Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.10.12 (Sun)

スズキの刺身とジンギスカンの仕込み

スズキ

をいつもの魚屋で一匹買いました 
白身魚の刺身が食べたかったからです。

いつもは魚の処理は全部自分でするのですが、
今回はウロコ・内臓・ヒレを店で掃除してもらい頭も落として貰いました。
つまり自分が自宅でやることは三枚におろすだけです 

 『やっぱり楽じゃわ』

帰宅して三枚におろし、
尾の方から半分まで皮を引いて刺身用に。
残りの半分は軽く塩をして焼き魚にしました。


  101014.jpg←クリックで拡大

スズキの刺身。
ブロッコリー。セロリのナンプラー漬け。
タマゴ焼きと鶏肉唐揚げと鶏肉照り焼き。

小ぶりのスズキは5ユーロ弱です。
今回はちょっと大きめで6.5ユーロでした。
刺身はコリコリしてて素晴らしい味でした。
最初にビールそして日本酒へ移行しました。
〆はスズキの焼いたのとご飯と味噌汁でした。


さて羊肉です 

モロッコスーパーでラムの腿肉を1kg購入。
自宅で薄くスライスして焼き肉のタレに漬けました。
そう、ジンギスカンの下ごしらえです。

そういえば先週の日曜はイスラムの人々はスカープフェスでした。
ラマダンとの二大行事の一つで日本では犠牲祭と言われます。
羊を処理して一族郎党みんなで羊を食する重要日でした。

が、羊肉と言えば日本人はやはりジンギスカンです。

で、ジンギスカンと言えば北海道が本場です。

その北海道ではジンギスカン流派が二つあります。

つまり、
1.焼いてからタレを付けて食べるスタイル。
2.タレに漬け込んだ肉を焼いて食べるスタイル。


このスタイルの違いは地域の違いです。
北海道中央部にある滝川という町が分岐点です。
滝川より北方が漬け込みスタイルで南方が焼き肉スタイルです。
滝川には有名な松尾ジンギスカンの本店があります。
松尾ジンギスカンが漬け込みジンギスカンを完成させた店です。
で、この町から北がどういうわけか松尾スタイルに染まったのです。

ですから札幌や函館などの北海道南部では、
焼いてからタレに付けて食べるスタイルが主流です。
当方が生誕した宗谷本線上の北部の田舎や旭川や稚内などは
ジンギスカンと言えば漬け込みスタイルが正当本流です。


牛肉でも豚肉でも羊肉でも、
タレに漬け込んでおくと柔らかくなるものです。

韓国ショップのシイラでは色々な焼き肉タレがあります。
東方行という大型中華スーパーでは1.6リットル入りの
焼き肉タレが8ユーロぐらいで売っており実に重宝します。

これら市販品に独自にリンゴや玉葱のすりおろしや、
韓国コチジャン味噌や胡麻油を加えるグッと引き立ちます
特にコチジャン味噌は肉類の漬け込みには必須です


 『今日の晩酌はさっそくジンギスカンじゃ!』 

肉をタレに漬け込んでおくと冷蔵庫で一週間は楽に日持ちします。
17:05  |  こんな事あんな事
 | HOME |