Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2012.01.25 (Wed)

1月25日 けったいなご夫婦

いい言葉が出てました。

自分が楽をしようと思うと
他人がうらやましく見える。
自分が成長しようと思うと
他人が手本に見える。
強いチームは仲間がお互い手本となっている。


ということで本日のメニュー。


タマネギとツナ

コロッケ(もしくはチキンカツ)。エビフライ。
大根と人参と鶏肉の味噌煮込み。タマゴ焼き。
肉団子。餃子。オクラベーコン巻き。ウインナー。
生ハム下敷きしらおもて。キュウリ抜け付け。
ひじき。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


※しらおもて

聞き慣れない料理でしょ 
名前の由来はさっぱり分かりません。
ですが作り方は簡単です、
『薄切りタマネギとツナを合わせ、
紫蘇ソースかマヨネーズで和える』
これをしらおもてと呼びます。
誰がいつ考案したのかさっぱり分かりません。



おもろい夫婦

がいましたね。

日本人の夫とオランダ人の奥さんでした。
年齢は、そう、30代後半ぐらいでしょうか。
当方がフェーンで食堂を経営していた頃ですから、
もうかれこれ15年ほど前のできごとです。

このご夫婦は月に2回ほどの割合で来店しました。
お昼の混雑時を上手く外しての来店でした。

で、ご主人は決まって寿司を一人前注文します。
奥さんはあれこれ惣菜とご飯を注文します。
二人でしばらく雑誌や新聞などを見ながら食事をします。
いつも奥さんが先に全部食べてしまい、
ご主人はのんびり新聞を読みながら寿司をつまむという風でした。

で、その場面が始まるのです。

食べ終えた奥さんは暇そうにして、
ふいにご主人のお寿司に手を伸ばすのです。
その途端にご主人は敏感に反応するのです。
パッと奥さんの手を払って小声ながら烈火の如く怒り、
『食いたかったら自分で注文せい』と。
言われたの奥さんは目を丸くして、
『一つぐらいいいじゃないの。何よ。ふん』と、
ぷーっと顔がみるみる赤くなってふくれるのです。
そして1秒ほど互いに睨み合いプイと横を向きます。
それからしばらくすると二人は帰るのです。

ま、こんなことって起こり得ることです。
欲しかったら注文したらええやん、って
ご主人でも奥さんでも言ったりします。
まま、あることです。

ところがです。

この夫婦は違います。

このパターンが来る度に繰り返されるのです。
そっと手を伸ばす奥さん。
『なんで自分が欲しいモンを注文せんのや?』と怒るご主人。
日本人夫とオランダ人妻の些細ないさかい。
毎回繰り返される同じいさかい。

こうなるとまさに漫才です。

お二人が来る度に、
今日も始まるかなぁ、と期待します。
お二人は決して期待を裏切りませんでした。

今お二人はどうしているんでしょう?

 『けったいな夫婦やったわ』
15:52  |  こんな事あんな事
 | HOME |