Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2015.05.03 (Sun)

少子化問題

車の前輪からブレーキ音が鳴り始めました。
ブレーキパッド(レメブロック=オランダ語)が磨り減ってきたのでしょう。
前回交換したのが恐らく2年半前だったのでそろそろかと思ってました。
さっそく土曜の朝にKWIK-FITでチェックしてもらいやはり交換となりました。
何も言わないのに5%値引きしてくれて料金は122ユーロでした。

エンジンのかかりが悪いことが時々あります。
何となく原因はバッテリーとは違うような感じで、
ネットで調べると症状がセルモーター(スタートモーター=オランダ語)に
不具合があるように思いました。
これもKWIK-FITでチェックしてもらうと、
何やら装置をバッテリーにつないで電圧などを計測し、
エンジンをスタートさせたりライトを点けたりしてます。


 『特に何も問題は無いね。バッテリーもOKだし、
 計測ではスタートモーターにも特に不具合は無いよ』
 『あ、そう。大丈夫かな?』
 『もっと状態が悪くなったなら時にまた来たらいいさ』
 『ふうん、、、ラジャー』

ということで現状では大丈夫ということでした。
でも状況が悪くなった時に来たらいいさって言われても、
エンジンがかからなくなったら動かせないし行けないじゃん、
なーんて思いながらもどこか何となく安心している自分。

ということで、そんなこんなで日々の安心メニュー。

IMG_5895.jpg

トンカツ。ゆで卵。ハム下敷きポテトサラダ。
鶏肉二種(唐揚げとから揚げ南蛮)。
セロリのニョクマム漬け。スモーク鰊。
煮物(大根・コンニャク・薩摩揚げ・人参・ブロッコリー)。


少子化

という問題が日本にはあります。
学者、評論家、政府が種々対策を考えています。
問題の本質は何なのか意見も多種多様です。
世代がどうの、国のバックアップがどうの、
仕事や会社がどうの、地域がどうの、ああだこうだと。。。

でも、
庶民は妙チクリンな屁理屈などこねません。
実直にそしてストレートに問題の本質をサラリと述べます。
まさに素朴で非の打ち所の無い意見を述べるその姿、
これこそが庶民の真骨頂なのです。



10959676_326963187497975_7402274884548224653_n.jpg

 『反論の隙が無いの』
12:00  |  こんな事あんな事
 | HOME |