Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2011.12.05 (Mon)

12月5日 傾向性

久しぶりの更新です。

先週火曜に日本人学校でモルさんに会いました。

 『今年の12月は雪が降るかなぁ』
 『去年の12月は酷い雪だったけど今年は降らないよ。
  雪が降るとしたら年明けだろうね。
  でも次の月曜は雪じゃなくてアラレが降るってさ』

つまり今日のことですが、ほんまにアラレが降りました。
モルさんは1週間前に今日の天気を知っていました。
単に予報を見ていたのでしょうが、当たりました



12月9日金曜:予約一杯


民族性

日本人は、
英語で話す時に相手の言っていることが分からない場合も、
『イエス、イエス』と応じてしまう傾向があります。
会話の基本相槌を『イエス』と言ってしまう傾向性があるのです。
だから当然そこには誤解が生まれたりすることが多いです。

 『え!あなたさっき『イエス』って言ってたわよね』
 『あ~ん、イエス、バット、ちょっと分からなかったの』
 『え!分からなかったのにイエスだったわけ?』
 『イエス、バット、シドロモドロあれこれなの』
 『はあ???』(理解不能) 


どっこい、中国人。
分からない時は全て『ノー』と返答します。
ノーと返答された相手は分かりやすく説明しようと努力します。
もしくはどうでもいいような話ならそこで打ち切りとなります。
つまり『ノー』と言っておけばお互いトラブルにはならないんです。

 『ペラペラペラのペラペラなんですけど』
 『ノー!』
 『え!ペラペラのペララですよ』
 『ノー!』
 『・・・OK(両手上げポーズ)じゃあまた』
 『ノー!』
 『はあ?』
 (ペラペラと怪しい奴だ、ったく)
16:00  |  こんな事あんな事
 | HOME |