Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2017.08.10 (Thu)

ゲントの美術館

ゲント美術館

ゲントに行くのなら私的には、
是非行くべし美術館だと推奨します。

私は滞在先ホテルから徒歩で行きました。
街中のホテルからテクテクテクテク、
途中で休憩して、
再びテクテクテクテク。。

でも、せいぜい徒歩30分ほどです(^^v。

が、

この美術館。
コレクションのクオリティ、
かなりビックリするほど高いです。
と、個人的には思った次第です。

 S-54 kopie ←クリックで拡大

こんなのがあるんです。
『最後の審判』
凄いじゃないですか。
ミケランジェロの作品が超有名ですが、
他にも色々な画家が描いてるのが最後の審判です。
その一つがここにあったわけで、かなり感動しました。

呆然と観賞している私です。

 IMG_0193.jpg

そして、
そぞろ歩きで観賞していると、
唐突に目に飛び込んできたのがこれです。

2000-D kopie   2000-E kopie_0 IMG_0195.jpg


これは児島虎二郎という画家の作品です。
何だか聞いた名前だなと思って調べてみると
『何でも鑑定団』に本物が出たときは500万という方でした。

この人の作品。

ほとんど無いんですって。

だから世の中に出てこないんですって。

つまり、流通してないんですって。

ほとんどが大原美術館に所蔵されているので、
この人の作品を所持する人は、ほぼいないということです。
なので、もし本物が出たときは始まりが500万ですって。

その実物がゲント美術館に3点あったんです。
普通に壁に飾られてるんです。
日本人以外、たぶん誰も気に留めないと思います。

3点並んで飾られているのです。

一作品最低500万スタートですから3点で1500万です。

それが普通に壁にかかってるんです。
触ろうと思えば何だか勝手に触れる状態です。
周囲に警備の人もいないですし。。。。


凄いでしょ。


ゲントに行ったなら観るべきです。

お奨めだと思います。
19:47  |  こんな事あんな事
 | HOME |