Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.04.30 (Wed)

健全な無法状態

どうです?

国王の日。

楽しみました?

当方はヘルダランドプレーン界隈をチラッとうろつき、
その後はトルコ・モロッコ本部のあるウエストエリアの
Burgemeester de Vlughtlaanへ直行しました。

いやあ相変わらずのテンコ盛りの人人人です。
まるで京都の祇園祭り宵山並みの風景です。
延べ人数で軽く10万人は往来していたでしょうね。
このエリアは車道も歩行者天国にした方がいいでしょうね。
歩道で人があちこち詰まってしまい歩けない状態です 

去年は山盛りの ウォークマン が
2ユーロの投げ売り状態で人々が群がってましたが、
今年はカラフルな包丁セットが売り筋でした。
イタリア製包丁6本セット の綺麗な箱入りが、
路上のあちこちで6ユーロで売られていました。
もちろん人々は群がって買ってましたね。
当方もうっかり買おうかと思いましたが、
包丁ばかり増えても仕方が無いので冷静に断念。

しかし彼らはどこでこれらのブツを仕入れてくるんでしょう?
やはり仕入先がどこなのか興味がありますね。
怪しげなものが大量に売られているこの様相こそ、
『国王の日フリーマーケット』の本領発揮です。

でも、


 『この得体の知れ無さこそが、このエリアの素晴らしい点じゃ』 

 『人間の熱が感じられる良い意味の無法状態じゃわな』

ということで、無法ではない最近のメニュー。

140428.jpg

タマゴ焼き。鶏肉の竜田揚げ。オクラのタパス風。
餃子。ウインナー。鯖スモークのアッサリ焼き。
ハム下敷きポテトサラダと季節のイチゴ。
ひじき。きゅうり糠漬け。グリーンオリーブ。
モヤシ炒めと大根の田舎煮とポークグリル。
ごはんとノリタマふりかけ。


良妻と悪妻とその子供

1939607_371514376319691_6376231885284531773_n.jpg


 『辛いのう。。。』 


1907613_371668972970898_6237128436524350890_n.jpg


 『たまらんのう・・・』 


10320560_376885685782560_854102723934147767_n.jpg


 『ビックリじゃのう』 


さて、
キリバンもどなたかが無事踏んだようです。
踏まれた方、ぜひご連絡くださいね。
次のキリバンは190000です。
13:23  |  こんな事あんな事

2014.04.24 (Thu)

キリバン180000

イースターが終わって今週末は国王の日ですね。
なんとなく人心が浮ついている今日この頃です。

イエス・キリストが復活して昇天するまでは40日間でした。
あっちゃこっちゃに出現したと言われています。
要するにあちこちの弟子たちを励ましたわけでしょうね。
今は昇天までの40日期間の真っ最中なわけです。


 『だから何や?』
 『いや、別に…イエスも大変やったなあと』



もうすぐアクセスカウンターのキリバンが
180000 を迎えます 
ぜひキリバンを踏んでキリバン特別弁当をゲットしてください!

 『180000のキリバンをコピペして、
 メールでわしに送ってくだされば、
 キリバン弁当をお届けしますぞ』

ということで、最近のメニュー。


140106.jpg

タマゴ焼き。鶏肉の串焼き。エビフライ。
アスパラベーコン。餃子。ひじき。ウインナー。
スモーク鰊のあっさり焼き。切干大根。
チーズ下敷きマーボナス。きゅうり糠漬け。
小玉葱のピクルス。ごはんと黒胡麻。



  uisuki.jpg
ウイスキーのディンプルです。
DIRKⅢで19ユーロの特売でした。
もちろん美味しかったです。

 『そういう時は10本ぐらいまとめ買いしとき!』
 『いや、しかし、まあ、せやな』


数日してから買いに行くと、
既に正規値段の31ユーロになってました。

 『もったいない。すぐ買っておけば良かったものを。。。』
 『・・・・・・ほんまやわ。。。』 


最近のこと

お弁当をおとどけにあがると、

 『ブ、ブンタさんですか?』
 『はいそうです』
 『私、埼玉の浦和から来ました・・・』
 『は、はい』
 『ブンタさんのブログをずっと読んでました』
 『あ、これはこれは、ありがとうございます』
 『オランダに来てまだ一週間なんです』
 『ほ、ほう。そりゃちょっと大変ですね』
 『ブンタさんのお弁当が食べられるとは・・・』
 『思ってもみませんでしたか?』
 『は、はい。。。』

何だか言葉が続かないようでしたが、
とても喜ばれているようでした。

 『誠にありがたいことです。今後ともよろしくお願いします』
15:54  |  キリバン案内

2014.04.19 (Sat)

一連のキリスト行事

イースター の真っ最中です。

キリストは12月25日に処女のお母さんから生まれ、
その後いろいろとあちこち出かけたりして、
最後は十字架に磔となって亡くなった方です。


死んだかどうかキリストを槍で刺して確かめたた人がいますが、
そのときにキリストの血が飛んで刺した人の目に入って、
白内障だったその人の目が治っちゃったという奇跡があったそうです。

ま、それはそれ。
亡くなった筈のキリストは 三日後に復活 します。
それをイースターとして祝っているわけです。

でも、亡くなった人が蘇ると普通は怖いです。
キリストは復活と称されますが一般的にはゾンビと言われます。

蘇った日がイースターとされますから、
亡くなったはその3日前の金曜となります。
グッドフライデー とかゴッドフライデーとかいいます。

そのイースターですが、毎年日付が変わります。
春分の日の後の最初の満月の後の最初の日曜日がイースターです。
ですからキリストが亡くなった金曜日も毎年変わります。
キリストは 命日が毎年変わる けったいな方です。

復活したキリストが何をしていたのか知りませんが、
ま、しばらくの間あれやこれやと多忙な時を過ごしたと思われます。
そして 40日後にキリストは昇天 します。
『じゃあみんな、さよなら~』って感じです。
40日後と決まっているので曜日は 必ず木曜日 です。
今年の昇天祭は5月29日の木曜日です。
そこらの店が開催する商店祭じゃありません。
小天才という賢い子供のことでもありません。
キリストが天に昇ったという 昇天祭 です。


キリストがとうとういなくなっちゃって、
弟子たちが『あ~あ、行っちゃったぁ』と気落ちしてボンヤリしていると、
10日後に天から 聖霊 という怪しげなものが降りてきたのです。
弟子たちはビックリして『何じゃわりゃあ!』と叫びたかったでしょう。
でも聖霊たちはキリストの弟子たちを懸命に励ましたのです。
『お前たちの親分は天に昇ったけど次は残されたお前たちが頑張るんだ』って。
それが 降臨祭 です。
これは昇天祭の10日後の日曜日と決まっています。
で、弟子たちも一念発起して『おっしゃ!わしらも頑張るわ』
教会 をスタートしキリストの教えを人々に伝え始めるわけです。
これらが一連のキリスト祭りというわけです。

今はその復活イースター祭の真っ最中という日々です。

オランダ人が口実を作って休暇を取り出す時期の始まりでもあります。

ということで、グッドフライデーのメニュー。

1404188.jpg  1404188 (4)

ま、要するにイースターの象徴であるタマゴを入れたわけです 
餃子。茹でたまごのトリフソース。
コルドンブルーコロッケの味噌煮。
ウインナー。お豆さん。プチトマト。
ハム下敷き玉葱のスライスサラダ。
たくあん。黒オリーブ。ごはんとワサビふりかけ。
茄子と鶏砂肝の南蛮漬けor里芋とイカの煮物。


17:22  |  こんな事あんな事

2014.04.16 (Wed)

イースターの営業

こんな質問がありました。

 『今週金曜のグッドフライデーは営業してますか?』 

 『やっております。ガツンと注文してください』



そして、


 『イースターの月曜日は営業してますか?』

 『貧乏暇無し休み無し。ガッツリ注文してください』



ということで、

イースター開始の金曜から月曜まで、
何も変わらずいつも通りに営業してますので、
どうぞご注文ください。


自営業に休み無し!
20:48  |  お知らせ

2014.04.15 (Tue)

レストラン情報

久しぶりの外食は良かったですな。

De Houten Klaas

場所はBadhoevedorpです。

洋食居酒屋です。

店のすぐ近くに運河があって、
運河沿いに車が無料で停められます。

コースメニュ-は24ユーロで3コース。
これは年中変わらない定番内容のようです。

単品アラカルトメニューも揃っています。

周替わりの季節メニューもあります。
メニューは大きな黒板に書かれてあり、
テーブル席までガラガラ運んできてくれます。
今は旬の走りでホワイトアスパラ料理でした。

当方が頼んだは定番コースメニューで、
・魚介のラザニア風
・鴨足のコンフィ
・アイスクリーム

家内が頼んだのは季節メニューで、
・アスパラのスープ
・アスパラと魚の取り合わせ
・アイスクリーム


 『どれも美味しかった』

客筋は圧倒的に地元ファミリー層で、
店内スタッフは気持ちの良い応対でした。


ということで、気持ちの良いお弁当メニュー。


140314.jpg

サーモンのグリル。茹でタマゴ。
わんたん。鶏肉の黒甘酢。
タコサラダ。ひじき。ウインナー。
豚肉と茄子の中華風。たくあん。
小玉葱のピクルス。
ごはんとスキヤキふりかけ。


答案

10170771_228743903986571_7051667731592929772_n.jpg

 『こういう子が将来、何者かに育つのじゃろな』
13:43  |  ちょっと情報

2014.04.11 (Fri)

外食

さーてと、

久しぶりに外食でもするか。

場所:Badhoevedorp
店名:De Houten Klaas


 『明日にでも感想を綴ろうぞ』


ということで、最近のメニュー。

140404.jpg

タマゴ焼き。アスパラベーコン。餃子。
豚肉の巻物。チキンメンチの味噌煮込み。
ハム下敷きホウレン草の炒め物とプチトマト。
ひじき。きゅうり糠漬け。小玉葱のピクルス。
チーズ下敷きナスと豚肉とズッキーニの中華風。
ごはんとスキヤキふりかけ。
15:00  |  こんな事あんな事

2014.04.03 (Thu)

バカボンの言葉

いい陽気が続いています 

でも週末からは雨天です 

こんな陽気ならずっと続いて欲しいですよね 

ということで、最近のメニュー。

tairyou.jpg

タマゴ焼き。スモーク鯖のじっくり焼き。
コルドンブルー(チーズを挽き肉で挟んだコロッケ)。
ズッキーニの塩胡椒焼きトリフソース。
ハム下敷き黒目豆とコーンとキュウリのサラダ。
ウインナー。たくあん。子玉葱のピクルス。
ひじき。餃子。ポテトと人参と豚肉のブレゼ。
ごはんとスキヤキふりかけ。



天才バカボンの言葉


10151817_366487483489047_1713168150_n.jpg

なかなか鋭い指摘です 

この節で行くと、

 『わしゃ午後5時過ぎじゃわ』


そして人生の不条理としてこう思うのです。

<肉体エネルギーと経済力と時間の相関関係>

若き10代20代の熱き青年時代は、
 エネルギーと時間はあるのに金が無い。
そして30代以後の勢いある中壮年時代は、
 エネルギーと金はあるが時間が無い。
そして60歳を越えた落ち着いた老年となり、
 金も時間もあるのに、既にエネルギーが無い。

なんと人生は理不尽であろうか。。。

16:24  |  こんな事あんな事

2014.04.01 (Tue)

パンツ

  uraniwakoen.jpg

裏の公園で、
敷物を敷いて親子が遊んでいます。
ブランコに乗ってる子もいます。
あたたかく天気の良い日が続きます。
日本より一足先にオランダでは桜が咲きました。

時節柄、

帰国の方や転勤の方が多い今日この頃です。

せっかく知り合いになれても、

この時季は別れのシーズンです 

でも、出張とか懐かしの思い出旅とかでオランダに来られる際は、

お弁当のご注文をお待ちしております。


 『宿泊先ホテルへも配達しますぞ』

ということで、最近のメニュー。

omuretubento.jpg

オムレツ。鶏肉の照り焼き。
餃子。エビフライ。ウインナー。
スペイン産ししとうの塩胡椒焼き。
ポテトサラダ。ひじき。
キュウリ糠漬け。黒オリーブ。
竹の子と豚肉とオクラの炒め物。
ごはんとスキヤキふりかけ。


見る

という英単語にはいくつかあります。

使い方や意味合いには次の違いがあるとのことです。

見る


さて、パンツと言えば京都の宝ヶ池です。

五山の送り火の一つに『妙法』があります。
左京区にあるその『妙法』山の裏手が宝ヶ池です。
国際会議場やホテルもある風光明媚な場所です。
池ではボート遊びもできますし池周囲を
ジョギングで走る人も結構多いです。

学生時代の夏。
先輩と真夏の深夜にこの宝ヶ池へ出向き、
人生や将来をああだこうだと青い話をしながら
ゆっくりと池の周囲を歩いて散策しました。

ふと前方の木の枝に何か白い物が下がっています。
下がっているというか枝にかけてあるというか。


 『先輩、あの白いの何すかね?』
 『ん?ほう。何やろな?あんな所に』
 『あれ、パンツちゃいますかね?』 
 『ちゃうやろ。あんな所に、、、』 


と近づいていくと

 『あ、パンツじゃ!』 

真っ白な女物の下着のパンツでした。
枝に垂れ下がった状態で時々風に揺れてます。

驚きとともに不思議な空気が流れ、
二人でそこら周囲を見渡しました。

 『これは、、、何があったんすかね?』
 『さあ。。。しかし、想像力の膨らむシチュエーションやのう・・・』

今でもたまにふと思い出します。

 『ありゃ何があったんじゃろ?』
13:56  |  こんな事あんな事
 | HOME |