Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2016.06.13 (Mon)

はやりの糖質制限

今ちょっと流行の糖質制限ダイエットです。

要するに炭水化物を抜くという技法です。
体重はカロリーで増えるわけですが、
中でも糖質を制限することで血糖値も下げて
大変よい体内環境を作り出して脂肪を燃焼させて
ウエイトを減らすという方式です。
炭水化物の究極形が砂糖です。
もちろん砂糖も極力抜くように工夫するわけです。

ご飯や麺類好きの方には厳しい技法ですよね 


でもです。

血糖値が高いようでこのままでは糖尿になりそうだ。
血圧が高くて少し酒や塩分を控え目にし野菜中心にしたい。
何だか手や足に妙なしびれが出たりして不安だ。
顔がむくんでパンパンな感じがしてちょっと怖い。
末梢神経に痛みが出て指先とかが痛い。
ベッピンさんを見てどきどきしたら単なる不整脈・動悸だった。

そんなこんなの異常が50歳も過ぎると登場するわけです 

糖質制限食を続けるとこれら体の異常を徐々に治してくれる感じがします。

年末里帰りでオランダに戻ったとき、

 『わしの体重は 91kg じゃった』 

2月あたりから何気に晩酌からの夕食を自然と減らし、
気が付けば徐々に体重が減って 88kg~87kg 台となり、
これは多分に体から不要な水分が抜けたものでしょうが、
3月下旬に糖質制限という食事法を知って実践し始めてから、
体重はあれよあれよと 84kg 台に落ちて大喜びし  
血液は糖質制限で良好になるも血管の汚れそのものを掃除する目的で
オメガ3 のサプリを摂り始めると循環器が実に良好となり、
良好となったことは自分で自覚できるほどコンディションが良く、
不整脈や動悸がまったく出なくなり、
4月下旬には体重が 83kg 台をうろうろするようになり、
5月に入ると 82kg 台に突入し、ここでかなり足踏みして、
82kg台が3週間続いてから 81kg 台が計量器に見え始め、
ちょうどラマダン期なのでそれに合わせて我流ラマダン『断酒』を開始し、
6月に入って第二週末に 80.5kg という数値が登場しました。
半年で10kg体重を減らしたわけです。
ここにいたるまで散歩を含めて運動はまったくゼロです。

 『10kgといえば、米一袋分だから凄いもんじゃ』 

まったく無理せずやっている糖質制限なので、
食べたい時には無理せず軽めのご飯も食べてます。
むしろその方が自分の脳をだます意味でも案外重要なのです。

目標は75kgなのであと5kgほどです。

 『たぶん、達成できるであろうと思う』 

最近はズボンがだぶだぶしてきてます。

ということで、

糖質制限弁当 です。

基本的に ご飯を抜く という弁当です。
タンパク質と野菜と果物中心の弁当になります。
糖質を抜くだけでカロリーはしっかりあります。
ベジタリアンになるわけではありません。
だって肉・魚・卵は糖質ゼロの最高食材だからです。
がんじがらめの糖質制限だとしんどいので軽めの糖質制限弁当にします。

ご希望の方にはお作りしますのでどうぞお申し付けください 
21:21  |  こんな事あんな事
 | HOME |