Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2016.07.31 (Sun)

爆発音

トラックがフルスピードで追い抜いていきました 

スキポールライク方面へお弁当を届けての帰り路です。

左手にはスキポール空港が広がっています 
右手には運河が流れており渡る船を見つつ走っていると 

突如ドカーンという爆発音が発生しました。
空港で爆発か?と驚いて見渡しましたが何の変化もありません 

何だったのだろう?と不思議に思いながら前方をよく見ると、
200mほど先の路上が濃霧のように煙で覆われています 
そこだけが煙のようなものに包まれて全く見えなくなっています。
路上で何か爆発したのだろうか?
何だか怖いので速度を落としてゆっくりと近づきました 
路上に煙が舞い上がっており前方の視界が悪く、
ゆるゆる行くと路上にタイヤらしき物体が四散してました。
煙を通り過ぎると前方にさきほどのトラックが停車しており、
ちょうど運転手が降りてくるところでした。
トラックのタイヤがバーストしたのです。
爆発音はバーストしたときの音だったのです。


 『タイヤのバーストがあんなでかい音だとは知らなかった。
  バーストで濃霧のような煙が発生することにも驚いたわ』

もし追い抜かされるときに真横でバーストされていたらと思うと、
体がゾクッとしました  


8月営業

7月も今日で最後です。
2016年も残すところ5ヶ月となりました。
右向いて左向いたらもう年末という感じです。
貧乏暇無しどころか貧乏超暇有り状態で
8月も元気に営業しておりますので、
皆様からのお弁当のご注文をお待ちしております。

  承知しました
   よろしゅうにお願いします

8月5日の金曜だけはお休みします。
16:28  |  お弁当メニュー紹介

2016.07.29 (Fri)

キックボクサーたち

練習

近所にキックボクシングジムがあります。

オトマニジムといいます。

平日のお昼に訪問すると7,8人の選手が
サンドバック相手に黙々と練習していました。

写っている3選手は全員が日本での試合経験があるプロです。
右端の選手は8月7日に大田区総合体育館でタイトルマッチ戦です。

練習2

コーチとマンツーマンでやっている選手もいます。
コーチは防具フル装備で選手の打撃をガンガン受けます。
これを日本ではミット打ち、オランダではパディングといいます。

たいていの練習は3分刻みの1分休息という繰り返しです。
全ては試合の時間に合わせて行っているわけです。
これを1時間~1時間半、午前と夜に行うのがプロの練習です。

このオトマニジムは日本人学校から近いです。
住所は Johan Huizingalaan 91 です。
元は大きなカーレンタルの会社でしたが、
昨年キックボクシングジムに変貌しました。

地上階が受付と休憩スペースとインドアサッカー場です。
インドアサッカーファンには最高のスペースです。
子どもから大人までかなりなグループが利用しています。

上の階がウエイトマシーン類とキックボクシングスペースです。
もちろん一般人も会員となってマシーンを利用し体を鍛えられます。
筋肉を鍛えることはとてもよいことです。



 『選手たちは日本食が大好きじゃて』
15:21  |  こんな事あんな事

2016.07.27 (Wed)

激安ムール貝

ムール貝です。

 IMG_6753.jpg

なんと1.9ユーロの激安です 
Dirk Market での特売です。
これはもちろん、買い、です 

ムール貝は白ワインと香草で蒸し煮がこちらの常道です。
口が開いたら完成という何とも楽な料理です。

日本にはアサリの酒蒸しという居酒屋定番がありますが、
同じ貝なんだしムールの酒蒸しもぜんぜんいいじゃないですか。
日本酒を使って一気に日本風です。

シジミ汁なんてのもありますから、
ムール汁があってもいいじゃないですか。
あっさりネギと水だけでいいじゃないですか。

少量の水から蒸し煮にしたムール貝。
ムールの身はもちろんむさぼり食べます。
こっちの2kgパックはなかなかな食べ応えです。
そして残ったダシ汁。
これこそがムール貝の命の汁。

牡蠣飯なんてあります。
じゃあムール飯もいいじゃないですか。
ダシ汁でご飯を炊き上げムールの身を混ぜる。
ムール飯の完成です。

最近知ったのですが、
広島の牡蠣養殖の現場でムール貝も養殖しているとのことです。
牡蠣を養殖する筏のようなところにムールがちゃっかり繁殖するので、
ムールが小さいうちにとって別のところで養殖すると、
瀬戸内特有滋養タップリムール貝がすくすく育つそうです。
広島、、やり手です。



ムール汁にごく少量の味噌を溶けば滋養スープです。
滋味溢れるこのスープは肝臓癒しの名品です。
ポイントは味噌を少量に控えることです。

ムール貝はこれから定期的に安売りされますから、
見かけたときは買うべしです。


 『ムールスープは体が喜ぶのが実感できるのう』
15:14  |  ちょっと情報

2016.07.23 (Sat)

むかし、驚いたこと

もう40年ほど前のことです。
京都の上京区に住んでいた学生の頃。

春先のちょっと寒い日。
かなり髪が伸びてわずらわしくなったので、
ジャンバーをはおって床屋に向かいました。

ぶらぶらと行きの道すがら。
ふと見ると前方の電柱の陰に女性が立っています。
その女性は私の方をじっと見ています。
何じゃこの女は?と横目でチラ見してすれ違ったその時。
女性がサッと私の背後に回り込んで小声で言いました。

 「憑いてますよ」 
 「え!」 
 「祓ってあげます」
 「ええ!」  


そう言うやいなや、
肩をササッとなで、背中を上から下へポンポン叩き、
何やらワシャワシャやってから、

 「憑き物は取れました。今後3年は大丈夫です」

立ち去る彼女の後姿を私は呆然と見ていました 

ふと我にかえって床屋へ向かいました。
今のありゃいったい何者だったんだろう?
路上お祓い師か?ボランティアか?霊能者なのか?
歴史ある京都という街は、大阪とはまた違った意味で、
変わった人種やら風習やらが多いところです。

気分をすっきりさせるため伸びた髪はスポーツ刈りにしました。
外へ出ると日差しもよく、かなり暖かくなっていました。
着てきたジャケットは手に持って下宿へ戻りました。

するとです。
再びあの女がいたのです 
例の電柱の陰にまた潜んでいたのです 
おそらく誰か相手を探していたのでしょう。
先ほどのこともあるし軽く笑顔を向けると、
彼女はサッと私へ駆け寄ってきてこう呟いたのです。

 「あなた。憑いてますよ」
 「でぇええ!さ、さっき・・・」 
 「祓ってあげます」
 「げげ!」 


呆然とする私などおかまいなしに、
1時間前とまったく同じことをワシャワシャやって、

 「ふう。。取れました。。。今後3年は大丈夫ですよ」 

呟いた彼女は満ち足りた表情で立ち去ったのです。

髪の毛をスポーツ刈りにし上着も脱いでいたので
別人と勘違いしたのかもしれません。
でも、こういう類の人たちは、
こんな程度なのだろうと分かった次第です。



 『びっくりして腰ぬけるかと思ったわ』 
10:30  |  こんな事あんな事

2016.07.20 (Wed)

かなり驚いたこと

いやあ、今日は暑くなりましたね。

お弁当の配達の最中は32.5度になりました。

でも、

日本はオランダより暑いです。

暖かい時期になると変わった人が出没しますが、
それは春先だけに限る現象ではありません。
夏のクソ暑くなる時も、理解不能な人々は現れるものです 


お爺ちゃん。。。


海パン一つでも履いてれば、
捕獲されることもなかったでしょうに。。

  13776031_10154004771134145_6931681146305703097_n.jpg ←クリックで拡大

電柱の安全標語も意味深ですが、
爺ちゃんの股間もきっちり飛び出してます 
すっかり、しなびてますが。。。

お爺ちゃん曰く、
暑かったから、だそうです。
現場は神戸三ノ宮。
やはり神戸は油断できない街です。
そういえば泣き叫ぶ議員も潜んでたりしました 


ちょっと驚いたこと

オークラホテル横の串亭さん。
久しぶりに電話したら繋がりません。
なんと閉業していたなんてまったく知りませんでした。
アムスでは25年来の日本食の老舗格だったのに、
知らぬ間に店じまい。。。
当方がオランダ移住したのが91年。
その年にオープンしたのが串亭でした。

 『閉業とは、、、かなり驚いたのう。。。』 
15:32  |  こんな事あんな事

2016.07.17 (Sun)

飛行機のこと

いよいよ本格的な夏休みとなり、
親子連れでのオランダ脱出が始まった模様で、
スキポール空港はかなりの混雑ぶりのようです。

バケーションとかホリデーとか休暇とか夏休みとか、
いろいろな言い方をされますが、
そういうものとすっかり縁遠くなってしまい、


 『ぶんたさん、夏のホリデーはどっか行きますの?』 
 と尋ねられれば、
 『夏のホリデー?ホリデーって、なに?』 
 と答える昨今です。


それはさておき飛行機の話です 

空を飛んでいるジェット機のPR動画を見た方は多いと思います。
機内モニターに航空会社の飛行機のフライト模様が放映されます。
JALやらKLMやら会社ロゴマークも綺麗に撮影されたCMです。
雲海の上を飛ぶ機体を背後や横からや正面上からや
あらゆる角度から美しく撮影されたフライト中の飛行機のCMです。

さて、
あれは誰が撮影しているのでしょう?
地上に停泊中の飛行機なら撮影会社なら誰でも可能です。
しかし雲海上のフライト中の飛行機を遠近両用で撮影するとなると、
これはかなりな技術・技量・ノウハウが必要となります。
おそらく各航空会社が二機飛ばして撮影しているのだろう、
このように思っていましたが、違いました。

アメリカに、それ専門の撮影会社があるとのことです。
航空ルールにのっとって安全に撮影するということです。
撮影される航空会社側は超ベテラン教官パイロットが操縦を担当し、
乗客は乗せず撮影のためだけに機体を飛ばすということです
 

 『専門の撮影会社があるとは知らなかったのう』
16:37  |  ちょっと情報

2016.07.14 (Thu)

離婚について

知り合いのレストランを時々手伝いに行きます。

店の責任者はドイツ系オランダ人といいますかドイツ人ですが、
彼の奥さんはれっきとした日本人女性なわけですが、
ドイツ人の彼が日本人とオランダ人との結婚離婚についての
一考察というか彼の経験上での認識といいますか、
国際結婚の彼の考えを披瀝してくれたのが以下の考えでした。

 『日本人男性とオランダ人女性の結婚の場合は、
 私が知る限りほとんどが離婚している』
 
 『うむ。そうかもしれん』 

実際そういうケースを複数知っていたので納得したのです。

 『逆に、日本人女性とオランダ人男性の結婚の場合は、
 私が知る限り私も含めて離婚はほとんど無い』

 『おお、なるほどなるほど』

彼は国際結婚での離婚観を確信を持って述べたわけですが、
聞いていて、なるほどなるほど、と妙に納得したのが今から10年前なわけです。


しかし10年前のちょうどその頃から世の中の情報環境は大きく変貌し、
インターネッツが広く普及し情報検索だけでなくブログというものが登場し、
そうなると発信ツールを得た人々による自分発信が急増したわけで、
ツイッターで呟き始め、フェイスブックで連携が蜜になり、ラインの時代になり、
スマホ環境に至っていつでもどこでも情報発信という時代になり、
要するにモノ言う個人が大量生産され留まるところを知らず、
そうなると隠すより現るという時代状況になったわけで、
日本人女性でオランダ人と離婚した人もたくさんいたわけで、
『国際結婚における離婚の一考察』
という彼の離婚観も木っ端微塵に吹き飛ぶ見当違いだったことが判明したわけです。

 『わしの知り合いで9人も日本人女性がオランダ人と離婚しとる』 

離婚して既に日本へ帰国した女性も数人おりますが 
少なくとも5人はオランダで逞しく働いて暮らしており 
その中の3人は今も子育てを現在進行形でやっており  
これが日本人の男ならからっきしダメなわけで 
日本人女性は強い、と改めて実感している次第で 
心から声援をおくりたい気分で一杯なわけですが 
頑張っていてもやはり疲れることもあるでしょうから 
そんなときはお弁当でもどうぞ 


 『癒し弁当をお届けしますぞ』 
15:44  |  こんな事あんな事

2016.07.11 (Mon)

羊肉は重宝されます

ユーロカップで ポルトガルが優勝 しました 

私どもが先週ポルトガルレストランに行ったことが勝因でしょうね 

 『ということにしておこう』 


さて、お弁当です。

当方の弁当は基本的に幕の内スタイルなので、
内容は色々なおかずを入れるようにしていますが、
ご要望にも応じるよう努力しております。

アレルギーがある方、ムスリムの方、ベジタリアンの方、
フルーツ中心の方、肉食の方、野菜嫌いの方、
糖尿等で炭水化物抜きの糖質制限をされている方等々
できる限り対応努力いたしますのでご遠慮なく申し付けてください。



そういえば、、、

天皇主催の晩餐会での肉料理は羊肉を使うとのことです。
宗教上での食の問題がこれで解決できるからです。
ということを元宮内庁勤務の侍従の方が書かれていました。

 『いっそジンギスカン大会でもすれば盛り上がるじゃろうに』 
13:35  |  こんな事あんな事

2016.07.09 (Sat)

ポルトガル料理

知り合いの方の誕生日祝いで、
ポルトガル料理のレストランに行きました。

ライツプレーン近くのポルトガリアという店です。
           クリック↑

店の奥に大画面TVモニターが設置されています。
ちょうどユーロカップのポルトガル戦の日だったため、
21時以後は予約で一杯ということでしたので、
18時半に訪れた私どもは21時までにそそくさと食べ終えました。

最初に出されたパンと自家製バターが美味しかったです。
パンはポルトガル語ですからパンです。おかわり自由です。

ポルトガル料理と言えばイワシの塩焼きが有名です。
それと塩タラを水で戻して作るタラ料理も有名です。
タコ料理も有名ですがこの店にはありませんでした。

イワシ塩焼き、タラコロッケ、エビコロッケ、
タラと小芋の料理、魚貝盛り合わせなどを分け合って食べました。
どれも凝った調理ではなく素朴で懐かしい感じの料理です。
タラは少し塩味が強いようでしたが美味しかったです。


 『わしはポルトガル料理が気に入ったな』 
 『私はちょっと塩味がきつ過ぎたと思いましたね。。。』 

家人がポルトガル料理のリベンジということで、
翌日、LIDLスーパーでタラを買って、
塩をふってバター焼きにしました。


 『レストランよりちょうどな塩加減で美味しかったです』
 『勝ったな、と思ったわい』 


というわけで、最近のお弁当メニューはこちらです。

IMG_6714.jpg

ひじき・天婦羅(エビ・オクラ・サツマイモ)・野菜餃子・ウインナー。
タマゴ焼き・肉団子・スモークニシン・ハム下敷きポテトサラダとメロン。
キャベツと人参と牛肉の炒め物・ご飯とタクアンとふりかけ。



そしてある日のマイ晩飯メニュー。

IMG_6712.jpg
ザク切りキャベツwithマヨネーズ&七味屋本店の七味。
ザワークラウト・白菜キムチ・冷奴withカツオ節&ラー油。
ウナギの尻尾部分をチョロッと一切れ。キリンビール。

 『まことにもって健康食である』 




アムステルダム



まさにアムスだぜー!


みんな来いよーー!! 


窓から男もガン見してるぜーーー!!! 


13439134_1754411004837870_3086502814218257726_n.jpg



 『何でもありじゃ、この街は』 
13:20  |  ちょっと情報

2016.07.06 (Wed)

我流ラマダン『断酒』明け

7月5日の夜10時3分に今年のラマダンが終了しました。

イスラムの友人たちに敬意を表して始めた
私の我流ラマダン『断酒』も無事に終了しました 

分かったことは、
・断酒で手の震えもなくアル中ではなかったということ 
・酒が呑みたくて辛いというようなことが一度もなかったこと 
・昨今のノンアルコールビールはレベルが高いということ 


そして断酒明けの昨夜、
一ヶ月ぶりに酒を口にしたわけです。
どんな感じを受けるのか期待して呑みました。

先ずは サッポロビール黒ラベル を呑みました。

IMG_6696.jpg

が、です。

さほどビシッと来ません。
たんに苦いという感じです。
ありゃ?という印象です 

ジュネーバー も少し呑みました。
これまた苦い感じで??です 

日本酒 もグラス一杯呑みました。
これまたなぜか苦いのです 

ジェントルマンジャック のハイボールを作りました。
が、やはり何だか苦いのです 

IMG_6697.jpg

どうやら一ヶ月の断酒によって、
味覚が変わったのか体調がそうなってしまったのか、
苦く感じるばかりで期待したほど美味しい感じがしませんでした。
なんだか不思議です 

4種類口にしましたが量は少なかったです。
でも酔いは急激にやってきて、
気がつけばベッドに寝ていて朝でした 

 『もの凄いイビキで家中に響き渡ってたで』 
 『いつ寝たのかも覚えとらん・・・』 

もしかしたら、
日々の晩酌を止められるかもしれません。
たまに呑む程度で十分な気がしてきました 
なんだかこれは大変よい兆しな感じです。
どうせ呑むならいい酒にしようと思います 




名 言

『知りたがり、すねてひがんで、淋しがり、
心はまがり、欲深になる』

『くどくなり、気短になり、愚痴になる、
出しゃばりたがり、世話やきたがる』

『孫ほめて、同じ話を、繰り返し、
達者自慢で、人に嫌わる』



 『無駄に年ばかり取ったらあかんのう』 
15:13  |  こんな事あんな事
 | HOME |  NEXT