Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2013.09.20 (Fri)

窮めると危ない人

世の中には、
色々な習い事があります。

書道、茶道、弓道、柔道、剣道・・・
それぞれに道があり極意があります。

格闘技では習う場所を道場と呼びます。
空手道の道場。習う人は道場生。

 『みな、何かを会得するために精進しとる』

弁当道という道はありませんが、
それでもやはり作る人によって、
同じ素材を使っても違う物ができあがります。

ということで、最近の弁当道メニュー。

130918.jpg   130919.jpg

<左右共通のもの>
タマゴ焼き。餃子。ウインナー。キュウリ糠漬け。ピリ辛ニンニク。

<左のメニュー>
黒鯛のフライ。肉団子。チョリゾ下敷きポテトサラダ。
ひじき。ブロッコリー。白菜の炊いたんと薩摩揚げ。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。

<右のメニュー>
オクラのタパス風。シュニッツェル。切干大根。
ハム下敷き海老と大豆のサラダ。ポテトのブレゼ。
ごはんとカツオ海苔ふりかけ。



柳生心眼流

道を窮めるには、
やはり修行・修練が必要です。

鍛錬無くして体得無し。
No Pain, No Gain です。

書道には書道の練習というものがありましょう。
決まりごとの多い茶道は、その形を体得することが基本です。
柔道は受身を十分に取れるようになることが基礎です。
何にでも極意を得ようと思えば基本は重要です。


さてここで、柳生心眼流です。

この流派のこの練習鍛錬が、
非常に大切で重要であることは理解できます。


理解はできますが、、、


もし公衆の面前で黙ってやったとすれば、

これはかなり危ない人にしか見えません 





 『駅のホームの端に、よくこういう人がおるのう』
16:34  |  こんな事あんな事
 | HOME |