Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2015.03.22 (Sun)

嫁そして義実家

女が嫁ぐ。

女ひとり、他家の暮らしへ入って行く。
想像するだに凄いことです。
男には中々できない所業です。

嫁の立場からすれば、
眼前にあるのはご主人の実家。
あるべきことが当然のあるわけで、
起こりうるべき事が当然起こるわけです。

そこには、
他人の予想するがままの、
いやいや、その予想を軽く超える、
様々なストーーリーというものがあります。


なので、


こんな復讐話もあるのです。
ある嫁が儀実家にやったことです。


『義実家不在のすきを狙って忍び込み、
(田舎なので鍵をかける習慣はない)
冷蔵庫の中に勝手にオードブルセットを詰め込んでやった。
あれだけ食べ物があれば昼夜食べなければ間に合うまい。
義実家の夕飯の選択権を奪ってやったぜ、ざまあ!
料理自慢の姑もさすがに丸一日は厨房に立てまい、ふふ。
世の中に腕の立つ料理人が姑以外に一杯いるんだぜ。
たまには一流料亭の味を食べて研究をしやがれってんだ!

さらに、冷やしてあった発泡酒を没収し、代わりに、
こんなに誰が飲むんだあ、というほどの生ビールを置いてきたった。
そして、姑が飲んでるディスカウントスーパー販売の安パック酒を、
ネットで取り寄せた超大吟醸と交換して置いてやったわ。
たまには旨い酒でも飲んで腰を抜かしてしまえばええんじゃ!
年寄りが合成酒なんか飲んで万が一糖尿にでもなられたら、
わたしは面倒見る気ないDQN嫁だからね。
せいぜいいい酒飲んで自分の世話は最後まで自分でする
ずっと健康体でいてもらわな困るからな。

ついでに家の中を掃除し姑の今日の仕事を取り上げたったわ。
ほこり一つなくなった部屋で居心地の悪そうな姑の顔が目に浮かぶわ。

そして仕上げは玄関に嫌がらせのカーネーションを大量投下。
母の日やしな。義母よ、明日から花の水替えに苦労せい!

そうそう、テーブルには嫌がらせで、
ウエッジウッドのペアカップを置いといてやったで。
『こんなカップ欲しいよね。でも私みたいな年寄りには贅沢だね』
って姑がこぼしてたしな。嫁の地獄耳を恐れおののけばええ。
たまには百均以外の器で紅茶でも飲んでみろってんだ、ふふ!

近くの我が家に突撃することもなく、
適度な距離を保って付き合っているお礼参りじゃ!
せいぜいぴんぴん長生きしろってんだ。
老衰でコロッと死ぬまで夫婦二人で仲良く暮らせってんだ』







10422302_422869904539028_6356070146869743136_n.jpg
    勉強になりました。
23:55  |  こんな事あんな事
 | HOME |