Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2010.09.29 (Wed)

9月29日のメニュー

実に清々しい秋日和。

焼き魚と熱燗が恋しくなる季節ですね。

徐々に木々紅葉の錦秋を迎へ、
晩秋を経て冬へ向かいます。

って、気が付けばもう年末。
あっという間に年を取るもんです。


ということで本日のメニュー。


IMG_1483.jpg

トマトとタマゴの炒め物。コロッケ。鶏腿肉の照り焼き。タマゴ焼き。
ウインナー。ズッキーニベーコン。野菜ナゲットバター焼き。
インゲンの炒め物。サラミ下敷き炒めキャベツとモッツァレラチーズ。
ナスの糠漬け。ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。



トマトとタマゴの炒め物

お弁当で初のおかずです。
もともとは中国の普通の母親料理です。
日本では中華屋さんの一品メニューです。

トマトとタマゴなんて合うんかなあ?
イメージが湧きにくい感じもしますが、
これが意外と、というより合うのです。
かなりおいしいものです。
出会い系の食材です。



調理も簡単、以下二人前です


<用意する材料>
トマト1。タマゴ2。にんにく1かけ微塵切り。
塩・胡椒・牛乳。ごま油と炒め油。


1.トマトのヘタ部分にフォークを刺して
ガス火でトマト全体を炙ります。
皮がパチパチはじけるまで炙ったら
冷水につけて皮を剥きます。

※皮は焦げても大丈夫。だって剥いちゃうし。


2.トマトを8等分のくし型カットにし
種部分を取り除きます。さらに横半分にカット。
砂糖と塩をパラパラッと振りかけておきます。

※塩・砂糖をふりかけるのは味付けのためです。
最後にタマゴと混ぜ合わせてもトマトに味がつかないので、
この段階でトマトに味付けをしておくわけです。



3.タマゴ2個をほぐして牛乳大さじ1、
塩・砂糖それぞれ3つまみを混ぜます。

※ひとつまみとは指三本でつまむ量。


4.フライパンに胡麻油適量とニンニク微塵切りを同時投入。
ニンニクの香りが出たら2のトマト投入。
火が軽く通った段階でザルにあげて不要な水分を切ります。

※ごま油とニンニクは同時に入れます。
熱した油に入れるとニンニクは焦げてしまいます。
※にんにくの皮はヘタ部分だけ切り落として
レンジで15秒熱を入れるとスルッと皮が剥けます。



5.フライパンに多めの炒め油を入れて熱します。
煙が出てきたら3のタマゴを入れてザックリ混ぜます。
フワフワ状態になったら火を止め4のトマト投入し
ザックリと混ぜて終了です。ここは数秒勝負です。

※タマゴはザックリと3回混ぜれば
フワフワ状態になります。時間でものの5~8秒ほどです。
それ以上炒めるとそぼろになるのでいけません。


刻みネギなんぞを散らして食べましょう。
ビールや酒の肴にバッチリです。
14:29  |  お弁当メニュー紹介
 | HOME |