Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2013.04.07 (Sun)

中華店のこと

マクロなど大型マーケットのあるエリア。

中華店は東方行と華南行があります 

東方行の右隣は小売りもしている紙の卸や屋さんです。
その紙屋さんを挟んだ右隣に新東方行スーパーができました。
とても綺麗なできたての大きなスーパーです。
古い方のスーパーも営業を続けるということです。

道路沿い一番奥にあるのが華南行です 
ここでは酒の月桂冠750ml瓶が5.5ユーロほどです。
東方行や他でも7.5ユーロほどしますが、
華南行だけは5ユーロちょいで売っているのです 
前々からこの値段なんです。
おそらく初期値段設定の際に間違えたままなのでしょう。


 『店の人には黙っとることにしようぞ』 


中央駅からメトロ一つ目がマルクト広場ですが、
この周辺にも中華ショップが色々とあります。
東方行の支店というか本店も広場に面してあります。

広場から徒歩1分の所にミンヤーという中華書店があります。
店の人に尋ねると、中華書店はオランダでここだけということです。
本に限らず書道に必要な道具も色々と揃えてあります。

本屋の前の運河を挟んで小橋を渡ると鄧容(ドゥンヨン)という
雑貨食品の中華スーパーがあります。
この店がオランダで一番古い中華店のようです。
ここにも色々なものが揃えてありますが、
特に秋になると『トロロ芋』が並びます。
安いし美味しい最高です。


ドゥンヨンの横道を真っ直ぐ行くと飾り窓のメイン通りに出ます。
そこをそぞろ歩いてダム広場からの通りと交差する地点に出ると、
右手に『海城大酒楼』(オリエンタルシティ)があります。
飲茶ができることで有名なレストランで知っている方も多いでしょう。
同じ建物に『福臨門食家』(ゴールデンチョップスティックス)があります。
この店はカードはピンも含めて不可、現金しか使えません。
ここの『三種の鳥肉を載せたご飯』という10ユーロほどのメニューが、
 『わしゃ好きじゃな』 

福臨門は遅くまで開いてるので、
この辺りで飲んで腹が減った時は重宝する店です。
17:20  |  こんな事あんな事
 | HOME |