FC2ブログ
Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2018.08.24 (Fri)

切ないですね

2年前の再掲載です。



no1.jpg


NO2.jpg


NO3.jpg


NO4.jpg



 『帰国時に墓参りに行っとるか?』 



16:19  |  こんな事あんな事

2018.08.16 (Thu)

カフェ Lely

新しいカフェがオープンしました。

場所は Lelylaan 駅の真ん前です。
スキポール空港から中央駅へ向かう一つ目の駅です。
空港からは7分です。

この駅は微妙に主要駅っぽいロケーションとなっており、
トラム1,17と交差しメトロ50も並行しているので乗り換えられます。
バスプールとも接続しており路線が色々あり充実しています。
ワールドファッションセンター=WFC  は徒歩5分です。
日本人学校へは徒歩10分ちょい。
それが Lelylaan という駅です。

この駅の真ん前にカフェ LELY がオープンしたわけです。

平日は朝8時から深夜1時まで。
週末は朝11時から深夜早朝3時まで。
もちろん朝食・ランチ・ディナーと何でもござれ。

 『家から徒歩5分のわしにとってはかなり便利じゃ』 
 

WEST  のこの辺は再開発がじわじわと進んでおり、
駅前は Little Manhattan Amsterdam なんぞと命名されました。
マンハッタンです。リトル・マンハッタン。
アムステルダムとしては、かなりやる気になっているようです。

  adfc7f1e-s.jpg
 
今も周辺工事は進んでおり Lelylaan 駅はかなりな発展場となる見込みです。


で、さっそくですが、
カフェに行ってきました。
オープンしたのは先週土曜。

こういう新規店は一か月ぐらいしてから行くのがいいのです。
店の新規スタート時というのはスタッフ全員が色々とテンパってて、
かなりな不具合があるからです。
少しこなれてから行った方が本当はいいのです。

でも、

とりあえず気になるので今日行ってきました。

そこらのオランダビールとは品揃えが違います。
オーナーのこだわりが見えます。
各種お酒も相当取り揃えてあり充実しています。
女性ススタッフの人数が豊富でよく動いています。
つまり、お待たせしません、という構えです。
そして全員がかなりフレンドリーです。
スタート時からこれだとかなりいいレベルです。

カウンター内の男性スタッフの動きに無駄がないのは、
彼らが店のオーナーであり、他店での経験が豊富なことがうかがえます。
なので新規オープンでもサクッと動けているのでしょう。

会計時。
レシートを見ると3人で飲んで食べて46ユーロです。

 e0cbcb1a-s.jpg

これはかなり安いです。
まじまじとレシートを見る当方に女性スタッフが、

 『開店祝いで今月はドリンク以外は半額サービスなのよ』 

いやいや、驚きましたねえ。
嬉しいじゃないですか。
食べ物は半額というのを開店の客寄せPRとして宣伝しない。
来店した客だけが会計時になって初めて知るというサプライズ。
客は驚いて喜び、驚く客にスタッフが喜び、みんなが嬉しい雰囲気。
こういうのは実にいいです。


ということで、近くに来た際には
どうぞ寄ってみてください。
19:50  |  ちょっと情報

2018.08.12 (Sun)

真夏といえば怪談

真夏 です 



もうすぐ お盆 です 



となると、

やはり、



怪談 ですね 










タクシー1










タクシー2










タクシー3










タクシー4






 『幽霊どうしは互いをどう思っとるのやろな?』 
15:24  |  こんな事あんな事

2018.08.09 (Thu)

あんたがやったんやろ!

絶対あんたやね。






どーせあんたやろ!







やっぱりあんたやろ!






確実にあんたやね。


13:29  |  こんな事あんな事

2018.08.08 (Wed)

ケルン

ケルンへ行ってきました。

<訪問目的>
1.ハムヒェンという豚肉料理
2.ケルシュビール
3.近代美術館ついでに大聖堂

全部達成しました 


豚肉料理

ドイツには豚肉料理が多いですよね。
だからソーセージも種類が多くとても美味しいです。

昨年エッセンに行ったときに シュバイネハクセ という料理を食べました。
ヒザとか足首とかスネとかの塊肉をローストしたものです。
一人前が15ユーロほどとで肉にナイフを突き刺してサーブされます。

 ナックル

今回はエッセンよりも南部のケルンでの豚肉料理です。
ここでは ハムヒェン という料理が目的です。

ローストか煮込みかの二種類がありましたので、
煮込みハムヒェンを注文し 名物ケルシュビール を呑みました。

ケルシュビールは細身の200㏄グラスに注がれて出されます。
ぐびぐびっと一口二口で呑めてしまいます 

 ケルシュビール

こんな感じのオジサンが専用トレイにケルシュビールをびっしり並べて
店内を巡りながら空いたグラスを見つけるとサクッと交換してくれます。
そしてコースターに鉛筆で線を引いて飲んだ数となります。
要するに呑めば新しいのが置かれるビールのわんこ蕎麦状態なわけです。
ビールが要らなくなったらコースターでグラスを塞げば終了の合図です。

 ハムヒェン

ハムヒェンの煮込みタイプは軟らかくてトロトロで臭みも全くありません。
見た目は大きな塊ですが全体の半分が骨ですのでさほどヘビーじゃありません。

エッセンのシュバイネハクセもケルンのハムヒェンもナックルと呼ばれます。
ナックル=指関節。つまり関節部位の塊肉という意味です 
豚肉は爪以外何ひとつ無駄にしないというドイツ精神の現れですね 

ドイツ東部のベルリン方面では アイスバイン という豚肉料理があります。
これもやはり豚すね肉の塊を長時間煮込んだ料理です。

シュバイネハクセ、ハムヒェン、アイスバイン、どれも呼び名は違いますが、
料理形式は同じような感じです、というか同じと認識しても問題ないでしょう。
北部のハンブルグ発祥の ハンバーグ は世界料理となりました。
ひき肉料理のハンバーグはちょっとドイツの他の地方と毛色が違いますね。

日本で豚肉料理といえばトンカツですし豚の角煮そして合挽きハンバーグ。
韓国なら焼肉の主流が本来が豚肉ですし、豚足料理も有名です。
イスラム圏以外の国には長時間煮込む豚肉トロトロ料理があるのが面白いですね。
もちろんロースト焼きでパリッと仕上げるのもありますが中の肉はホロホロです。

近代美術館

昨年訪れたエッセンの Folkwang美術館 の展示内容の充実度には驚きましたが、
ケルンの Ludwig美術館 はそれを上回る展示作品に溢れており驚嘆しました。
ピカソだけで450点もあるそうで、まさに現代アート美術の宝庫でした。
そういう類が好きな方には趙絶対にお奨めの美術館です。

ケルン大聖堂正面に向かって右後ろにローマン博物館があります。
ここはあまりお奨めしません。古代墓石ばかり陳列しています。

その博物館の背後というか裏手に立派な近代美術館がドカーンとあります。
美術館内のレストランカフェもメニューが充実しています。



 『以上のような一泊二日のケルン訪問じゃった』 
16:30  |  お弁当メニュー紹介

2018.08.07 (Tue)

徴 収

日本のある町内での
町内会費の話です。
以下。



その町内会では3ヶ月ごとに町内会費を納めます。
町内会費は町内会副会長が担当し集金に回ります。
なので副会長のことをみんなは副会長とは呼ばずに、
会費を徴収するはので 『徴収さん』 と呼んでいました。

そんな町内にある日、あきらかに元ヤンキー出身といった感じの
まさにDQNな雰囲気の夫婦が引っ越してきたわけです。
ヤンキー旦那は引っ越してきた当初から町内で、

 『は?町内会費?んなもん俺ら払わねよ』

  yannki-.jpg




町内会費を納める日がやってきました。
副会長の徴収さんが一軒一軒の家を周って集金します。

いよいよDQN夫婦宅の番になりました。
町内の人たちも隠れて成り行きを見ていました。

しばらくするとDQN宅の玄関先からDQN旦那の大声が発生しました。

 『だから、んなもん絶対に払わねって言ってるだろ!』 
 『いや困ります。決まりですから』 

徴収さんも責任的立場がありますから粘ります。

するとDQNがついに 徴収さんにパンチ を出したのです。
しかしパンチを受けた徴収さんは平然としています。
隠れて見ていた町内の人たちがどよめきました 

徴収さんの落ち着きに青くなったDQNが再びパンチを出したその瞬間、
徴収さんはパンチをくぐってDQNにタックルをしたのです。
倒れ込む両者ですが徴収さんが馬乗りとなって上からなぐり始めたのです。
ガッツンガッツンと殴るとDQNは徐々に戦意喪失状態となりました。
徴収さんはDQNの髪の毛を掴んで引きずり起こしフラフラしたDQNに
走りこんで ラリアット を食らわし完全KOにしたのです。











  ラリアット




そして徴収さんは優しく問いかけました。

 『会費、払ってくれますね?』 
 『は、はい。払います』 


か細い声でDQNは気絶しました 

隠れて見ていた町内の人々から歓声が上がり自然に、
『徴収!徴収!』と徴収コール が起こりました。



  長州コール



その夜は町内有志が集まり居酒屋で宴会です。
副会長の徴収さんを囲んで盛り上がりました。

質問が出ました。

 『徴収さん、やっぱり キレたんですか?
 『いやいや、キレてませんよ』 

そして笑いながら

 『僕をキレさせたらDQNは歩けませんよ。救急車ですよ。
   しかしあのDQNも度胸ねえなあ。僕をキレさせないんだから。
   僕の勝負はキレてからですよ。そっからだから』





  hqdefault.jpg

徴収さんかっこよかったです。
15:31  |  こんな事あんな事

2018.08.03 (Fri)

業務連絡 8月3日

お知らせです。

8月3日と4日は不在にしております。
ドイツへ豚肉料理の調査に出かけております。

メールおよびお問い合わせへの返信は、
8月4日の深夜になります。

よろしくお願いします 

承知しました
09:47  |  お知らせ

2018.08.02 (Thu)

土用の丑

気が付けばもう8月。

今年も残り5か月を切ったわけです。

右向いて左向いたら、もう歳の瀬。
そんな感じでまた年を取るわけです。


土用の丑 というのがあります。
うなぎを食べよう で有名な日です 

決して土曜日の牛ではありません。
夏場だから焼肉を食べようの牛ではありません。
間違っても土曜脳死ともまったく違います。


土用とは 土旺用事 という熟語の略です。
土が旺盛な時期という意味で期間は18日です。
この期間は土の気が強いので土木工事は控えるようにされていました。
でも土用に入る前からの継続工事はならばその限りではないともされました。
何となくやはり洒落というか抜け道が用意されています。

では、なぜ土なのか?です。

これは1週間の曜日から来ています。
太陽と月の日月を除いた残り5日、
つまり火水木金土の5つから来ているわけです。
火水木金は春夏秋冬に対応し振り分けられましたが、
残った土は季節の変わり目期間に充当されたのです。
その季節の変わり目が18日間なのです。
各季節ごとにありますから年4回の土用があるわけです。

そして昔は日にちを干支で勘定しました。
子丑寅・・・亥までのあの干支です。
つまり12日ごとに寝丑寅・・・を繰り返して数えました。

土用の丑とは、
各季節の変わり目である土用18日間の丑の日をさします。
毎年一定ではなく日付は変わります。

特に夏場の土用は暑いので何とかしなければなりません。
万葉の時代から夏場は滋養としてウナギを食べました。
これを江戸時代に平賀源内という人が、
ウナギを食べて元気になろうとPRしたのです。
これが大当たりし現在まで夏場の土用の丑のウナギとなりました。

ではなぜ丑の日なのか?です。
子丑寅とある中でどうして丑の日なのか?
これには所説あるようなのでググってください。

でも、、

丑を平仮名で書くと うし です。
これを縦にすらすら書いてみると、うねうねとウナギが二匹のように見えるので、
丑の日がいいとされた説は面白いですし洒落てます。


ともあれ土用の丑。
各季節の土用に丑の日はありますが、
夏場の暑さに負けぬよう精のあるウナギを食べるということです。

で、年によっては夏場の土用に丑が二回ある年があります。
今年なんかはそうなんです。7月20日と8月1日です。
これを第一丑の日、第二丑の日と称しています。

縁起ものなので両方の日とも、
ウナギを載せたお弁当をこしらえました。

IMG_0593.jpg

チーズ下敷き夏野菜のラタトゥイエ。
ハム下敷きポテトサラダ。ウインナー。肉団子。
餃子。エビフライ。鶏肉ポン酢炊き。ひじき。
ウナギ。錦糸玉子。キュウリ糠漬け。
ノルウエー名物チューブタラコ。
ウナギのタレかけご飯と海苔。


 『夏場の土用の丑は毎年ウナギを入れておる』


では他の季節の土用の丑は何を食べるのでしょう?
こうなると別に丑の日にこだわる必要はありません。
要するに季節の変わり目の土用に何を食べるか?です。

それはまた、グーグルで調べてみてください。
色々とちゃんとあるようです。
21:01  |  食の話
 | HOME |