Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2010.08.18 (Wed)

8月18日のメニュー

疲れが出てる感じ。

バルセロナを歩き倒して、
その疲れが微妙に出てる模様。

午後になると眠い。

ということで本日の、疲れないメニュー。

IMG_1174.jpg

白菜と厚揚げの炊いたん。ポーク一口カツ。チキン塩胡椒焼き。
タマゴ焼き。ウインナー。ミニコーンベーコン巻き。イカリング。
ハム下敷きトマトとモッツァレラのバジルソース。餃子。
インゲンの炒め物。キュウリ糠漬け。ごはんとヒジ胡麻ふりかけ。



バルセロナのペルファボーレ男

サグラダファミリアを観てからメトロで市内中心部へ移動。

IMG_1026.jpg カタロニア広場

多くの人が往来する広場でブラブラ歩きをしていると
サングラスをかけた若者が
「ペルファボーレ」と声をかけてきた。←こんな感じだった

日本人に声をかける奴なんぞろくでも無い者に決まっている。
用事があるなら同じスペイン人に尋ねれば済むこと。
にもかかわらず敢えて東洋人に声をかけてくるのは下心の故。

何じゃこいつは?と一瞥して知らん顔して歩いていると
「ペルファボーレ、ペルファボーレ」と右後ろからついて来る。
そのうち諦めるだろうと無視して歩いても
「ペルファボーレ、ペルファボーレ」と繰り返しついて来る。

しつこい。
わたしゃ急速に怒りモードが沸きましたね。
誰に向かって声をかけとんのか?

「うるさいんじゃ、お前は!
何がペルファボーレじゃ!
あっち行かんかい、ごぅらぁあ!」


日本語で怒鳴ってやりました。

相手は瞬間的に固まってました。瞬間冷凍状態。
固まってぎこちない歩き方で去って行きました。

日本人を舐めんじゃねえぞ、ったく。

こういう手合いには遠慮なく日本語でどやしつけてやりましょう。
怒りは何語であっても相手にすぐ伝わるものです。
14:18  |  お弁当メニュー紹介
 | HOME |