Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2011.02.04 (Fri)

2月4日 猪木さんとオークラ

風邪って、

人によって始まりが違う。

 「私はいつも頭痛が始まりですね。
  そして咳に続きますわ」
 「わしはいつもクシャミからじゃ。
  で、鼻水鼻づまり。頭痛は滅多にない。
  典型的な鼻風邪パターンじゃ」

今日の配達先の女性。
 「あら、ブンタさん風邪ひきかけですか?
  今ちょっと流行ってますよね。
  私の風邪っていつも熱からなんです。
  今日ちょっと熱っぽいんです」


お互い大事にしましょう。


 「海外滞在で最重要の大切な条件は
  経済的余裕とか金銭面じゃないな。
  何はともあれ一番は『健康』じゃな」


ということで本日の、健康第一メニュー。


2月4日

コロッケ。エビカニ春巻き。ダシマキ卵。
ウインナー。アスパラ塩焼き。ササミの焼き鳥。
ナスとマッシュルームとブロッコリーの中華風。
ハム下敷きマグロの角煮とエビ。ひじき。餃子。
キュウリ糠漬け。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。



ホテルオークラ

では、以前こんなこともあった。

1997年9月にアントニオ猪木さんがオークラに宿泊。
柔道を辞めてプロレスラーになったばかりの小川直也や
タイガーマスクらが随行していた。
猪木さんあたりが動くと当時はマスコミも
一緒にくっついてくるのが普通で
東京スポーツ、週刊ゴング、週刊プロレス、
週刊ファイトの4社がくっついて来ていた。

滞在中はずっとご一行をご案内した。
当時はブンタとして食堂を経営していたので
そこへも御一行に食事に来て貰った。

アムスでの予定を終えて、
オークラをチェックアウトし、
全員でユトレヒトの柔道大会視察に出発。
猪木車両がA2のガソリンスタンドで停車。
でもガソリンを入れる様子無し。
何かあったのかと駆けつけると、

 「ブンタさん。ホテルの部屋に
  お金を忘れちゃったよ」
 「ホテルに連絡取りましょう。
  ちなみに幾らほどですか?」
 「400万」

 「よよ、四百万!!」 

すぐにオークラへ電話。
今はもう日本に帰国しましたが、
当時ホテルのカウンターに勤務していた
格闘技ファンの尾長君がちょうど電話口に。
用件を聞いた尾長君は急激に使命感に燃えたようで、

 「分かりました。念のため
  警備を一人連れてすぐにチェックに向かいます。
  ブンタさん5分後にもう一度電話ください」
 「ラジャー」


この5分の間。
猪木さんとタイガーマスクは、
A2高速を眺めながら何かじゃれあっています。
ブルースリーの真似をしているようです。
あの猪木さんとタイガーマスクがじゃれています。
二人に巻き込まれるのを畏れるかのように
小川直也がかなり離れた場所から様子を見ています。
マスコミ陣は遠巻きにして写真を撮っています。


 「ブンタさん。無事確認しました。
  こちらで保管しておきますのでご安心ください」

 「猪木さん。大丈夫でした。
  ホテル側で保管してあります」

 「ん?あ、そう。ありがとう。
 じゃ、ブンタさん、それ、ピックアップよろしく。
 俺ってさ、あちこちでお金忘れるんだよなぁ・・・」

って、
400万をホテルの金庫に忘れる人って
めったにいないと思いますけど 

ってか、
オランダに3日だけ滞在するのに、
現金で400万持ち歩く人って珍しいですけど。

 「驚くやら面白いやらの出来事でしたね」
 「ま、猪木さんレベルの人を
  常人の尺度で測ってはいかんわな」
17:03  |  こんな事あんな事
 | HOME |