Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.01.23 (Thu)

包丁の切れ味

洗い物をしていると指先に痛みが走った。
見ると指先端が薄く赤くなっている。
一心不乱に砥石で包丁を研いだのだが、
自分の指先も一緒に研いでいたようだ
 

 『左手人差指と中指の先端がヒリヒリするわ』 


ということで、ヒリヒリしない本日のメニュー。

140123.jpg

サバの塩焼き。タマゴ焼き。シュウマイ。ウインナー。
鶏肉竜田揚げ。オクラベーコン。きゅうり糠漬け。
オリーブのバルサミコ漬け。ひじき。
スペイン産チョリゾ下敷きイタリア産マスカルポーネに
ギリシャ産フェタと小エビとプチトマトを添え
山梨産のピュアワインジャム載せ。
チーズ下敷き芽キャベツと人参とズッキーニとポテトの
挽き肉甘辛炒め。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


マスカルポーネ
マスカルポネ
イタリア産のクリームチーズです。
クラッカーやパンに塗ったりジャムをかけたりします。
写真のものはアルバートハインで売っています。
年末帰国の土産で山梨産ワインジャムを頂戴したので、
マスカルポーネにワインジャムを載せました。
小エビとプチトマトとフェタチーズを添えました。



包 丁

包丁は切れ味が大切です。
要するにシャープで切れることが命です。
でも、次のような言い方をする人が結構おります。

 『その包丁、よう切れるし気いつけや、危ないで』 

気持ちは分かりますがそれは違います。
包丁を使う時は誰もが注意して扱うものです。
ですからやたらにケガなどするものではありません。
特に切れる包丁は力を加えずともサッと切れます。
切れる包丁は決して危なくはないのです。

むしろ危ないのは切れない包丁の場合です。
切っても切れない安全ナイフのおもちゃなら別ですが、
本物の包丁は切れないから安全とはなりません。
注意して扱おうにも切れないので力が入ります。
不要な力加減で妙な時にズバッと切れるわけです。
このような包丁こそが最も危ないのです。
注意して扱っても危険なのが切れない包丁なのです。

 『その包丁、あまり切れないから危ないですよ』

これが正解です。


切れない包丁での怪我は結構板場でも多いものです。

 『変に力を入れて指先端を切り落とした料理人は結構多い』


『上手切らず下手切らず、
寿司屋のはったり蕎麦屋の大ボラ吹き』
とは昔からよく言われます。

初心者は意識を集中して包丁を扱うので指を切ったりしません。
上級者も早く作業をしつつも型ができてますから包丁のケガはしません。
中級者あたりが慣れて来て包丁でのケガが多いのです。



 『お父さんの手つき、危なっかしい』

娘や奥さんはこう言うでしょう。
しかし、めったに台所に立たないお父さんが包丁を握っても
とんでもないケガをすることはまず有りません。
お父さん本人がかなり慎重にやっているからです。

しかしこのお父さんがちょいちょい料理に慣れてきて、
家族が心配しなくなった頃に包丁で指を切ったりするのです。


 『慣れた頃に一番注意せなあかんちゅうわけやな。
 わしも人差指先端を斜めに切り落としたことがあるわ』
 
 『何か不始末でもしでかして指を詰めたんですか?』
 『せや、わしにも若い頃は色々あってなぁ。。。。。って、
 ちゃうわ!大根千切り作業で一緒に指を千切りしたんや』 
16:49  |  こんな事あんな事
 | HOME |