Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2013.03.24 (Sun)

怖い体験

定山渓温泉って知ってますか? 

札幌近郊にある由緒正しき温泉です。

これまで2回泊まりました。

のどかです。

露天風呂もあります。

深夜に一人、雪見風呂と洒落込みました。 

脱衣所の脱衣カゴが3つ使われて浴衣が入ってました。

先客が3人いるようです。

曇ったガラス戸を開けて入りました。

もうもうと湯煙が立っています。

夕方に一度入っているので湯船の位地関係はわかります。

ぬるめの大浴場に身を沈めようと思ったその時、

湯煙の正面からチャポチャポと音がして

とつぜん男性が一人現れました。

ちょっと驚きました 

まさに突然現れた感じだったからです。

ご同輩か、と思いながら後姿を目で追うと、

男性は奥にある洗い場へ向かって行きました。

当方は一人湯にゆったりと浸かりました。

目が慣れてくると外の露天に数人の人影が見えます。

さっきの脱衣カゴの3人の浴衣が彼らだろう、

そう思いながらゆったりしながら見るともなく見ていました。


しばらくして、

はて?奥の洗い場へ行った男性はどうしたかな?

そう思いながら当方も洗い場へ行きました。

するとです。

誰もいません。

誰もいないのです。

洗い場より奥はありません。壁です。

はてな?

あの男性が体を洗った気配は感じませんでした。

当方が湯船に浸かっている間、

男性がカランを使った音も体を洗う音も何も聞こえませんでした。

深夜の温泉です。

聞こえるのはボコボコという温泉の湧き出る音だけ。

天井からの滴の音も聞こえる夜更けです。

あの男性が外へ出て行った気配はありませんでしたが、

気づかぬ内に上がってしまったのかな、と思いながら、

特に不審とも思わず軽く体を流しました。

そして再び湯船に浸かり露天の人を見ました。

かなり長いこと露天の3人はいるようです。

しかしです。

ふと妙なことに気づきました。

3人とも動かないのです。

座ってじっとしているのです。

何か会話をしているような気配もないのです。

まるで石像のように3人とも正面を見てじっとしているのです。

当方が入ってからずっと同じ姿勢のようです。

夕方に当方は露天に入ってますから、

そこに石像などが無いことは知っています。

なぜ3人は動かないのだろう?

ここに至って急に気味が悪くなりました 

そそくさと当方は脱衣所に出ました。

動かない3人といい、湯煙から突然現れた男性といい、

いったい何だかかなり妙です 

するとです。

脱衣カゴにあった3人の浴衣がないのです 

3人は出てしまった後のようです。

かなり怖くなりました 

いつ出て行ったのだろう?

でも、いま見た露天の3人は何だろう?

深夜1時。

今ここにいるのは当方一人のようです 

早く部屋に戻らなければならない。

一刻も早く戻らないといけない。

素早く着替えて廊下に出ました。

シンとしています。

部屋に戻るにはホテルのロビーを通ります。

広いロビーには誰もいません。

フロントも真っ暗です。

エレベーターに乗ります。

部屋に戻るまで誰にも会いませんでした。

部屋に入りました。

家内が一人グッスリ寝ていました 

家内の寝姿を見てやっと、

助かったと思いました 


 『怖かった。いま思い出しても怖い』
 『何が怖かったですか?』
 『脱衣所から部屋に戻る間のローカ。
  誰かが後ろにいるんじゃないかと』
 『私は気持ちよく寝られて極楽でしたね』
 『・・・・・・よかと』
21:51  |  こんな事あんな事
 | HOME |