Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.01.25 (Sat)

オイスターの水煮缶で牡蠣飯

勝利も敗北も知らない人間より、
どちらかを知っている人間の方が、
はるかに素晴らしい <ルーズベルト>


 『ルーズベルトも中々ええこと言うとる』


ということで休日はこれです。

かき1

オイスターの缶詰です。
それも水煮です。

オイスターは薫製の缶詰が日本でポピュラーですが、
水煮のオイスター缶はあまりないのです。
それを偶然スーパーのDirkで見つけました。
魚の缶詰コーナーにさりげなく並んでいます。
一つ3ユーロ弱だったはずです。

蓋を開けると、

かき2

こーんな感じで身が入っています。
白濁した水分はもちろん濃厚牡蠣エキスです。
身はもちろんこのまま食べられます。
しかしせっかくなので牡蠣飯を作りましょう。

ザルを使って身とエキスを分けます。
かき3
15個ぐらいの身が入っています。
エキスは米を炊くときに使います。



<作業方法>

①米3合を研いでザルで10分ほど水切りしておきます。

②そのあいだに、取り分けた牡蠣を軽く煮付けておきます。
 醤油:味醂:牡蠣エキス=大匙2で1:1:1で沸騰させ、
 牡蠣身を入れて軽く煮付けて冷まします。
 あまり煮過ぎず身が少し縮む程度でOKです。

③釜に米3合と残りの牡蠣エキス全部と①の煮汁を加えます。
 そして水加減を3合ラインより1ミリほど上にセットします。
 ゴボウや人参やなども入れると中々いい感じです。
 牡蠣の身はここでは入れません。

④炊き上がったら牡蠣をご飯の上に載せ再び15分ほど蒸らします。

⑤ざっくりと混ぜて美味しく頂きます 



 『簡単。美味しい。ほんと』
14:39  |  レシピ紹介
 | HOME |