Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.12.21 (Sun)

ローストビーフ試作

日曜日です。

普通通りに起きた今朝のご飯は、


ご飯大盛り。
白菜とくるみの味噌汁に七味唐辛子。
目玉焼き。セロリのニョクマム漬け。
鶏肉じっくり焼きのポンズ漬け。


こんな感じで美味しかったです。


昨日は初めてローストビーフに挑戦しました。
季節がらスーパーにはローストビーフ用の肉の塊が売っています。
だいたいキロで14ユーロぐらいでスーパーに並んでいます。


IMG_5606.jpg

左はアルバートハインで現在売っているパックで、
500gで7ユーロしました。牛の腿肉だろうと思います。
右はスーパーの後で訪れたアラブの個人店での肩ロースで、
500gで3ユーロでした 
やはり肉はアラブの店で買うのがいいですね。
値段も安いしハラルでクオリティもいいし。。

右の肩ロースを使ってローストビーフ開始。
オーブンを使わずフライパンで作ります。
どなたでも失敗せずにできると思います。


<手順>

肉は常温に戻すため1時間ほど出して放置します。
ついでに塩胡椒を全表面に塗りたくっておきます。
肉を常温に戻すことはローストビーフの根幹の重要ポイントで、
これにより中まで無理なく熱が通りやすくなるからです。



フライパンバージョン

①フライパンにサラダ油かオリーブオイルを大さじ1入れ
バターも大さじ1加えて音が消えるまでしっかり溶かします。
②肉の全表面を強火でまんべんなくこんがり焼き上げます。
500gの肉だと5分ぐらいかかると思います。
③肉をアルミホイルに二重にしっかり包みます。
それをタオルで包んでしっかりと保温し冷めるまで放置。
1時間以上放置しておくことです。



フライパン&炊飯器バージョン

①と②までは同じ。
③肉をジップロックに入れポンズで浸します。
中の空気を抜いてジップロックを閉じます。
④それを炊飯器に入れて80度ぐらいのお湯を
肉の8分目の高さまで加えて炊飯器の保温機能をオン。
炊飯ではなく保温機能を使います。そのまま30分放置。
炊飯器の保温機能は70~80度を維持しているので料理にはかなり重宝なのです。
⑤ジップロックから肉を取り出しアルミホイルで包み冷まします。

IMG_5611.jpg

これはフライパンだけのバージョンのもので
使ったフライパンで玉葱を炒め市販の粉末ソースを使いました。

IMG_5612.jpg

これは焼いてから炊飯器を使ったバージョンで、
ポンズ味が沁みているのでホースラディッシュのみです。

 『たぶん誰でも失敗せずにできると思う。
フライパン&炊飯器バージョンがお勧めです』 


24日のクリスマスイヴ弁当にローストビーフを入れようと思い、
その試作として初めてローストビーフに挑戦したわけです。
弁当のオカズなので500g肉塊を半分に切って作りました。
予想以上の出来となり、これならクリスマスイヴ弁当も楽しそうです。
クリスマスイヴ弁当は他に七面鳥料理も入れる予定です。
12:08  |  レシピ紹介
 | HOME |