Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.07.30 (Wed)

京都の団栗橋西詰めでの恐怖

天気のいい日が続きましたが、
先日は大雨でした。
もの凄い量が降った模様です。
高速のA10環状線が閉鎖になってましたね。

天気のいい日に犬との散歩はいいもんです 
我が家の犬は犬のくせに他所の犬が嫌いなのです。
小さい頃に他所の犬に襲われたことがトラウマなのです。
だから他所の犬を見ると「ウゥ~」と唸ってしまいます。
黙っていれば相手も気付かないものを、
自分が唸るので相手が気付き尻尾を振って寄って来ます。
それにビックリして怯えてキャンキャン吠える悲しい我が家の犬なのです。。。

そういうわけで散歩もあまり好きじゃないのですが、
天気のいい日の外はやはり気持ちが良さそうです。
しかし18歳というかなりな高齢のため気配察知センサーも老化し、
ぼんやりしててすぐ近くに他所の犬がいても気付かないことも多々。



10557260_413287988808996_543019336455412980_n.jpg


あ、そうそう。
犬の散歩でふと思い出しましたが、
街中へ出てトイレが必要になった時はどうしてますか?


遠すぎ

こんなんじゃ話になりません 
だだ漏れです 

やはり大型ホテルを利用するのがいいですね。
中央駅近辺ならビクトリアホテルかバルビゾン・パリス。
ダム広場辺りならクラスナポルスキーがいいですし、
ライツプレインなら幾つか大型ホテルがあります。

で、ムントタワー近辺ですと映画館のパテ・デ・ムントがいいです。
ここはGフロアがチケット売り場で2階が映画館への入り口階です。
その階に立派なトイレがありチケットに関係なく誰でも入れます。
誰でもトイレではゆったりした気分で用を足したいですしね。



トイレと言えばウンコですね 
で、ウンコと言えばこんな格言があります。


努力とうんこ
 

芸人でもスポーツ選手でも、
努力している姿を見せたがる人がいます。
単なるナルシストなんでしょうね、一流にはなりません。
本物は自分が汗水流して努力する姿など見せないものです。

会社組織でも全体に先手先手を打って、
職場での仕事を円滑にすすめている人がいます。
気持ちの良い職場には必ずそういう人がいます。
それは上から指示したり命令する立場の人ではありません。
わいわい騒々しい人でもありません。
俺が俺がの目立つ人でもありません。

いつも仕事が気持ちよくできるなあ、と思ったら、
あなたの周囲にはもの凄く仕事のできる人が
必ずひっそりと静かにいるはずです。
その人は職場の宝です。

『一隅を照らす者これ即ち国宝なり』
 <伝教大師最澄>

国宝とまでは言いませんが会社の宝=社宝ですね 


ということで、一隅を照らすかもしれないメニュー。

かれーふりかけ

タマゴ焼き。鶏肉の唐揚げ。オクラの塩胡椒焼き。
スモーク鰊。フリカンドル。ひじき。たくあん。
ハム下敷き黒目豆とコーンのサラダとプチトマト。
もやしと玉葱と豚肉の炒め物。黒オリーブ。
ごはんとCOCO壱カレーふりかけ。


ここいちフリカケ
COCO壱のカレーふりかけです。
日本からのお土産で頂戴しました。
しかしまあ色んなフリカケがあるもんですね 


最近の晩酌メニュー


banshakuseto.jpg banshakumenu.jpg

左:春雨サラダ。ブロッコリーとトマトとポテトサラダ。
挽き肉とナスの中華風炒め物。

右:目玉焼きとスモーク鰊。鶏のレバー。サーモン刺身。



京都・団栗橋西詰めの怪

恐怖シリーズです。
温泉やホテルとは違う話です。

今回は京都市四条木屋町下がる団栗橋でのことです。

私が大学4回生の時のことです。
学生の分際で当時は祇園の新築アパートに住んでいました。
団地サイズ四畳半で家賃が2万ぐらいだったと思います。
新築とは言え昭和53年当時のことですから、
トイレはフロアごとに男女共有の共同でした。
風呂なんぞついているわけもなく近所の銭湯でした。
そんな所に住んでいた学生は当方だけで、
他の住居人は9割がたが祇園の夜の女性たちでした 
ですから夜中1時過ぎた頃からしばらく賑やかなアパートでした。

8月下旬の頃だったと思います。
下京区の烏丸五条近辺に住んでいた友人宅を訪問し、
一人とぼとぼと歩きながら帰ったときのことです。
時刻は夜の11時過ぎの日曜です。
今ではどうなのか分かりませんが祇園や木屋町は
日曜が休みの飲食店が多かったのです。

ごくごくわずかな小雨が降ってました。
五条から木屋町を上がって四条に出る手前に団栗橋があります。
団栗橋を渡って祇園を抜けて帰ろうと思いました。
人通りはほとんどない日曜の深夜です。

でも、それはそこにじっと潜んでいたのです。

当方は気持良く小雨を受けながらブラブラと歩きました。
立派な料亭や旅館が並ぶ木屋町です。

それはじっとそこで待って機会を窺っていたのです。

当方が団栗橋方面へ右折しようとしたその時です。

それは正面の建物の軒先下の暗い陰からフラリと登場したのです。
何もなかった正面暗がりの一隅から突然出てきたのです。

」 

なんじゃこいつは!と心臓が停まるほど驚きました 
全身真っ黒い服装です。かなり大柄な女性でした。
当方へ向かってすすっと寄って来るのです。
さすがに全身で構えました。
というより恐怖で身動きができなかったのです。
まるで蛇に睨まれた蛙状態です。
そしてその女性が言いました。

 『お兄さん。遊んでかない?』 
 『え!あ、遊ぶ?いや、僕、あの、お金持って無いし。。。』 

実際500円しかなかったのです。

 『幾ら持ってんの?』 
 『ご、500円なんですが。。。』 

 『あ、そう』 

そう言うと女性はスススーッと後ろへ下がり、
元の軒先下の暗闇の場所へ戻って姿が消えました。

数秒ほど立ち尽くした当方は、
心臓がドキドキして団栗橋を渡りました。

 『あれが有名なタチンボか。。。
噂には聞いてたけど実際に声をかけられるとは』
 

深夜のあの場所があの女性の縄張りなのでしょう。
獲物と見るとスッと登場して話しかけるのでしょう。
色々と考えながら帰宅しました。

翌日学校で仲間にその話を披露しました。
みんなが色めきだって詳しく聞きたがりました。
話の前後に適当な味付けをして詳しく語る自分が、
一回りみんなより大人になったような
何となくちょっと一皮むけたような、
不思議といい気分になっていました。

 『さほど怖い話じゃないですね』
 『いや、深夜に田舎出身が一人じゃ相当の恐怖体験じゃったよ』


後年、新宿界隈でも、アムス中央駅裏界隈でも、イタリアのミラノ路上でも、
タチンボ女性を平然と見物できるようになったのは、
この団栗橋西詰め体験が素地になっているのだと思うわけです。

一隅に潜む者これ即ち娼婦なり
 <弁当大師文太>
17:36  |  こんな事あんな事

2014.07.24 (Thu)

札幌ススキノのホテルでの不思議

いま巷で流れている有名な親子のラインです。

知ってる方は知ってますよね?



 arabu2.jpg

え?

字が読みづらい?

こちらが翻訳です。


 arabu1.jpg


金銭レベルが違います 



だから、


10363084_256228644571430_8230532290401275520_n.jpg

 『何も買わへんのに何でやなん?』

庶民はこんなレベルで騒ぐのがお似合いというものです 




そういえば大富豪どうしのこんな会話もありました。

 『やあ調子はどうだい?』
 『順調さ。久しぶりだしランチでもどう?』
 『お、いいね』

食べ終えた二人は食後の散歩をしながら、

 『美味しかったねえ。久しぶりのパスタだったよ』
 『あそこはボクのお気に入りの店なんだ』
 『お、ここはクルーザー専門店だね』
 『そうだね。。。このクルーザーが気に入ったな』
 『そう?じゃあ買おうよ。僕が払っておくよ』
 『え?いいのかい?』
 『もちろんだよ。だってパスタを奢ってくれたろ。
  次はボクが奢る番だ。気にしなくていいよ』 


 『こんな会話をしてみたいもんじゃ、一度ぐらい』
 『身の丈にあった生活が大事です』
 『ラーメン奢ってくれたから、
  次はわしが蕎麦を奢るわ、ぐらい言えるで』
 『・・・・・・それぐらいで丁度ええの』


ということで、身の丈に合った最近のメニュー。

kakiagebento.jpg

タマゴ焼き。掻き揚げ。鶏肉の照り焼き。
ブロッコリー。ウインナー。ひじき。
ハム下敷きポテトサラダとプチトマト。
ホイコーロー(豚肉とキャベツの味噌炒め)。
梅干の甘露煮醤油漬けと黒オリーブ。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


札幌のホテル

日記を紐解いて見ると、
当方が家内と定山渓温泉に泊まったのは
06年と08年の二回でした。
どちらも冬の12月でした。
不気味な体験をしたのは08年の時でした。
クリック↑

定山渓温泉に泊まった前日か翌日に当方は札幌でも一泊しました。
話の筋とは関係ないですが家内の靴のヒールが壊れて取れました 

札幌という街は駅から北上すれば北大があります。
南下すればススキノという繁華街があります。
多くの人はやはり南側のススキノ近辺に泊まると思います。

ススキノ交差点には有名なニッカウヰスキーのネオン看板があります。
そこから二筋ほど北上した東西の通りがタヌキ小路という有名なアーケードです。
タヌキ小路通りを西へ数分行った北側にそのホテルはあります。今も。

そこそこ立派な外観のホテルです。
当方どもが泊まったのは9階でエレベーターのすぐ横の部屋でした。
チェックインして荷物を部屋に置いてからススキノを散策しました。
ホテルに戻ってゆったり風呂に浸かってからベッドに横になりました。

しかしです。

ベッドに横になってくつろいでいると真上の階から音がするのです。
カツコツカツコツと人の歩く靴音がするのです。
しばらくすると止んだのですが寝入ろうとすると、
またカツコツカツコツと音がするのです。

  『夜中に靴音させて何やってんのやろ?』

そんなことを家内と話しながらも、
幸いなことに当方どもは人声やら騒々しいのは気にならないタチなので、
うるさい客だと思いながらもいつのまにかグッスリと寝てしまいました。

そして何事もなく翌朝です。
朝食を摂ってからチェックアウトしました。
その時にフロントの方に一応伝えておきました。


 『そういえば昨夜、上の階からずっと足音がしてました』
 『え!足音ですか?10階からですか?』 
 『でしょうね。人によってはああいう音は気になって寝られない方もいるでしょうね。
  私どもは平気なのでいつのまにか寝てしまいましたけど(笑)
  このホテルは上の階の音が階下に結構響きますね』 
 『そ、そうですか。。。お聞き間違いとか?』 
 『聞き間違い?そんなことはないと思います』 
 『あぁ、そうですか。。。』 
 『何か?』 
 『はあ、、、実は、昨日は10階以上に宿泊客はいないのですが。。。』 
  『え!!』 



ホテルでの不思議なことっていうのは結構よくあるものです。
そのことに気付くか感じるかはやはり人それぞれだと思います。
20:54  |  こんな事あんな事

2014.07.22 (Tue)

大阪のホテルの怖い体験

どうですか?

よい日和が続いてご機嫌なオランダ人たちですが、

みなさんも、機嫌よく頑張ってますか?


10513340_408246232646505_6233726249341800977_n.jpg


紫陽花亭、、、味最低。
紫陽花が好きだからつけたネーミングだったのでしょう。
でも、気付いてみればこりゃ大変とばかりに、
「味は最高」、って但し書きしたのでしょうね。
んなことって、人生には往々にしてあるものです。


当方の知り合いの女性で、
水田真里 さんという方がいました。
小学校の頃から雨が降るたびにクラスの男子に、
「やーい、やーい、水たまり♪」
とからかわれて悲しかったそうです 

 『結婚すれば名字が変わる』

こんなことを思い描きながら彼女は恋愛結婚しました。
今では 小田真里 さんになっています 



 『なかなか人生は妙味に富んでおるものじゃて』

だから、アジサイ亭に限らず、

こんな訳の分からないネーミングの店もあるわけです。

何の店や?

店主は考えに考えてつけた屋号でしょうが
やはり客はパッと見で迷いますね 



そしてこの店も同様です。
将来を大きく夢見てネーミングしたのでしょう。

10501610_257409294453365_7815176661773453277_n.jpg



人間だって同様です。
客観的に己を見つめられない人間は多々おります。
そしてそんな人間に騙される人も多々いるわけです。

10441530_258594071001554_4427788963980511465_n.jpg


この男が、どんな画像を使って女性を誘い、
この男に会った女性は何故200万も渡したのでしょう?

 『人間の嗜好性は奥が深いものじゃ』


ということで、十人十色、弁当は三色の最近のメニュー。

110614.jpg

タマゴ焼き。スモーク鰊の焼き物。ウインナー。
スペイン産ピリ辛ししとう。一口カツ。
高野豆腐とエビとキクラゲの煮物。
ハム下敷き黒目豆のサラダとサラミ。
イチジクと鶏肉の赤ワインじっくり煮。
キュウリ糠漬け。黒オリーブ。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。



大阪のホテルで

ずっと以前、定山渓温泉での怖い体験を紹介しました。
      クリック↑

あれは当方の体験でしたが、
当方の家内も若い頃にこんな体験があります。

家内は会社が発行する広報誌の編集責任者をしていたので、
支店を訪問しつつあちこち地元取材で飛び回った時期があります。

大阪の江坂駅近くにあるホテルに泊まったときのことです。

夕方にチェックインしてカギを受け取り、
エレベーターで宿泊フロアに上がり部屋標示板を確認し
そちらへ向かうとかなり前方を一人の女性が歩いていました。
エレベーターは二基あったので先に下りた客だろうな、
こう思って20mほど後ろからついて行く形になりました。
その女性がフラリと左の部屋に吸い込まれるように入りました。

 『あれ?今の人、ドア開けたように見えへんかったけど。。。
  あぁそっか。ドア開けたままちょっと用事で部屋から出てたんやな』


こう自分を納得させ、左右の部屋番号を確認しながら自分の部屋を探しました。
そして、あれあれ?と思いながら到着した部屋は、
さきほどの女性がスッと入って行った部屋だったのです 

ほんの数秒ドアの前に立ちました 
カギを入れてドアを開ける気になりません。
むしろ気持ちは、




苦悩
替えたい。ううう。部屋を、、替えたい。。。


時間にしてまさに3秒ほどだったでしょう。
ドアの前からサッときびすを返してフロントへ戻りました。


 『あのう。気持ちが落ち着かないので部屋を替えてくれませんか?』
 『はい?お部屋ですか。あ、ああ、、、ああそうですか。はい、承知しました』

フロントの方は部屋番号を確認すると
深く理由も訊くこと無く、すぐ別の部屋を用意してくれました。

そのホテルは今も江坂にあります。
ただし80年当時と今は名前が変わっています。



 『不思議なことは色々とあるものじゃて』 


そして当方と家内が一緒に泊まった札幌ススキノのホテルでも
何とも釈然としないことがありましたので、それはまた次回に紹介します。
16:50  |  こんな事あんな事

2014.07.10 (Thu)

歩きスマホ問題一考察

二宮金次郎という人がいます。
働きながら本を読んでいた姿で有名な農家の子です。

 kinjirou1.jpg

長じて二宮尊徳となり農業指導で力を発揮した人です。


歴史のある学校なら敷地のどこかに金次郎が建っているはずです。
当方が出た小学校では敷地の池に金次郎像がそびえ立っていました。

 kinnjirou2.jpg
 こういう座りバージョンもあります

金次郎は努力の象徴で、国策として学校に設置した経緯があるので、
古い学校ならほぼ全てに金次郎像が建てられています。
努力と忍耐の人なので実に教育上好ましかったからです。
最近の新しい学校にはあまり設置されていないだろうと思いますが、
たいていの子供たちは金次郎のことを知っていると思います。

金次郎が背負った薪をリュックサックに変え、
読んでいる書物をスマホに変えれば、
いま問題になっている 歩きスマホの姿 になります。

つまり、

 『歩きスマホは金次郎から学んだ必然の結果じゃ』 


ということで、金次郎も食べたかったであろう最近のメニュー。


 ハンバーグと人参

タマゴ焼き。ウインナー。餃子。白身魚の南蛮漬け。
豚肉一口ステーキ。ハム下敷きパスタサラダとチェリー。
切干大根。煮込みハンバーグと人参のグラッセとブロッコリー。
大根糠漬けと黒オリーブ。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


人 生 

老年と登山


 『でも、視野が狭く偏屈で厄介な年寄りも多々おるけどのう』 
16:56  |  ふと、、思ったりした。

2014.07.09 (Wed)

仕上げ

本当は、落ち込んでる、って言いたいんだよね 

  10407951_252601654934129_6614054801217022701_n.jpg

 『オチンコ出てどうすんじゃ?』 
 『変態マンガになりますわね。。私は好きですけど』 


ということで、落ち込んだ時はお弁当です。

チンジャオ

タマゴ焼き。ズッキーニの塩胡椒焼き。
エビフライ。餃子。ウインナー。鶏肉から揚げ。
ハム下敷きコーン入りポテトサラダとプチトマと葡萄。
切干大根。青ピーマンと牛細切りのチンジャオロース。
キュウリ糠漬け。小玉葱。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。



仕上げ

『神は細部に宿る』、とドイツ人の誰かが言いました。
そして細部をビシッと決めるのは日本人の得意とするところです。

パン


やっぱり細部の仕上げが大事だと思います  
16:54  |  こんな事あんな事

2014.07.08 (Tue)

コーヒー

     コーヒーと幸福
  『幸福は買えませんがコーヒーは買えます。
  両者はかなり近いと思います・・・』

   『まさに、じゃな』 



てなことで、本日のメニュー。

jikaseikannroni.jpg

タマゴ焼き。野菜の掻き揚げ。ウインナー。
鶏肉の照り焼き。ブロッコリー。ひじき。
ハム下敷きポテトサラダとトマト。
ホイコーロー(キャベツと豚肉の味噌炒め)。
青梅甘露煮醤油漬けと黒オリーブ。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。



似顔絵


実に似てはいますが、

似顔絵

 『これを渡すのかの?貰ってこの子は幸福かの?』 
 『ミルクコーヒーの方がはるかに幸福でしょうね・・・』
21:04  |  こんな事あんな事

2014.07.07 (Mon)

蕪とプラムのマリネ

ワールドカップもいよいよ4強です 

準決勝の2試合は、どちらも実質的に決勝な感じがします。

自慢にはなりませんんが当方はサッカーは良く分かりません。

せいぜい名場面集や総集編を試合後にネットで見るぐらいです。

素晴らしいプレーを見るのはそりゃ楽しいです。

でも野球の方がサッカーよりもまだちょっと分かります 




この子も家で応援カードを書いて来たのでしょう 

10437561_249625691898392_1440070164181726346_n.jpg

でも、上下のカード位置が逆でした 

 『人情と巨根を喜ぶのは別の方々じゃ・・・』 
 『まあ、、誰が喜ぶのかしら?



ということで最近のメニュー。

茶漬け弁当

って、こんなメニューだったら簡単でいいよなあ。。。  


こちらが本当です 

 幼稚園弁当

タマゴ焼き。スモークにしん焼き。餃子。
鶏肉の唐揚げ。エビフライ。ひじき。
ハム下敷き黒目豆のサラダと季節のチェリー。
ゴボウと人参とブロッコリーの炒め物。
キュウリ糠漬けと小玉葱のピクルス。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。



マリネ
20140705184011608.jpg

蕪とプラムのマリネです。
ちょうどプラムとかネクタリンの季節です。
蕪もトルコ・モロッコのスーパーに売っています。
両方を使ってマリネを作ります。

<マリネの漬け汁>
オリーブオイル、白ワイン酢or白バルサミコ、蜂蜜、レモン汁。
オリーブオイル:白バルサミコ=1:2
蜂蜜とレモン汁を好みで適量入れ全部を混ぜます。

<蕪とプラム(orネクタリン)>
1.蕪は皮を剥き8等分か16等分のくし型にカットします。
2.オリーブオイルを引いたフライパンで両面を焼き入れし漬け汁へ。
3.プラムは適当なサイズにカットしてそのまま漬け汁へ。
※作業時間10分。
そのまま全体が冷めれば完成。
食べるも良し冷蔵庫へ入れるもよし。


鶏肉のササミを両面焼いて漬けても美味しいです。
漬け汁は冷蔵庫で冷やすとオリーブオイルが凝固しますが、
常温に出しておけば溶けますから大丈夫です。
漬け汁には水を使いませんから長持ちします。
18:00  |  レシピ紹介

2014.07.05 (Sat)

ざる蕎麦

10492094_403303666474095_4075776606971681582_n.jpg


 『相手をよく見てから文句つけなあかんわな』 


というようなことで気がつけばもう7月です。
2014年もあっという間に半年が過ぎました。
これからは日が2分ずつ短くなって行きます。
でも、ラマダンの人々はまさに修行の真っ最中です。

んなわけで、蒸し暑い本日のマイブランチはザル蕎麦 
漬け汁には掻き揚げを浸しました。
刻みネギはベランダで育てたものです。
蕎麦の横に添えたのは煮豚チャーシューです。

 kakiagesoba.jpg

ザル蕎麦の漬け汁の作り方は、
水:醤油:みりん=4:1:1 で一度沸騰。
これに好みのダシの素を適量です。
戻した椎茸汁で作るのも深みが出ていいですね。
ともあれ誰でも3分で作れるものです 


それでは、ここ最近のメニュー。


久しぶりのメンチ

タマゴ焼き。メンチカツ。スモーク鰊。ひじき。
ウインナー。ハム下敷ポテトサラダとプチトマト。
キュウリ糠漬け。黒オリーブ。
煮物(大根・タコ・薩摩揚げボール・キクラゲ・エビ)。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。




オランダの南蛮漬け

pannharinku.jpg
パンハリンクという名で魚屋に売っています。
これは1.5ユーロでした。CPが実にいいのです。
おそらく数百年前にこれが日本に伝わり、
その後に日本風南蛮漬けが誕生したものと思います。
オランダの南蛮漬けはこれはこれでまた美味しいのです。
酒の肴にピッタリで、ご飯のおかずにも合います。

 『夏場の暑い時の酒の肴にいいのじゃ』


さて


時々お弁当をご注文頂く方から、
 「あれはどうなったのですか?」
という問い合わせがありました。
青梅甘露煮醤油漬けのことです。

あれは上手くできあがって美味しいので、
 『自分で食べておるのじゃ』

でも、近々お弁当にも入れてみようと思います。
11:41  |  こんな事あんな事
 | HOME |