Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2013.02.06 (Wed)

猪木から学んだこと

『処分するのはもったいないので、

  Picture 742   Picture 743

もし貰っていただけるのでしたら・・・』

というこで、美女のお客さんから 

たくさんの文庫本を頂戴しました 

浅田次郎の作品をさっそく寝床で読んでいます。

トイレにも一冊、短編エッセイ集をセット。

やはり、活字は脳の栄養補充です 

気持ちに充足感が満ちてきます。

ネット情報では味わえない満足感ですね 


ということで読書しながら食べる本日のメニュー。

 Picture 744

コーローカイ(鶏肉・ピーマン・タマネギの中華風甘酢=酢豚の鶏肉版)。
タマゴ焼き。ズッキーニのタパス風。ウインナー。餃子。かぼちゃ。葡萄。
白身魚のフライとタルタルソース。豚肉もしくはササミの塩焼き。ひじき。
キュウリ糠漬け。ごはんとカオリふりかけ。


誰?

先週の土曜日。
日本の格闘技選手と焼き鳥屋のせん八を訪問。
かなり混雑していたので入り口そばのカウンターに陣取り、
楽しく格闘技話に夢中になっていた時のこと、
店に入ってきた女性のお客さんが当方を見つめて会釈します 

え、お! はて? 誰やったか? どこかで見かけたような・・・。

誰やろな、と思いながら相手の会釈を貰ったため、
当方はお返しの会釈をしなかった気がします 

は!と気づいた時は、すでに女性は後姿で奥のテーブルへ。

ああ、なんでちゃんと会釈を返さんかったんやろ。
まさに、凡夫の智慧は後から出てくるといいますが 
ふと、アントニオ猪木さんの姿を思い出しました。

猪木さんは日本中の人に知られています。
一度会ったら忘れられないあの顔と巨体です 
日本どころか世界中で知られています。
モハメド・アリと試合をした唯一のプロレスラーだからです。
イタリアでは特に人気だと、猪木さん本人が言っていました。

当方がフェーンで食堂をやっていた97年秋に
猪木さんは一度来店されて食事をしていかれたことがあります。

猪木さんを見かけた人は、たいてい驚きます 
驚いてじっと見つめたり、指をさします 
すると猪木さんはニコッと満面の笑みで自分から最初に会釈するのです 
これはもう身についた無作の所作になっています。
猪木さんは隠しようも無くみんなに知られている。
相手みんなが自分のお客さん、という考えで生きています。


当方も、お弁当配達で、あちこち多くの人と出会いがあります。
こちらは失念しても、相手側が覚えていることも多々あるはずです。
まして23年もオランダにいればそれなりに知られているでしょう。

 『どうして即座に会釈を返せなかったか・・・。
 悔やまれるわ』
 『ほんとですね。まだまだ未熟者ですね』
 『な、なんと!』 
15:29  |  こんな事あんな事
 | HOME |