慢したものの、
急激に膨らんだ不安に心が押し潰され泣き叫び出した構図です。

ワーワー泣きながら周囲をキョロキョロしています。
何かにすがりたい気持ちになっているのは一目でわかります。

キャッシャーに並んでいた当方。
当方の前に並ぶ複数のオランダ人。
そのオランダ人たちは少年モロッコを見て微笑ましく笑っています。
キャッシャーの女性も泣く少年を見ながら微笑みながらレジを打っています。

 『泣くんじゃねえ。ええか。すぐにパパが来るで』 

そんなことを心で思いながら少年モロッコを見つめていると、
当方と少年モロッコの視線と視線がヒタと交じり合い、
その瞬間に少年モロッコは当方めがけて走りより、
両手を広げてヒシッと当方の右足に抱き付き、
『パーパ、パーパ、ウェーン』 

な、なんじゃこりゃ!
なんじゃ

予想外の展開です。わ、わしゃパパとちゃうで 

と、思う間もなくパパ登場。駆け寄って少年モロッコを抱き上げ、
『サラマレコムでチュンマチェン。インシャラー』と立ち去りました。

なぜ少年モロッコは当方に抱きついてきたのか?
当方が慈悲深い仏に見えたからではありません。
こういう現象は不思議でも何でもないようです。


こんな話があります。
京都の桂川でキャンキャン鳴きながら小犬が流されていました。
犬かき状態でどうすることもなく小犬は鳴きながら流されているのです。
周囲は旅行者が多く川に入る人もおらず手をこまねいて見ているだけです。
するとそこを通りがかった一人の坊さんが川べりに寄り大声で、
『こっちだぞ!こっちへ来い!こっちだぞ!』と犬に呼びかけたのです。
するとです。
その声に気付いた小犬は、
その人のいるほうへ向かって泳ぎ出したのです。
その人の声に向かって懸命に泳ぎ出し、
そして岸に辿り着いたのです。
小犬を手ぬぐいで拭いてやった坊さんは、
『よう頑張ったな。えらいぞ。よう頑張った』
そう言うとその場を立ち去ったということです。


少年モロッコは親にはぐれ途方にくれて泣いたとき、
見つめる当方の視線に気付きそれを頼りに駆け寄ったのです。
途方にくれた小犬は声のする方を頼りに全力を振り絞ったのです。

そういうことです。

大きくなっても途方にくれている人はたくさんいます。
温かく見つめる、もしくは声をかける。
そういうことは大切なことです。



 『ま、お節介にならん程度で生暖かく見つめてやろうかの』 
15:59  |  こんな事あんな事

2017.08.10 (Thu)

ゲントの美術館

ゲント美術館

ゲントに行くのなら私的には、
是非行くべし美術館だと推奨します。

私は滞在先ホテルから徒歩で行きました。
街中のホテルからテクテクテクテク、
途中で休憩して、
再びテクテクテクテク。。

でも、せいぜい徒歩30分ほどです(^^v。

が、

この美術館。
コレクションのクオリティ、
かなりビックリするほど高いです。
と、個人的には思った次第です。

 S-54 kopie ←クリックで拡大

こんなのがあるんです。
『最後の審判』
凄いじゃないですか。
ミケランジェロの作品が超有名ですが、
他にも色々な画家が描いてるのが最後の審判です。
その一つがここにあったわけで、かなり感動しました。

呆然と観賞している私です。

 IMG_0193.jpg

そして、
そぞろ歩きで観賞していると、
唐突に目に飛び込んできたのがこれです。

2000-D kopie   2000-E kopie_0 IMG_0195.jpg


これは児島虎二郎という画家の作品です。
何だか聞いた名前だなと思って調べてみると
『何でも鑑定団』に本物が出たときは500万という方でした。

この人の作品。

ほとんど無いんですって。

だから世の中に出てこないんですって。

つまり、流通してないんですって。

ほとんどが大原美術館に所蔵されているので、
この人の作品を所持する人は、ほぼいないということです。
なので、もし本物が出たときは始まりが500万ですって。

その実物がゲント美術館に3点あったんです。
普通に壁に飾られてるんです。
日本人以外、たぶん誰も気に留めないと思います。

3点並んで飾られているのです。

一作品最低500万スタートですから3点で1500万です。

それが普通に壁にかかってるんです。
触ろうと思えば何だか勝手に触れる状態です。
周囲に警備の人もいないですし。。。。


凄いでしょ。


ゲントに行ったなら観るべきです。

お奨めだと思います。
19:47  |  こんな事あんな事

2017.08.09 (Wed)

ゲントのワーテルゾーイ

週末を利用してバスでベルギーのゲントへ行ってきました。

アムステルダムのSloterdijk駅には長距離バス発着場があります。
Flixbus というドイツ資本のバスが頻繁に発着しています。
3時間ぐらいの旅なら列車よりもかなり安くていい感じです。
今回の路線はアムス→アントワープ→ゲント→リール→パリです。

ゲントでの目的はワーテルゾーイとゲントビーフシチューです。

ワーテルゾーイは鶏肉もしくは魚を使ったゲント風水炊きです。
日本ではダシで炊きますがゲントではミルクソースです。
というかゆるめのベシャメルソースで炊いた料理です。

  IMG_0104.jpg ←クリックで拡大

ジャガイモの煮え具合が絶品です。お味は、一口食べて
『あ、これ前に作ったことある』という感じでした。
家内が注文したのはサーモンのグリル。
つけあわせのポテトが美味しかったです。

翌日に食べたのがゲントビーフシチュー。
グーラッシュとか言われたりもしますが、
要はゲントのビーフ煮込みです。

  IMG_0220.jpg

これは美味しかったです。ホロホロのビーフ。
大好きな味ですね。

ワーテルゾーイもビーフ煮込みも、
ゲントのカフェやレストランならどこにでもあります。
ゲントの食に関してはこの二つを押さえればOKかと思います。

美術館にも行ってきました。
そこで貴重な思わぬ発見がありました。
15:50  |  こんな事あんな事

2017.07.20 (Thu)

人生の厳しさ

<命題>
男性の人生における経済力・時間・体力と
対象女性との相関関係について考察せよ


青年男性
 体力は全開で青くほとばしっている。時間も日々十分にある。
 しかしながら、経済力がない  


壮年男性
 体力は横溢し自信でみなぎっている。経済力もそれなりにある。
 気の毒だが、時間がない 

老年男性
 経済力は十分にある。時間も死ぬまで有り余るほどある。
 残念ながら、もはや体力がない 



とまあ、
男の人生の厳しさを理解したうえで、
これでどうでしょう?


    a55a03949da639d264e97a6381ab9375.jpg



 『最近の警察は戒名もつけるのか。。』   笑い転げる
14:15  |  こんな事あんな事

2017.07.04 (Tue)

マンガにあるけど実際にはないもの その2

じっさいには見たことない、あるあるです。


もてる地味少女!


地味少女←クリックで拡大


イケメンに挟まれて取り合いにされる地味少女。

 『現実の学園生活ではありえんじゃろ』
 『ははは。ないね』


そしてこれ。


メガネを外すと別嬪少女!

右へ順にクリック
メガネ少女1 メガネ少女2メガネ少女3


メガネ美人は結構いたりします。

 『まあ、稀にじゃな』

でも、

 『メガネフェチ男はいっぱいおるでな』 

12:15  |  こんな事あんな事

2017.07.02 (Sun)

マンガであるけど実際にないもの

マンガでは普通にありえるのに、
実生活ではありえないもの、ってのがあります。


例えば、


食パン少女!

  クリックで拡大↓
  食パン少女

こんな子、、、見たことありません。

 『カバンは持たんのか?』
 『口だけでパン食うとるよ』


そして、例えば、

メガネをとると目が3の人!


    3の人
       クリックで各代↑

これじゃ病気です。

 『いちど眼科行った方がいいね』


そして、スポーツマンガのあるある。


よく喋る選手たち!


  喋る選手 ←クリックで拡大

試合中にこんな選手いません。

 『芝居中に役柄を語る役者ね』
20:11  |  こんな事あんな事

2017.06.27 (Tue)

もし月が。。。

月までの距離は約38万キロメートルあります。

もしその  が、
  クリック↑

地上4万kmの高さの人工衛星の軌道上にあったとしたら、
どのように見えるのかというCG映像です。

ど迫力 です 

 『毎日が楽しそうじゃ』



そしてもし 月の代わり に他の惑星を置いたとしたら?
       クリック↑

 『土星は風情があって中々ええ』 
12:07  |  こんな事あんな事

2017.06.19 (Mon)

怖い話

今日は暑かったですね。

余裕で30度超えでした 

私は25度を超えると生命力が溶け出すのですが、
ちょうどラマダンで断酒を続行中なので、
それが功を奏して体力が温存されているようで、
暑さが平気な感じでいい調子です 

暑いとなると定番は 心霊 です 


そう。怖い話です。


偶然に 心霊写真 を撮ってしまった人の話です。



 『俺さ、心霊写真をフライデーに投稿したんだよ』

彼はそう言いました。
そしてその写真は編集会議で採用され掲載されました。
『まぎれもない本物の心霊写真』 というタイトルがつきました。
もちろん彼はそれなりの謝礼も貰ったわけです。


しかしです。


それから2年後のことです。


彼のその写真が他社週刊誌に使われたのです。
それも撮影者である彼に無断での掲載でした。
夏定番の恐怖の心霊写真集という企画での掲載でした。

 『不幸をもたらした恐怖の写真』

こんなタイトルまで入っていたわけです。

撮影者に無断とは大手メディアも結構いい加減なものだと彼は思ったのです。
彼は名乗り出て一つねじ込んでやろうかと思いつつ記事を読んだわけです。
そして本当の恐怖は特集記事の最後の一行に集約されていたのです。
彼は最後の一行を読んで腰が抜けるほど驚きました。


『撮影者は今も行方不明である』
 

 『俺は行方不明かよ!』 

 『こういう類はそんなもんじゃ。行方不明なら事件じゃろが』 
22:07  |  こんな事あんな事

2017.06.18 (Sun)

あと7日。。。

ラマダン終了まで残すところあと7日です。

イスラムの人々も微妙に笑顔が増えてるように思います。

私的我流ラマダン『断酒』も順調です ( ̄^ ̄)ゞ

この方々にとてもお世話になってる次第です。

nonbi-ru.jpg

今年の親友 Heineken と Grolsch のノンアルコールビールたち 
ハイネケンは満を持しての今年新発売。ボトル小さめです。
フロールシュはノンアルコールを生産している事実自体を知りませんでした。
なのでハイネケンと並んで置いてあるのを見てかなり驚きました。

両者を呑んだ結果。。。

フロールシュの方が美味しい 

ハイネケン、、満を持した割にはさほどのインパクトでも無いような。。。
昨日、ハイネケン0%はJUMBOスーパーで安売りしてました 

ということで今ではもっぱらフロールシュのみ。
ノンアルコールなので朝食代わりに飲んだりしてます。
小腹がすいたときもフロールシュでOKな感じです。



さて、



おむすびとおにぎりの違い なんて、

知ってましたか?

神力を授かるために山の形(三角)に作るのが『おむすび』だということです。
山の頂上で神の力を授かるというようなことなのでしょう。
なので『おむすび』は三角しかないのです。

一方の『おにぎり』はにぎり飯が語源のようで、
三角に限らず丸型や俵型や色々あります。
というか、各家庭でいろいろあっていいわけです。




もう一つ話しかわって、



では、



卵と玉子の字の使い分け なんて

知ってましたか?

 『ちゃんと使い分けがあるんですよ』 


卵の字は全ての卵に使います。
昆虫・魚介類・鳥類などなど。
しかし玉子の字は鶏に限って使います。


そして鶏のタマゴにも、卵と玉子の字の使い分けがあります。

生で使う場合は卵の字を使います。
加工する場合は玉子の字を使います。

卵かけご飯、であり
玉子どんぶり、なのです。

例外的に『ゆで卵』だけは加工品ですが卵の字を使います。

 『なるほどのお。。。』
17:22  |  こんな事あんな事

2017.06.06 (Tue)

レンタカー

長年車のオイル漏れが続いていたので、
いよいよ修理に出しました。

となると弁当配達はレンタカーです。
そこでこれを借りました。


ジャーン
toyota-aygo-reclame.jpg
Bo-rent のレンタカーです。
この会社は建設機材やら何やら色んなものを貸し出してます。
むかし食堂を立ち上げたときも内装外装で色んな機材を借りました。
昨今はこういうレンタカーも始めているわけです。

車体にあるとおり一日14.5ユーロです。
これに21%の税金と自賠責保険一日あたり10ユーロが必要なので、
ざっと一日30ユーロぐらいのレンタル賃になりますが、やはり安いです。
デポジットは200ユーロですが車を返せば戻ってきます。


先週の月曜から木曜はこの車でお弁当を配達しました。
もちろん車体にPRのついてないのもありますがレンタル賃は高めです。
PRを兼ねることで安いレンタル賃に設定しているわけです。

車はトヨタですが Bo-rent 用に内装が改造された特別仕様でした。
つまり内装が必要最小限で出来上がっておりスッキリしてます。


 『なかなかええ乗り心地じゃったよ』
15:31  |  こんな事あんな事
PREV  | HOME |  NEXT