Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2011.01.06 (Thu)

1月6日 旅館の和菓子

小雨。

しばらくは雪もなさそうです。

ふと気づいたのですが、
食事時にご飯をしっかり食べている人で  
肥満になっている人って、
実は、いないのではないかと思います。


ということで、本日のメニュー。

IMG_2025.jpg

ジャガイモ・白菜・ブロッコリーのクリーム煮。
塩ジャケ。エビフライ。タマゴ焼き。ウインナー。
豚肉ロール煮込み。ズッキーニベーコン。プチトマト。
静岡焼津のピリ辛マグロ佃煮。ハム下敷きパスタサラダ。
きゅうり糠漬け。ごはんとヒジ胡麻ふりかけ。



旅館

には和菓子がテーブルに置いてあります。
あれには深い理由があることが分かりました。

最近読んでる本がありまして秀逸です。
食に関することが素朴に書いてあります。
ご飯を食べるということがどれほど
大切なことなのかが書かれています。
ご飯食から離れる生活をいつのまにか
上手にコントロールさせられてきた日本が
どれほどおかしな食生活になってしまったか。
昭和40年代以後に急激に増えた肥満と
アトピーはいったい何が原因なのか。
そういうことの素朴な理由が
一目瞭然に書かれています。
ご飯をしっかり食べなさいという本です。
徒然に内容を紹介して行こうと思います。


で、旅館の和菓子です。
お客をもてなすように置いてあります 
しかし、実は違ったのです。

疲れと空腹で旅館に泊まった旅人の中には
やたらご飯を食べる者も多かったそうです。
旅館としては大飯食らいは困るわけです。
だって昔はお米がとても貴重品でしたから。

そこで知恵のある者が考えたのです。
甘い和菓子でもてなす形を作り上げました。
最初に砂糖の入った甘味物を食べると、
急激に食欲が失せご飯がすすまないのです。
そのための和菓子なのだということです。
その名残が今も旅館には続いているのです。

砂糖の食欲減退効果は凄いのです。
今では砂糖より安くてもっと甘い
ブドウ糖類の化学製品が使われています。
お菓子やジュースにたくさん入っています。
食欲を落とすパワーは砂糖以上で悪質です。

そんなものを日々食べ続けていると、
ご飯がしっかり食べられなくなるので、
健康を保てる道理がないということです。
13:30  |  食の話
 | HOME |