Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.01.29 (Wed)

車のウォッシャー液

気温が下がってきましたね。

ここ2年の記録を見ますと、
2月にドカンと雪が降っています。

そりゃ気温が下がれば、
雨が雪に変わるのは当然で、
山下達郎のクリスマス曲の歌詞の通り♪、
雨は夜更け過ぎに雪へと変わるわけです。

気温が下がると車のフロントガラスを洗う
ウォッシャーの水が凍ってしまいますね。
夏場ならウォッシャーの補給は水や石鹸水で大丈夫ですが、
単なる水だと冬の氷点下では凍ってしまい不具合が発生します。

ですからこれから急に寒くなる2月を迎える予防として
凍らない 『ウォッシャー液』 を補充しましょう。


ということで、ウォッシャー液無縁の最近のメニュー。

shiokara.jpg

タマゴ焼き。ウインナー。肉団子。餃子。
鶏肉の照り焼き。ハム下敷きポテトサラダ。
サラミ下敷き芽キャベツの素揚げと塩辛。
ひじき。キュウリ糠漬け。フェタチーズ。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


ウォッシャー液

車に関するこういう類のものは、
PLAXISやGAMMAや車部品店やガソリンスタンドにあります。

でも11月中旬頃からはDirkやAHやLIDLなどのスーパーでも
季節物製品として販売されます。

windshield-washer-fluid-28171084.jpg

こんな感じの容器に入った青色液体を見た方も多いと思います。
これが車の『ウォッシャー液』で5ℓ3ユーロぐらいで売られています。
-25度とか-35度とかラベルに表示されており氷点下でも凍らないのです。
北海道では-50度というのも販売されており、まさに不凍液なのです。
凍らないフロントガラスウォッシャー液なのです。

これを車のウォッシャー補充口から補給しておくわけです。
水で薄めて補充しても問題ありません。
薄めればもちろん不凍の耐寒温度は変化します。
-25度の製品を半分水で薄めれば-12度になります。
何だか面倒ですから薄めずそのまま補充しましょう
 

 『今朝、車に残ってるウォッシャーの水を出し切って、
 この不凍ウォッシャー液を満タンに補充してやったわい。
 これでいつ氷点下になっても凍らないし安心じゃ』


不凍ウォッシャー液の利点は、
フロントガラスが氷点下で凍ったとしても、
このウォッシャー液が溶かしてくれることですね。
16:29  |  ちょっと情報
 | HOME |