Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2010.10.01 (Fri)

10月1日のメニュー

気持ちのいい秋の晴天。


では、ここでお一つ。


恋と掛けて・・・

月と解く

その心は

満ちれば欠ける 




ということで本日の、謎掛けではないメニュー。


IMG_1490.jpg

挽き肉とキャベツ・ブロッコリー・カリフラワーの甘辛炒め。ニコちゃんポテト。
チキンカツ。味噌カツ。タマゴ焼き。ウインナー。しゅうまい。鮭皮の塩焼き。
ひじき。お豆さん。たくあん。ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。



謎掛け

江戸時代の船旅での模様。
退屈しのぎに謎掛け遊びをする旅人たち。

『イロハの「イの字」とかけて』
『「茶の湯の釜」と解く』
『ほうほう、心は?』
『「炉(ロ)の上」にある』


『面白おすな。ほなら「ロの字」とかけて』
『「ウワクチビル」と解く』
『その心は?』
『「歯の上」にある』


『ほほう、それでは「ハの字」とかけて』
『「船頭さんの弁当」と解く』
『心は?』
『「荷の上」にある』


『なるほど。じゃあ「ニの字」とかけて』
『「舟でする月見」と解く』
『ハテ、心は?』
『「帆の上」にある』
『ああ、風流ですなァ』


聞いていた江戸っ子も黙っていられない。
「ヨーシ。今度は俺がやったる」
「よしなよ、お前ぇには出来ねぇよ」
「何だとこの野郎、黙って見てろい」

『おいらが「ホの字」を貰おうじゃねえか』
『こりゃまた威勢のええ人が出て来ましたな。どうぞ』
『ホの字と掛けて「フンドシの結び玉」と解く』
『ふ、ふんどしの結び玉?ほう。で、その心は?』
『「屁の上」にある』……。


出展:落語【三十石】での小噺です。
日本には味わい深い風情がありますよね。
13:14  |  お弁当メニュー紹介
 | HOME |