Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2012.10.22 (Mon)

人間違い

人生でリスクはいつも付きものです 

リスク

この写真から何かを思い当たる殿方も多いでしょう 
ニヤリとほくそ笑むご婦人方も多いことでしょう 


特に何か悪いことをした覚えなど無いのに・・・

リスク2

こんな場面に遭遇してしまう方も中にはいるわけです 



でも、大切な仕事などで、

自分が明らかに間違いをしでかしたのなら・・・

日本では、これはもう謝るしか術はありません。

44560_359010380860367_595650522_n.jpg

日本語のバリュエーションは豊かです  


リスク回避にはやはりお弁当ですね。

ということで、最近のメニュー!

かぼちゃコロッケ

キャベツ炒めと牛肉の和風サイコロステーキ。
タマゴ焼き。ウインナー。野菜餃子。肉団子。
オクラのタパス風。季節のかぼちゃコロッケ。
スモーク鯖のあっさり焼き。大根の糠漬け。
ハム下敷き平打ちパスタのマヨネーズサラダ。
お豆さん。ごはんと鼻ツン山葵ふりかけ。



走行中の携帯通話の取り締まり。
順調に摘発しているようですが、
実はそれだけではありません。

シートベルトチェックも厳しくやっています。
まさに路上に警官が立ってやって来る車を
覗き込むようにして露骨にチェックしています。
WTC前でガッツリと捕まっている方がいました。

さらに、スピード違反チェックの器械の精度も上げており、
普段なら5kmオーバーぐらいまでなら反応しないのに、
今は2kmオーバーで反応してキッチリと罰金が取られます。

また、自転車や原付バイクのチェックも
スーパーなどの前で警官がチームを作って
ビシビシと盗難照合や持ち主確認をしています。

当然、飲酒運転チェックも週末には要所要所でやっています。

どちら様も、12月中旬までは安全運転で頑張りましょう。


ANA

あれはいつだったでしょうね。
もう、日時が定かではありません。

全日空で東京から北海道へ向かった時です。
客が少なく座席は空いててラッキー模様です。
機内に入るとき出迎えの乗務員女性がちょっと驚いた顔で
 『いらっしゃいませ』と。

後方の3人掛けに一人で座りほっこりしていると、
さきほどの女性乗務員さんが向こうからやってきます。
明らかに当方を見つめながら満面の笑みでやってきます。

 『ん?』

当方の横に立って、

 『いつもご利用ありがとうございます。お仕事ですか?』

はて。
いつも利用しているわけではないけれども、
ここはとりあえず対応としては、

 『え、あぁ、まあ、そうです』

 『お疲れ様です。まことに申し訳ありませんが、
 ご迷惑でなければサインを頂戴してもよろしいでしょうか?』

 『!』

サ、サイン!
わしがサイン?
なんで?
乗務員はサイン色紙とマジックを手にしている。
じっと当方を見つめている。
綺麗だ。
ここまで脳内で約1秒。

 『あのう、私は人にサインをするような者ではありません・・・。
 おそらく、どなたかと人間違いされているかと思いますが?』

その瞬間。
はっ、とした表情になった乗務員。

 『あ!申し訳ありません。大変失礼いたしました』

顔が真っ赤になった乗務員は、
お辞儀をして何事もなかったかのような素振りを取り繕いながら、
恥ずかしさのあまり下を向いたままスタスタと立ち去りました。

北海道に到着するまで誰に間違われたのか気になりました。
誰に似ていたのだろう。有名人であることには違いない。
しかし今まで誰かに間違われたことなど一度もない。
どうひねくり回してもアイドルスターでないことは確かだ。
すると芸人か文化人。でも、一体誰だろう。
乗務員に改めて訊くのも何だか嬉しがり屋みたいだし、
とうとう誰に間違われたのか分からぬままでした。


そんなことも忘れてオランダに戻ってからのこと。
日本から一人のキックボクサーがやって来ました。
お互い初対面でしたが一杯呑めばすぐに打ち解けます。
数日してからその選手がおもむろに言いました。

 『しっかしブンタさんは、あれっすよね、ホント、似てますよね』

 『え?似てる?誰に?』

 『え?今まで誰にも言われたことないっすか?
 俺、空港でブンタさんに会った時ビックリしましたよ。
 なんで桂文珍さんがここにおるんやろ、って』

 『・・・・・・(そうだったのか)』 
14:56  |  こんな事あんな事
 | HOME |