Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2016.01.30 (Sat)

機内の親父とスードクと実家の母娘

スードクをご存知だと思います。ナンプレともいいます。
1~9までを上手に並べてマスを埋めるゲームです。
やっている方も多いと思います。

15691830_424x636.gif

長旅の暇潰しに飛行機の中でやっている方もいます。

数年前の帰国時のことです。
関空発札幌行きピーチが大雪のため着陸できず仙台空港待機となりました。
数時間の機内待機で、こんな時に下痢とか体調不良になったら大変だなぁ、
そんなことを考えながら座席の隙間から前を見ると親父が冊子のスードクを始めました。
ほほうと思いながら、当方も暇潰しに背後からじっと見つめ考えました。
ま、初級レベルかなと思いつつ、あそこが3なのでこっちも3だな、
そんな感じで見ていると、その親父は真ん中のマスに6と書き込んだのです。

え! 
なんで? 

当方は驚きました。ちょっと身を乗り出してじっと見つめ熟考しましたが、
どう考えても6から入るような問題ではなく6はむしろ後で入る数字です。
どういう思考回路でこの親父は6を入れたのか不思議でした。
次はどこへどういう数字を入れるのだろうと見ていると、
何とその親父は新たなページを開き別の問題に挑戦し始めたのです 
そう。
最初の問題は一つ数字を入れただけで諦めたようです。
そして新たな問題でもおもむろにトンデモないマスへ数字を書き入れ、
じっとしていたかと思うと冊子を閉じて寝てしまったのです 
思うに、、
この親父はとりあえずスードク冊子をどこかで買ったものの、
実はこの手の類のパズルは全く苦手なのでしょう。
何をどうしていいのか分からず、よって適当に数字を入れ、
続きをどうしていいのか分からず面倒くさくなって寝てしまったようです。
諦めが早いというか決断力に富むというか中々な親父です。


無事千歳空港に着陸できて実家へ向かいました。
当方が実家でスードクをやっていると妹が興味を持ち出し、
さっそく自分用のスードク冊子を買って挑戦し始めたのです。
すっかり嵌って大切な趣味になったようで丁寧に一問一問解いています。
そんなある日のことです。
スードク中の妹の横に母親が寄ってきて座り、
二人一緒に難しい顔をしながら考え始める格好となりました。
するとです。パッと明るい表情で母親が突然、


 『7だ』 
 『え、どこどこ?』 
 『ほら、そのマス。7だ』 
 『ここが7?なんで7なの?』 
すると母親は確信に満ちて言いました。

 『勘だ』 

 『か、勘?』 
 『そうだ。母さんの勘だ』 
 『何言ってんのさ、ったくもう』
 
母親のドヤ顔に妹は呆れ顔です。

当方はその時にふと思いました。
機内のあの親父も、自分の勘を頼りに6を入れたのではないか。
勘頼りでマスを見つめ急にもの凄く面倒になりアッサリ諦めたのではないか。

 『母親を見てて機内の親父の思考回路が何となく分かった気がしたのう』
11:26  |  こんな事あんな事

2016.01.28 (Thu)

JALのこと

年明けでもう1月も終わりです。

大変遅ればせながら、
謹賀新年あけましておめでとうございます。
本年も一段のお引き立てをよろしくお願いします。

なにとぞ御容赦を


しばらくブログもアップせず、
何か体調に不具合でもあるのかと心配された方もおられましたが、
寝違えて首が痛くて中々回すことが出来なかったわけですが、
どうも寝違えだけでなく経済的要因で首が回らないようで、
しっかり頑張ろうと決意した次第です。


年末はJALで一時帰国しました。
JALはパリ経由便がパリテロの影響で格安となり、
JALのサイトから申し込んで550ユーロほどでした。

パリのドゴール空港にオランダから到着しますとFという場所です。
FからEという国際線乗り場へ移動しなければなりません。
EとFは互いに真反対側どうしの位置関係なので、
互いを結ぶ渡り廊下のような通路をスタスタ歩き
途中でパスポートコントロールでチェックを受けて、
それでもおよそ10分弱ほどの移動です。
シーズン時にパスポートコントロールが混雑すれば
もう少し時間がかかるかもしれませんが今回はガラガラでした。

JALの乗り場搭乗口付近で待っていますと、
集ってきた乗客が50人ほどです。
かなり少ないと思ったので係りの日本人スタッフに、


 『この便はスペインあたりからの経由便ですか?』
 『いえ、パリ出発です』
 『とすると、今日の客はここに集まっている人だけですか?』 
 『はい、そうなんです。。昨日は、、30人でした。。』 
 『じゃあ、客にとってはかなり楽な状態ですね』 
 『はい。そうなりますね』 
 『ラジャー』 
 

実際、機内はガラガラで、
キャビンアテンダント(CA)1人が担当する客数も結果的にかなり少ないため、
CAのお客への対応がいつもより数秒ゆったり目で丁寧な印象です。
客は各自一人で一列というか横3席とか4席を使えましたので、
ゴロンと横になって到着までゆったりと寝て過ごせました。


同じく日本発の帰りの便もさらにガラガラの状態で、
またしても横3席一人占めで最高でした。
羽田発のJALは東京都上空を大きく旋回し 
スカイツリーを上空からほぼ真下に見ながら 
ふと目を遠くへ転ずると富士山が神々しく鎮座しており 
絶景の風景を眺めることができました。

驚いたことに機内食で大勝軒のツケ麺が出たのです。
ツケ麺には興味がなく一度も食べたことが無かったのですが、
なので今回のJAL機内食が初めてのツケ麺体験となり、
恐らく機内食でツケ麺を出したのはJALだけだと思いますし、
それがまた抜群に美味しくて感動もので、
背後にいたフランス人女性も  「オオ!」などと 
声を上げながら嬉しそうにズルズル音を立てて食べており 
これまでの機内食史上で一番の食事だったと思います。

そしてパリ到着前の食事では、

 『お飲み物はいかがしましょうか?』
 『水をお願いします』 
 『お味噌汁もございますが』 
 『え!み、味噌汁があるんですか!』 
 『はい。ご用意しております』  

 
当方が味噌汁にかなりな反応を示したため、
そのことにCAさんはとても嬉しかったようで、
首を少し曲げて満面の笑みで当方を見つめてくれたので、
見つめられた当方は急に心臓がドキドキしたのですが  
それは単なる加齢による不整脈だったようですが 
機内食で味噌汁サービスなんて今のところJALだけではなかろうかと思い、
破綻後のJALは建て直しサービスに努力しているなあと感動した次第です。

というようなことで、
ブンタのお弁当でも会議用などのワンランク上の弁当には
ペットボトルのお茶か味噌汁かどちらかを付けてますので、
どうぞご利用ください。一つ15ユーロです。

 『本年もみなさん、ひとつよろしくお願いします』 

承知しました
よろしゅうにお願い申しますぇ。
17:59  |  こんな事あんな事
 | HOME |