Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2011.09.12 (Mon)

9月12日 最後まで聞け

ゴルフをしたことがありません。

今後もすることはないだろうと思います。


でも、ゴルフのこんな話は聞きました。



青年が一人でコースを回ろうとしたとき、
一緒に回ってもいいですか?と初老の男性が。
自分とリズムが合うかなと不安に思ったものの、
青年は一応は笑顔で承諾して一緒にスタート。

ところがこの年配男性は中々の身動きで、
かなり年季の入ったベテランゴルファーらしい。
テンポもリズムもよく、歩くスピードもいい。
一緒にやっていて楽しい。
両名はほとんど同じスコアで最終ホールへ。
ここには厄介な8mほどの立ち木があった。

最初に初老の男性が上手く立ち木横につけた。
あとはグリーンにのせるだけだ。
次に打った青年のボールは何とバンカーへ。
問題の立ち木がまさに目の前だった。

スコアはワンポイント青年がリードしていたが、
ここは横に打ち出して二打目でグリーンにのせる
安全策が妥当だな、と青年は考えた。
年寄りとスコアが並ぶけど仕方ない。
そう決めかけた時に年配がボソッと呟いた。

 『わしが若い頃はこの木を飛び超えたものだった…』
 『!』

その言葉にかなり刺激を受けた青年。
真正面からの立ち木超えに方針を変更。
そして狙いを定めボールを打ち上げた。
スコーンと音を立てボールは木に跳ね返って
再びバンカーにコロコロと戻って来てしまった。
無念。スコアで年配に負けてしまった。
かなり落ち込む青年に年配は再び呟いた。


 『ま、わしが若い頃この木はまだ1mだったがね』
 『!!』 



 『年寄りの話は最後まで聞くことじゃ』
16:59  |  小話
 | HOME |