Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.02.26 (Wed)

素晴らしい指摘

大変いい話があったので全文を紹介します。



<声楽家・高田正人氏>

出遅れたけど真央ちゃんのフリーは素晴らしかった。
ショートが終わった時は真央ちゃんが呆然と悲しそうな顔をして立っているのを見て、
胸が張り裂けそうな思いで一杯だったけどフリーで圧巻の演技が見られて良かった。
演技が終わった瞬間感極まって泣いてしまった真央ちゃんと
一緒に泣いた日本人も多い事だと思う。
最後にあんな良い表情の真央ちゃんが見られて本当に良かったと思う。


オリンピックの舞台に立つというのはどのような気持ちだろう。
日本代表として舞台に立つのは想像を絶するプレッシャーだろう。

僕は17歳の時から20年以上も歌を続けているけど、
世界はおろか日本で3本の指に入った事すら1度もない。
大学からずーっと順位をつけられ続けるという世界に僕たちはいるけれど、
例えば学年で何位とか研修所の同期で何位とか、その年のコンクールで何位とか、
そういうものと「その世界の全ての日本人の中」で何位というのは全く次元が違う。


例えばジャンプの葛西は7回目のオリンピック。
7回目という事は28年間日本3位以内に君臨しているということだ。
28年間、彼を超える次世代ジャンパーがいないということだ。
それぞれの年の1位たちも彼を超えられず、41歳の彼に今もまだ勝つことのできない
何千という若きジャンパーがいるということだ。
オリンピック代表とは確かに何十年かに一人の天才の集まりである。


***


毎度フィギアの大会になると、キム・ヨナの点数はおかしいとか、
審査がイカサマとかいうネガティブキャンペーンが始まるけれど、
ああいうのは本当に気分が萎える。もう沢山ですという感じ。
ご丁寧に画像やイラストまでつけてこの採点はおかしいとか、
エッジの傾きがどうだとか、簡単なジャンプで逃げて云々、とか、
しまいにはブスなのに、とか、まぁどれだけ暇なのか、、、
真央ちゃんを応援するのは大いに結構だが、
そこから転じて他の国を罵倒するような尊大な愛国心はどうも苦手だ。


真央ちゃんに罵声を浴びせる韓国人もいる一方で、
こんかい真央ちゃんが転んだ時に客席のロシア人がそれを嘲笑したことに対し、
怒りの声をあげて抗議してくれた韓国人もいる。
どこの国にも良い人も悪い人もいる。


僕は今回のキムヨナの演技も素晴らしいと思ったし、
ソトニコワの演技もそれはもう素晴らしく、敗れたキムヨナも清々しい顔をしていた。
キム・ヨナは、「真央の涙に自分も込み上げてくるものがあった」とコメントを出し、
真央ちゃんも、「キムヨナは私の人生にとって良い思い出」とコメントを出した。
こういう競技者たちの友情や尊敬の気持ちがイカサマ云々で蔑ろにされてしまうのが悲しい。
ネガティブキャンペーンを張る人たちは、
氷上の彼女たちの輝いた顔を見て恥ずかしくないのだろうか。


では、(今回の話とかではなく)、100歩譲って不正が少しあったとしよう。
でもさ、そもそも世界というのは不公平なものなんじゃないのか。
人間が(芸術や美しさなどの)目に見えないもの点数をつける以上、
そこには何らかの主観が入り込んでくるし、公正なジャッジと言っても
なかなか難しい部分もあるだろう。もちろんイカサマだってあるかもしれない。

僕たちも海外のコンクールで明らかに1位では無い歌を歌っている人が
1位になっている結果を何度も見てきている。

「日本は不公平な国だ、評価が偏っている!」と言ってヨーロッパに行った先輩が、
数年後にイタリアで会ったら、「イタリアはもっと偏っていた」って言っていた。

世界どこに行ったって、地元の人間を勝たせたい、自分の生徒を勝たせたい、
そういう理由で偏ったジャッジが下されることは多々ある。

サッカーのアウェイではこちらの反則はすぐ取られ向こうの反則は見逃される。
小さな町に行けば審判がお金で買収されていることもある。
それはもちろん不公平だ。でも、それはどこに行ってもある事なのだ。

世界というのは『平等に不平等なもの』なのである。

大体小学校の頃から可愛い子や頭の良い子は先生に贔屓されてたじゃないか。
カッコいい子や足の速い子はそれだけで女の子にモテてたじゃあないか。
そこで理不尽や不平等なんてとっくに学ぶべきなのだ。


不平等なこの世の中でどう生きるか。
その不平等な世界の中でどう咲くのか。

その力を持っている者だけが残っていくのだという事である。
咲くものはどんな条件の中でも必ず咲く。

環境やジャッジに文句を言っている人というのは一生文句を言い続ける。

短い人生において無駄な時間を生きるのは勿体なさすぎる。
真央ちゃんやキムヨナがジャッジに文句を言っているのを見たことが無い。
自分の演技への悔しさは語るけれどそれは自らへの悔しさであって判定への糾弾ではない。
そしてその目はもう次に向いている。
でなければ一晩寝ただけであんな演技はできないだろう。
僕たちの世界だってそうだ。
コンクールで負けました、オーディションに落ちました、
それをジャッジのせいにしている人はずーっとそこから抜け出せない。
たとえそこに不正があったとしてもだ。

僕の周りにも、「日本はさー」「二○会はさー」といつでもぶちぶち言ってる人がいるけど
そういう人はたいてい売れない。

次を向く事、明日を見る事、不正があるのなら
その中でどうやったら力を出せるのかを考える事。
文句の前に動くこと、努力を続けること。
それができる人だけが残っていくのだと思う。

あのオリンピックの氷上にいる人たちはそういう人たちだと思う。

それは良い人とか悪い人とかではなく、生きて行く力の問題だと思う。

ネガティブキャンペーンをする人たちに嫌な気持ちになるのは、
その人たちの生きて行く力の弱さを見たくも無いのに見せられるからだ。
人の事を言っていても自分の事を言っていても同じ。
その場所で生きて行こうと決めたなら文句を言う間に進むこと。
世界を輝かせるのは自分なのだという事。

改めてそんな事を考えさせられたオリンピックフィギュアだった。

<以上、高田氏のブログから引用>



 『ジャンルは違うとはいえ同じ競技者からの鋭い視点じゃの』
17:48  |  こんな事あんな事

2014.02.24 (Mon)

ビックリしたこと

人には、

出会いがあれば別れもあります。

 『会うは別れの始まりと言うじゃろ』

そして、

別れがあれば再会もあるわけです。


驚くようなことが昨年末の帰国中にありました。

と、その前に最近のメニューをどうぞ。


200214.jpg

タマゴ焼き。ウインナー。ニラ餃子。
ミートボール北欧風ホワイトソース。
ハム下敷き黒目豆とセロリのサラダ。
リンゴ。エビフライ。切干大根。オリーブ。
薩摩揚げエスニック風。カボチャの煮物。
たくあん。ごはんとマサゴと黒胡麻。


東京

では、いつも上野御徒町近辺で泊まります。
成田へ向かうのに京成成田が便利だからです。
上野駅と御徒町駅の間にアメ横という商店街があります。
年末の買出しで人々の喧騒で賑わっています。

30日に新宿で人との待ち合わせがあったので、
地下鉄にするかJRにするか考えながらホテルを出ました。
天気がいいのでJRで風景を見ながら行こうと思い、
でかい上野駅ではなくコンパクトな御徒町駅へ向かいました。

御徒町駅近くに松坂屋があります。
その前を駅に向かってスタスタ歩いていたその時です。
突然、『あ、ブンタ!』という声が聞こえたのです。
人々の喧騒の中でブンタという単語が耳にひっかかりました。

 『ん?いまブンタと聞こえたような』 

歩みを止め振り返ると男性が一人立っていました。
リュックを背負ったふっくらした顔がこちらを見ています。
ニコニコと満面の笑顔が何気に見知った顔です 
頭脳が素早くフル回転し思い出し作業を開始しました。

ブンタを知っているのだからオランダ在住経験者であろう。
全体的に年齢はほぼ当方と同じぐらいの容貌容姿。
はて、この見知った顔は、、、もしかして。
ここまでの頭脳作業がコンマ1秒ほどで終わった時に先方が、

 『久しぶり。地水です』 
 『ああ、ち、地水さん!』 

ほぼ10年ぶりの邂逅でした。
まさかこんな場所でこんな時に出会うとは思いもしなかったので
何から口にしてよいか分からずまじまじと見つめてから、

 『地水さん、こんなところで何をしてるんですか?』 

と何とも気の利かない言葉が口から出ました。

 『年末なので散策がてら買い出しでアメ横に出てきたんです』 

この地水さんという方は、
当方が食堂を開店した95年にオランダに赴任されて来た方でした。
会社のオランダ支店を立ち上げるために赴任したのです。
当方の店の開店と同時に超常連客になった方でした。
最初から面白い人で、こちらが何も尋ねもしないのに、

 『明日から帰国します。3月22日に戻ってきます』

自分の出張日程をわざわざ報告しに来るのです。
そしてオランダに戻って来たら来たですぐに、

 『お土産です。薄皮饅頭です』

お土産持参で戻り報告をしてくれるのです。
しばらくは店のメンバーで薄皮さんと愛称で呼んでいました。

当方の店にすっかり慣れ親しんだ地水さんは、
「厨房を貸してください」と言って牛丼を作ったりしてました。
麻雀が大好きで閉店後は夜遅くまで一緒に店で麻雀をしました。
会社のカレンダーがとても綺麗で毎年数本頂戴しました。
娘さんが二人おり当方の家内がその一人を家庭教師しました。
その娘さんも今は公務員になったとのことです。
親戚一同がオランダにやってきたときは小型バスを借り、
当方がガイド役でご案内したこともありました。

 『ブログを見てるのでブンタさんが帰国中なのは知ってましたよ。
  まさかここで会えるとは思いませんでしたよ(笑)』 


近くの喫茶店にでも入ってあれこれ話をしたかったのですが、
新宿での先約があったので残念ながらそれはできませんでした。

それにしても、予想もしなかった場所で、想定もしなかった人との再会があると、

 『人は何から話していいのか分からんくなるものじゃで』 



その地水さんから過日メールが届きました。
『もうすぐ定年ですが、再雇用が決まっているのでサイコーヨ』
相変わらずダジャレは冴えているようでした。
16:37  |  こんな事あんな事

2014.02.21 (Fri)

価値観

その国、その文化、

その民族や置かれている境遇、

それらによって価値観は違うものです。

『真善美が人生の価値だ』などとカント先生は言いました。


これが本当の価値観だ、などと、

何だか立派そうな賢そうで偉そうな人に言われても、

 『ほんまかいな?』

と思いますし、

そんな難しいもんかいな?とも思ってしまいます。



価値観
    ここではこれが最高なんです。


もし辺鄙な海外暮らしをする日本人が、
こんな感じでお弁当を差し出されたら、、、


 『そりゃ、泣けるじゃろな』

ということで、価値のある本日のメニュー。

180214.jpg

タマゴ焼き。ウインナー。野菜餃子。
白身魚のフライ。鶏肉の串焼き。
ハム下敷き黒目豆とセロリのサラダ。
リンゴ。切干大根。キュウリ糠漬け。
甘酢生姜の天婦羅。ホイコーロー。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。
19:29  |  こんな事あんな事

2014.02.20 (Thu)

その一瞬

ソチオリンピックのスケート。

オランダも日本も頑張ってます。

日本の男子金メダル、立派なモンです。

それにしてもフィギアスケートって、
回転時の圧力ってのは凄いんですね。


変貌

もはや別人です。下にいたってはまるでオカルトです。


女子だって負けてません。

  まお
             誰か私を呼んだかしら?


  まおま
             誰も呼んでないわよ!



でも、圧力で顔が曲がるならまだしも、
バランスに負けるともう最悪です。

落下
彼女はこのあと大丈夫だったのでしょうか?
胸から落下した衝撃で背中が90度以上曲がってます。
男性がプロレスのブレーンバスターを決めたように見えます 


 『戦いの世界は厳しいのう・・・』


顔が曲がった場合も落下した場合も、
辛い時にはやはりお弁当ですね
 

ということで、辛い選手に食べて欲しい最近のメニュー。

170214.jpg

タマゴ焼き。エビフライ。野菜餃子。肉団子。ウインナー。
ハム下敷き黒目豆とセロリのサラダとプチトマト。切干大根。
チーズ下敷きイカと芽キャベツと人参と玉葱の味噌炒め。
キュウリ糠漬け。ピリ辛ニンニク。ごはんと黒胡麻。


パーフェクト

スタイル ←クリックで拡大

拡大図でみてください。
人は幼児期で既に完璧なアスリートの姿なのです。
成長に従いあちこち変調をきたすようです。

 『年を取れば適度な運動が大事じゃな。適度な』
18:49  |  こんな事あんな事

2014.02.17 (Mon)

貧乏暇有り

ここ2週間ほど、

風邪ひいている人が多いですね。。。

天候不良が大きな原因でしょうね。

風邪で調子悪い時は寝るに限ります。

作家の池波正太郎先生に言わせれば、
風邪をひいているときは、


 『風呂に入っても背中を流さないこと。
  背中の油分を流すと風邪が治りづらい』


ということだそうです。

そして  に言わせれば、


 『まあ、うちの弁当を食えばええじゃろ』

ということで、本日のメニュー。

170214.jpg

タマゴ焼き。エビフライ。肉団子のトマトソース煮。
ウインナー。野菜餃子。切干大根。ピリ辛にんにく。
ハム下敷き黒目豆とセロリのサラダ。プチトマト。
チーズ下敷き芽キャベツと玉葱とイカの味噌炒め。
キュウリ糠漬け。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。



しかしまあ

『貧乏暇無し』と言われますが、
暇が無いほどジタバタするのは、
考えようによってはまだ結構なことです。

日本では二八の2月8月は暇な時節ですが、
オランダでは2月は普通に多忙なのですが、
今年は例年ほどでもなく、
『貧乏暇有り』という感じです。

ということで、
皆様からのご注文をお待ちしております。


 『なにとぞ、よろしゅうに』 

高速土下座 たのんます。たのんます。たのんます。たのんます。。。
18:52  |  こんな事あんな事

2014.02.16 (Sun)

生物

今日のお弁当の配達先で、

 『ブンタさんのブログを主人が好きなんです』

とのお言葉を頂戴しました 

実に嬉しいことです。


 arigato.jpg


 『ご主人は若くして世の道理を熟知しておる。
  きっと会社で出世するであろうぞ』


ということで、本日の晩酌メニュー。

 bannshaku.jpg

豚肉と芽キャベツの味噌炒め
・豚三枚肉は茹でてから一口サイズにカット。
・芽キャベツは半分に切って油で素揚げ。
・甘味噌をフライパンに適当に作って全部を投入しからめる。


皿に盛り付けておいしく頂く。
赤ワインで晩酌。



生命体

人類みな兄弟といいます。

生きとし生ける物、

大切なことは慈しみあい。



 11218_10151645009073994_1650533931_n.jpg


 『世の生物の何が違うと言えようか』
18:09  |  ふと、、思ったりした。

2014.02.15 (Sat)

けったいな

格安ショップのACTIONで買ったコードレスマウス。

最初は調子良かったけどもう不具合。。。 

さっそく返品に行きました。

お金もすぐ返してくれました。

多分たくさん返品があったからでしょう。

数日前にお薦め商品でここにアップしましたが 

 『買ったらあかんで』 


とはいえ、買った方がいい最近のメニュー。

130214.jpg  1402141.jpg

<左>
タマゴ焼き。餃子。ウインナー。メンチカツ。
スモークにしん。切干大根。プチトマト。
フリカンドル下敷き黒目豆のサラダ。
キュウリ糠漬け。昆布の佃煮。
チーズ下敷きパプリカとマッシュルームと
芽キャベツの炒め物と豚肉の生姜焼き。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。

<右>
タマゴ焼き。野菜餃子。鶏の串焼き。
春巻き。ウインナー。スモークにしん。
ハム下敷き紫玉葱とサキイカのサラダとリンゴ
煮豆。キュウリ糠漬け。ピリ辛ニンニク。
マーボー茄子豆腐と芽キャベツ。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


しかしまあ

日本は大雪でオランダは強風と雨。
どうしちゃったんでしょうね。

もしかして地球の地軸に変動でもありましたかね?
全体的に地球が少し動いたとか。

で、東南アジア側が北に向かって緯度が上がり、
反対側の欧州は南に向かって緯度が下がったとか、、、

で、北へずれた日本は予期せぬ豪雪に見舞われ、
南へずれたオランダはさっぱり寒くならず、
地球変動の影響でオーロラが良く発生し、
南へずれて南極に近づいた南米に雪が降るとか。
アラブや砂漠地帯に四季が訪れたりするとか。

 『ま、そんなことは無いじゃろと思うが・・・』
 『けったいね天気ですよねぇ』
16:30  |  ふと、、思ったりした。

2014.02.12 (Wed)

お開き

イギリスにある日系企業が東京本社の会長を迎え
ロンドンで社員全員の懇親パーティを開催しました。
会長はかなり高齢でイギリス訪問は初めてです。

多くの現地社員の出迎えに会長はたいそうご満悦です。
社長挨拶に続き通訳つきの会長スピーチがありました。
そして乾杯となって立食パーティは盛り上がりました。
現地イギリス社員が会長とツーショットを撮ったりします。
会長はたいそう興奮し嬉しくて仕方ないという姿です

2時間ほど経過し秘書が会長に言いました。

 『会長。そろそろパーティもお開きにしたく・・・』
 『おお、そうじゃな。もうそんな時間か』
 『はい。社長に締めて貰いましょうか?』
 『いや、わしが一言挨拶をして終わりにしよう』
 『では、さきほどの通訳を呼んでまいります』
 『パーティ終了ぐらい通訳無しで言える。大丈夫じゃ』
 『かしこまりました。それではお願いします』


秘書がマイクを会長に渡しました。

会長の頭の中ではこのようになっていた筈です。


 『えーみなさん。今夜は大変ありがとう。
  これで懇親会もお開きにしたく思います。
  ありがとう』


ですが、
会長の口から出たのはこのような英語でした。

Ladies & Gentlemen.
Thank you very much tonight.
I am very happy with you.
Now our party is OPEN !
Thank you so much!!』


 『げ!今から始まりかよ』 

全員ドン引きでした。
17:32  |  こんな事あんな事

2014.02.11 (Tue)

ちょっと驚く映像

花火のことです。

夜空に大輪の華を咲かせる夏の風物詩です 

これを昼間にやったらどうなるか?ということです。

 『普通に花火が見えるのとちゃうんか?』
 『それが違うんじゃ』

夜だからこその、あの大輪の火の光です。

燦々たる太陽の日の光の下ではどうなるのか?

夜には見えない部分が見えて想像を超えます。






 『驚きの結果ですねえ』
 『見ればなるほどなあと思う』
18:44  |  こんな事あんな事

2014.02.10 (Mon)

晩酌メニュー

スカッとした天気が欲しいですよね。


ということで、スカッとしたメニュー。


140210.jpg

タマゴ焼き。餃子。鶏肉の串焼き。
煮込みハンバーグ。ウインナー。
ハム下敷きペンネのサラダとリンゴ。
キュウリ糠漬け。ピリ辛ニンニク。
マーボー茄子と芽キャベツ。ひじき。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。
 

晩 酌

今夜の晩酌メニューはこちらです。

タコの唐揚げ。
平茸の天婦羅。
マグロとサーモンの刺身。

イタリアの赤ワイン。
ビールやらウイスキーやら。

月曜からよい気分でスタートです。


 『日本は建国記念日じゃし』  
18:38  |  こんな事あんな事
 | HOME |  NEXT