Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2011.09.19 (Mon)

9月19日 秋のトウモロコシ

さ、いよいよキリバンです。

栄光の 77777 !

今回は特別サービスで、
踏んだ方にはキリバン弁当 2つ さしあげます。

頑張って踏んでキリバン弁当ゲットしてください。


ということで本日のメニュー。


季節のトウモロコシ

チーズ下敷き豚肉とパプリカとキャベツの炒め物。
ニラ饅頭。ササミカツ。豚肉ロールの煮込み。
ウインナー。プチトマト。季節のトウモロコシ。
ひじき。ハム下敷きポテトサラダとリンゴ。
キュウリ糠漬け。蕎麦屋風だしまきタマゴ。
ごはんと静岡産桜塩のふりかけ。



『トウモロコシの茹で方』
北海道バージョン

秋のトウモロコシが出回っています。
ディルクマーケットも特売しています。
さっそく季節のトウモロコシを茹でましょう。

茹でる時は皮とヒゲはつけたまま茹でます。
・皮は甘味を閉じ込めるからです。
・ヒゲは茹で上がり色を黄色にします。

茹でる時に塩を入れてはいけません。
・塩を入れると浸透圧でトウモロコシの
 水分が抜けてしまい味が落ちます。
ですから水のままで茹でます。

水から茹でてもお湯から茹でても大丈夫です。
・水から茹でると瑞々しく仕上がります。
・湯から茹でるとキリッと仕上がります。
できた歯ごたえが違うわけで人の好き好きです。

トウモロコシを入れて、
再び沸騰したら『8分』茹で続けます。

火を止めてから多めの塩を入れます。
・水1リットルなら大サジ2の塩加減。
・トウモロコシに塩水を絡ませる感じで『4分』放置。

湯から引き上げてザルに置いて冷まします。
皮をむきヒゲをむしり取っておいしく食べます。

保存するなら温かいうちに皮とヒゲを取り去り、
ラップにピッチリと包んで冷蔵庫へ。
1週間ぐらいは軽く保存できます。
でもさっさと食べるのが一番よろしい。


地産地消です。
地産の季節ものを食べるのが生活の基本です。
その国やその風土で暮らす無理のない食生活です。
季節ものはたくさん取れて値段も高くないです。
その風土の食材だからそこでの健康に良いのです。

滅多に手に入らない物はたまに食べるのが良いのです。
珍しい物をいつも求めたり食べたりすることは、
かなり偏った生活をすることになります。
偏った食生活は偏った人生になってしまいます。
14:54  |  レシピ紹介
 | HOME |