Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2015.02.07 (Sat)

なんと!

そういえば先週の金曜夜に突然雪が降りました。
湿った雪が1時間ほど集中して降ったので、
高速は時速50kmの超ノロノロ運行になりました。
しかし、その高速上でそれを見たのです 

前方路側帯部分に一台の車がハザードを点滅させて駐車しています。
この雪の中でエンストしたんならかなり厳しいだろうなあ、
そんな風に思いながら徐々にその車まで近づくと、
何と!
なんと!

女性が前輪タイヤに自転車の空気入れで空気を入れてました。
初めて目にする光景でした。
あれで、空気入るんですかね?
さすが、、女性です。。

そういえばアムステルダムとデン・ハーグの中間地点あたりで、
まだ高速の拡幅工事が行われていたころなので10年ほど前ですが、
小型トラックが路側帯部分に停まりエンジン部分からもうもうと煙が出て、
呆然としながらそれを見つめるモロッコ人が立っていました。
笑っちゃいけませんが余りに呆然としたその顔に笑ってしまいました。
でも、それが自分の車だったらどうするだろう?と想像すると、
やはりちょっと怖くなりましたが、でもすぐにモロッコ人の顔が浮かび、
やっぱり笑ってしまいました。



ということで2月の節分メニューです。


IMG_5780.jpg

タマゴ焼き。餃子。ウインナー。煮込みハンバーグ。
切干大根。お豆さん。キュウリ糠漬け。オリーブ。
生ハム下敷き鰯の南蛮漬けと紅白なます。
ごはんとノリタマ。エビフライ。


節分

節分は季節を分けるということで一年に4回あります。

2月3日の節分が一番有名で立春とも言います。
この日を境にして徐々に春になるわけです。
邪気退散ということで豆を撒いたり鰯料理を食べたりします。

次が立夏で子供の日がその日にあたります。
カエルが鳴き始めるころです。
子供の日に合わせて柏餅を食べます。

立秋は8月7日です。
この日が暑さの頂点で、翌日から徐々に秋めいて来ます。
なので、暑中見舞いはこの日の前までに出します。
この日以後は残暑見舞いとなります。

「暦の上では立秋ですが、まだまだ暑い日本です」
などとTVで使われ、同時に99%の確率で、
「どこが秋だよ」
と視聴者が突っ込みを入れるのもお決まりです。
しかし立秋のこの使われ方は間違いです。
「暦の上では立秋の今日が一年で最も暑い日です。
明日からは徐々に秋へ向かいます」

と使うのが立秋の正しい使い方です。

立冬は11月7日です。
いよいよ冬に向かうわけです。

以上の4つが節分です。
合い間合い間に春分と秋分そして夏至と冬至があります。
それら各時季ごとに行事食があると思いますので、
その都度チェックしながらお弁当に入れようと思います。
16:18  |  こんな事あんな事
 | HOME |