FC2ブログ
Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2018.06.28 (Thu)

冷麺を作りましょう

暑くなりました。

これまでも暑い日はありましtたが、
何となく夏を感じる暑さです。

なぜそう思うかと言えば、
お弁当の配達中に急激に冷麺が食べたくなったからです。

冷麺、冷やし中華、冷やしラーメン

種々呼び名はあれど間違いなく夏の風物。

やっと己の五体が冷麺を食べたいと叫んだわけです。
生命の奥底からの心の声が聞こえたわけです。

なので作りました。
食べたい時が旨い時。
家人も大喜び。

作り方は超簡単なので紹介します。
インスタントもいいでしょうが自家製で行きましょう。

<冷麺レシピ>


『麺}
スーパーで売ってる乾麺。麺4つ入って1ユーロとかの。
茹でてから水洗いして締めます。

『具材』
ハム・キュウリ・レタス・錦糸玉子=それぞれ縦5㎝ほどに揃えて千切り。
トマトとかキュウイとパイナップルとか酸味系フルーツは好みで用意。
ワカメの黒色をアクセントで用意するとカッコいい。

『タレ』
砂糖・醤油・酢=1:1:1で合わせます。
レモンなど柑橘系汁適量とゴマ油少々加えて完成です。
タレは調味料の頭文字から「サシス」と覚えておけば便利です。

『盛り付け』
水をよく切った麺を皿に載せ、具材を丁寧に並べて、
上からタレをまわしかけます。
最後に辛子とかマダムジャネットとかホースラディッシュとかを添えスタンバイです。
私的にはマダムジャネットのすりおろしがシャープな激辛で好きです。

   reimen.jpg
   イメージ

以上、調理所用時間は段取り次第で15分~30分。


 『めちゃくちゃ美味しかったわ』


17:15  |  レシピ紹介

2018.06.17 (Sun)

老け顔

運動会も曇天の中で気持ちよく終わりました。

今年もお弁当のご注文ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします 




ということで、中国からのニュースを一つ。



老人が一人生徒に交じって勉強しています。



老け顔1


ですがこの方はれっきとした高校生で18歳です 

崔さんという名前です。
彼を知らない学校訪問者は校長先生だと間違うそうです 


何故このように老けているのか?

中学校のときに顔面下垂症という奇病を患らったからです 
顔の筋肉が老人のようになる病気です 

で、中学の頃のニックネームが 『住職』 でした 

しかし、別のニックネームは 『勉強王』 です 

彼は勉強が大好きなのです 


老け顔2



 『なかなか、渋いのう』  
09:45  |  こんな事あんな事

2018.06.12 (Tue)

日本人学校運動会弁当

今年も日本人学校運動会が開催されます。

6月16日(土)

運動会弁当ご希望の方はどうぞご予約ください。


・運動会弁当1つ15ユーロ(水付き)。
・12時前頃から会場本部テント裏側の路上でお渡し。
※雨天中止の場合は自動キャンセルとします。
12:40  |  お知らせ

2018.06.05 (Tue)

ご案内

あらためまして、
ぶんたのご案内をいたします。


<お弁当の種類>

◎通常弁当 10ユーロ (土日祝日は15ユーロ)
◎デラックス弁当 15ユーロ(お茶か味噌汁付き)
※以上はミニマム2つからです

◎おにぎり弁当 8ユーロ(2個入り総菜つき)
◎おにぎりパック 6ユーロ(2個入り総菜無し)
※以上はミニマム4パックから。
※通常弁当との併用の場合はミニマム無しです。

普通の昼食としては通常弁当が主流ですが、
会社の会議用ではデラックス弁当の注文が多いです。


<お支払い>

現金もしくは銀行振り込み可能です。
クレジットカードやピン払いは扱っておりません。


<その他>

・宗教上の禁忌食材に対応しております。
・肉無し魚ベジタリアン弁当や野菜果物穀物だけのビーガン弁当可能です。
・苦手な食材がありましたら事前にお知らせください。
・アレルギーの方への対応もしておりますが、
 深刻な極度アレルギーの方の場合はお断りしております。


<配達区域>

アムステルダム、アムステルフェーンおよび近郊。
スキポール周辺一帯とホーフドドルプそしてアルメレ方面。
それ以外の遠方の場合はご相談に応じます。

行楽地などお出かけ先へのお届けも可能です。
ザーンセスカンス、キューケンホフ、アムステルダムボス等々。
ご相談に応じます。



承知しました
                       よろしくお願いします


11:42  |  弁当屋ブンタ紹介

2018.06.01 (Fri)

心の修羅場

新婚当初はそんなことはなかったのです。

いつ頃からかその方の奥さんはイビキをするようになったのです。
特に体型が太ったというわけでもありません。
イビキは徐々に悪化というか酷くなってきたわけです 

イビキの当人は自分のイビキには気が付かないものです。
指摘したとしても、「あ、ごめんなさいね」、てなもんです。

どれほど酷いイビキなのか録画して妻に見せてやろう。
そう思い立ったご主人は録画カメラを長時間設定で設置したのです。

翌日、仕事からご主人が帰宅すると奥さんは買い物に出ました。
さっそくご主人はわくわくしながら録画を確認しました。
バッチリとイビキ場面が撮影されていました。
強烈なイビキで部屋が震えるような音響です。
よしよし、と思ったご主人は残りを早送りで確認しました。



そして、それは、中ほどに映っていたのです 



耳栓をして寝ていたご主人がおもむろに起き上がり、
奥さんの真横に正座して何かブツブツと呟いているのです 
まったく身に覚えのない行動でした 
イビキをする奥さんの横で何かを呟いている自分 
あまりの出来事に呆然とその映像を凝視したのです。
30分ほどブツブツ言っていた自分はまた布団に入りました。
そのまま特に変化なく映像は朝を迎えてました。


 『心の中が修羅場だったわ』 

14:22  |  こんな事あんな事
 | HOME |