Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2014.01.30 (Thu)

キックボクシングと剣道

一仕事終えた人へのご褒美は、
さらなる仕事を与えることである
 

 『でも、ちょっとは休みたいけどな』


ということで、貧乏暇無しで頑張る本日のメニュー。

140130.jpg

タマゴ焼き。エビフライ。ウインナー。
煮込みハンバーグ。餃子。ひじき。
ハム下敷きパスタサラダとリンゴ。
炒め物(ポテト・人参・芽キャベツ・豚肉)
たくあん。オリーブ。ごはんと黒胡麻ふりかけ。



朝食
donburi.jpg
名づけて残り物丼です。
お弁当のおかずで残ったものを載せただけです。
おかずの最終味見の意味もあります。
でも、こんなのが美味しいもんですよね
 


昨夜

夜に知り合いのキックボクシングジムを訪問しました。
  spa.jpg
ジムが引っ越して新しくオープンしたので視察を兼ねてご挨拶です。
左側のスリナム人がジムのオーナーでルシアン・カルビンという方です。
知るひとぞ知る方でキックボクシング界では世界的に超有名人です。
若手を相手にスパーリングしてパンチを教えているところです。
このルシアンさん。御年62歳です。今年63歳になります。
ごく普通に20代の若手を相手にスパーリングし指導します。
視力が両目とも5.0あるとのことです。

この方のある日のスパーリングコーチシーンがこれです。



この映像は日本のキックボクシング関係者にかなり影響を与えたようです。



さて、ジムからの帰り際です。
隣のスペースから「えーっい!」と声が聞こえます。
  
何となく日本風な掛け声に聞こえます。

部屋を覗いて見ると、剣道でした。
それも模擬刀剣を使ってやっています。
上下素振り、の後で、左右素振り?をやっていました。


kendou.jpg

まさに剣道の服装で微妙なやる気を感じました。

 『オランダ人も・・・色々とやっとるわ』
17:42  |  こんな事あんな事

2014.01.29 (Wed)

車のウォッシャー液

気温が下がってきましたね。

ここ2年の記録を見ますと、
2月にドカンと雪が降っています。

そりゃ気温が下がれば、
雨が雪に変わるのは当然で、
山下達郎のクリスマス曲の歌詞の通り♪、
雨は夜更け過ぎに雪へと変わるわけです。

気温が下がると車のフロントガラスを洗う
ウォッシャーの水が凍ってしまいますね。
夏場ならウォッシャーの補給は水や石鹸水で大丈夫ですが、
単なる水だと冬の氷点下では凍ってしまい不具合が発生します。

ですからこれから急に寒くなる2月を迎える予防として
凍らない 『ウォッシャー液』 を補充しましょう。


ということで、ウォッシャー液無縁の最近のメニュー。

shiokara.jpg

タマゴ焼き。ウインナー。肉団子。餃子。
鶏肉の照り焼き。ハム下敷きポテトサラダ。
サラミ下敷き芽キャベツの素揚げと塩辛。
ひじき。キュウリ糠漬け。フェタチーズ。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


ウォッシャー液

車に関するこういう類のものは、
PLAXISやGAMMAや車部品店やガソリンスタンドにあります。

でも11月中旬頃からはDirkやAHやLIDLなどのスーパーでも
季節物製品として販売されます。

windshield-washer-fluid-28171084.jpg

こんな感じの容器に入った青色液体を見た方も多いと思います。
これが車の『ウォッシャー液』で5ℓ3ユーロぐらいで売られています。
-25度とか-35度とかラベルに表示されており氷点下でも凍らないのです。
北海道では-50度というのも販売されており、まさに不凍液なのです。
凍らないフロントガラスウォッシャー液なのです。

これを車のウォッシャー補充口から補給しておくわけです。
水で薄めて補充しても問題ありません。
薄めればもちろん不凍の耐寒温度は変化します。
-25度の製品を半分水で薄めれば-12度になります。
何だか面倒ですから薄めずそのまま補充しましょう
 

 『今朝、車に残ってるウォッシャーの水を出し切って、
 この不凍ウォッシャー液を満タンに補充してやったわい。
 これでいつ氷点下になっても凍らないし安心じゃ』


不凍ウォッシャー液の利点は、
フロントガラスが氷点下で凍ったとしても、
このウォッシャー液が溶かしてくれることですね。
16:29  |  ちょっと情報

2014.01.28 (Tue)

励みになるダイエット画像と言葉

クリックして是非みてください。

励みになるダイエット画像です。
  ↑クリック

それも励みになる言葉もついています。
だいたい1年から3年ぐらいでこのように変貌するようです。
素晴らしいじゃないですか 

 『まっこと、納得の言葉ばかりじゃ』

とは言いながら、こちら本日のノンダイエットメニュー。

140128.jpg

タマゴ焼き。肉団子。餃子。ウインナー。
鶏肉の照り焼き。ハム下敷きポテトサラダ。
煮物(ちくわ・大根・人参・ブロッコリー)。
キュウリ糠漬け。ギリシャフェタチーズ。
ひじき。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


昨日、今日と大根の煮物を作りましたが、
昨日は黒糖を使って静岡オデンのように黒く仕上げました。
黒糖を使うと少し匂いも味も香ばしくなりますね。
今日は普通の砂糖を使いあっさり色に仕上げました。



サンドバッグ

ボクシング練習で使われる天井から吊り下がっているあれです。
でもサンドバッグだからといって中に砂は入っていません。
砂なんかビッシリ入れたら岩石のようなものですから大怪我します。

サンドバッグの中に入っているのは布のボロ切れや綿です。
それらを丁寧にびっしり詰め込んだのがサンドバッグです。

吊るされたサンドバッグを相手にして、
選手は色々イメージして叩きパンチ力を磨くのです。


じゃあ、もっと豊かなイメージを湧かせよう。
このような考えでできたのが次のようなものです。


  サンドバッグ人形 ←クリックで拡大

どうです。不気味ですか? 

これは人型サンドドバックです。
プロが使っているものです。
顔が何となく日本人っぽいのが笑えます。

しっかりした作りで蹴っても殴っても倒れません。
175cmほどの高さがあります。
これを相手に殴るとかなりストレスが解消します 

 『知り合いのジムでこれにパンチを叩き込んだら楽しかったわ』


そして最新バージョンが登場しました。

  47666_675167789172758_1413532001_n.jpg

画像をクリックし拡大して見てください。
左側に並んでいる黒人ファイター・・・って、
これはズラッーと人型サンドバックです。

それも腕や足の関節が自在に動く等身大です。
練習でますます攻撃イメージが湧くではないですか。
ボクシングばかりかキックボクシングや空手にもOKです。
苦手なディフェンス態勢をこれにとらせて自分が攻撃する。
実にイメージ豊かに練習できていいじゃないですか。
スパーリングパートナーがいないときなど格好の練習材料です。

 『どんな分野も、日々刻々と成長しておるのう』
14:40  |  こんな事あんな事

2014.01.27 (Mon)

客人は・・・

朝方にはもの凄い雨が降りましたが、
窓に当たる音が大きいので見るとアラレでした。
裏の公園は真っ白になってしまいました。

フローニンゲンのある北西部では
昨日は雪が積もったようです。

もしかして例年のように大雪が突然来るかな?
年に一度か二度の大雪が今年も来るかな
                    

 『注文の多い日に雪が降ると実に厄介でのう・・・』 


ということで、本日の厄介では無いメニュー。

140127.jpg

タマゴ焼き。鶏肉の照り焼き。餃子。
シュニッツェルの味噌煮込み。ウインナー。
サラミ下敷きポテトサラダ。ひじき。プチトマ。
煮物(大根・人参・ブロッコリー・薩摩揚げ団子)
たくあん。芽キャベツの素揚げ。ごはんと黒胡麻。





今日は午後にお客さんでした。
このお二人です。
taiyaki.jpg
そ。店を訪問された方も多いでしょう。
鯛焼き屋さんのカップルです。
お店はアンネ・フランクハウスの近くです。

年末に日本に里帰りしていた奥さんが、
お土産を持ってきてくれましたので、
我が家で一緒に昼ごはんを食べました。
いつもいつも明るく元気で気持ちのいい奥さんです。
ドイツ人のご主人も聡明で物分りのいい青年です。

ああでもない、こうでもないと、
色々と今後の事業展開やら夢やらを語り
あっという間の2時間ちょいを過ごされました。

今のお二人は当方が23年前にオランダに移住した時と同じ年齢です。
これから先まだまだ色々なことがやれる年齢です。

元気に笑顔で帰られました 

みなさんも街中へ行ったなら鯛焼き屋さんに寄ってくださいね。


 『楽しく発展してもらいたい』
17:34  |  こんな事あんな事

2014.01.26 (Sun)

御聖誕

だからどうだというわけではない。

1月26日というのは偉大なる日である。


 『わしの誕生日じゃ』


みなさんからのお祝いと激励のお言葉、


  arigato.jpg


今後ともなお一層、努力し頑張ります 
15:13  |  こんな事あんな事

2014.01.25 (Sat)

オイスターの水煮缶で牡蠣飯

勝利も敗北も知らない人間より、
どちらかを知っている人間の方が、
はるかに素晴らしい <ルーズベルト>


 『ルーズベルトも中々ええこと言うとる』


ということで休日はこれです。

かき1

オイスターの缶詰です。
それも水煮です。

オイスターは薫製の缶詰が日本でポピュラーですが、
水煮のオイスター缶はあまりないのです。
それを偶然スーパーのDirkで見つけました。
魚の缶詰コーナーにさりげなく並んでいます。
一つ3ユーロ弱だったはずです。

蓋を開けると、

かき2

こーんな感じで身が入っています。
白濁した水分はもちろん濃厚牡蠣エキスです。
身はもちろんこのまま食べられます。
しかしせっかくなので牡蠣飯を作りましょう。

ザルを使って身とエキスを分けます。
かき3
15個ぐらいの身が入っています。
エキスは米を炊くときに使います。



<作業方法>

①米3合を研いでザルで10分ほど水切りしておきます。

②そのあいだに、取り分けた牡蠣を軽く煮付けておきます。
 醤油:味醂:牡蠣エキス=大匙2で1:1:1で沸騰させ、
 牡蠣身を入れて軽く煮付けて冷まします。
 あまり煮過ぎず身が少し縮む程度でOKです。

③釜に米3合と残りの牡蠣エキス全部と①の煮汁を加えます。
 そして水加減を3合ラインより1ミリほど上にセットします。
 ゴボウや人参やなども入れると中々いい感じです。
 牡蠣の身はここでは入れません。

④炊き上がったら牡蠣をご飯の上に載せ再び15分ほど蒸らします。

⑤ざっくりと混ぜて美味しく頂きます 



 『簡単。美味しい。ほんと』
14:39  |  レシピ紹介

2014.01.24 (Fri)

人違い。。。

現代の諺


『石の上に3年。家の中に3年』
  日本で流行の自宅警備員ね 


『井の中の蛙、大海を知らずとも世間で結構通用する』
  世の中はそんなもんじゃ 


『泣きっ面にスズメバチ』
  めちゃくちゃ痛いな 


『壁に耳あり、クロードチアリ』
  はあ? 


ということで、諺無縁の本日のメニュー 


140124.jpg

タマゴ焼き。シュニッツェルの味噌煮込み。
肉団子。鶏の唐揚げ。しゅうまい。ウインナー。
ハム下敷きマカロニサラダとプチトマト。
ひじき。たくあん。オリーブのバルサミコ漬け。
白身魚のバター焼きクリームソースがけ。
ごはんと海苔タマ。


年末に8

地元のデパートに買い物に行った帰りのことです。

デパートを出て注意深く雪道歩道を歩いていると、
前方からもゆっくりと70歳ほどの女性が歩いてきます。
だんだんと互いの距離は近くなります。

互いの顔が認識できるようになったそのときです。
その女性は突然、はっ! という顔をし、
手袋をはめた手で口を隠し急に立ち止まり、
一歩後ろへ下がってそのまま固まったのです。

その突然の振る舞いに当方も、おおっ! と自然に反応し、
デパート前の路上でお互いに顔をまじまじと見つめあう態勢となったのです。

な、なんなんじゃこの婆さんは、当方の頭はミニパニックです。

そして固まって1秒後にその女性がでかい声でこう口にしたのです。

 『あらぁ、ちょっと。。。帰ってたのかい!』

瞬間的に脳内がフル回転しました。

 もしかしてこの人とわしは知り合いだったか?
この人はわしがオランダから帰ったことを言っとるのか?
いや、もしかすると母親の友人で当方を覚えているのか?
ここは「はい」と笑顔で返事をした方がいいのかな?
でも、この人のことは全く記憶にないし、どうしたもんか?


こんなことをコンマ秒の間に脳の中で巡り、
とりあえず「はい」と言おうかと決めた時に、

 『ヨシオ君でしょ!』

と、こう来たのです。
そう来たなら当方が選択するリアクションは簡単です。

 『いえ、おそらく、人違いかと思いますよ』 

すると、

 『え!あら、いやだ。私ったら、アハハハ。ごめんなさい』 

 『いえ、どうも。。。』 

そのまま別れてその場を離れました。

突然立ち止って驚愕の顔でこちらを凝視するほど、
ヨシオ君という人は何か縁の深い人なのでしょうか?
ヨシオ君は人の全身を固めて驚かすほどの人なのでしょうか?
でも人間違いと分かれば大笑いで済む程度の人なのだと思います。

数メートルほど歩いてからふと振り返ってみると、
向こうもこちらを振り返ってじっと見ていました 

  気まずく互いに小さく会釈し再び歩き出しました。

でも、

 『ヨシオ君って誰やろ?そんな似とるんかな。気になるわ』
17:24  |  こんな事あんな事

2014.01.23 (Thu)

包丁の切れ味

洗い物をしていると指先に痛みが走った。
見ると指先端が薄く赤くなっている。
一心不乱に砥石で包丁を研いだのだが、
自分の指先も一緒に研いでいたようだ
 

 『左手人差指と中指の先端がヒリヒリするわ』 


ということで、ヒリヒリしない本日のメニュー。

140123.jpg

サバの塩焼き。タマゴ焼き。シュウマイ。ウインナー。
鶏肉竜田揚げ。オクラベーコン。きゅうり糠漬け。
オリーブのバルサミコ漬け。ひじき。
スペイン産チョリゾ下敷きイタリア産マスカルポーネに
ギリシャ産フェタと小エビとプチトマトを添え
山梨産のピュアワインジャム載せ。
チーズ下敷き芽キャベツと人参とズッキーニとポテトの
挽き肉甘辛炒め。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


マスカルポーネ
マスカルポネ
イタリア産のクリームチーズです。
クラッカーやパンに塗ったりジャムをかけたりします。
写真のものはアルバートハインで売っています。
年末帰国の土産で山梨産ワインジャムを頂戴したので、
マスカルポーネにワインジャムを載せました。
小エビとプチトマトとフェタチーズを添えました。



包 丁

包丁は切れ味が大切です。
要するにシャープで切れることが命です。
でも、次のような言い方をする人が結構おります。

 『その包丁、よう切れるし気いつけや、危ないで』 

気持ちは分かりますがそれは違います。
包丁を使う時は誰もが注意して扱うものです。
ですからやたらにケガなどするものではありません。
特に切れる包丁は力を加えずともサッと切れます。
切れる包丁は決して危なくはないのです。

むしろ危ないのは切れない包丁の場合です。
切っても切れない安全ナイフのおもちゃなら別ですが、
本物の包丁は切れないから安全とはなりません。
注意して扱おうにも切れないので力が入ります。
不要な力加減で妙な時にズバッと切れるわけです。
このような包丁こそが最も危ないのです。
注意して扱っても危険なのが切れない包丁なのです。

 『その包丁、あまり切れないから危ないですよ』

これが正解です。


切れない包丁での怪我は結構板場でも多いものです。

 『変に力を入れて指先端を切り落とした料理人は結構多い』


『上手切らず下手切らず、
寿司屋のはったり蕎麦屋の大ボラ吹き』
とは昔からよく言われます。

初心者は意識を集中して包丁を扱うので指を切ったりしません。
上級者も早く作業をしつつも型ができてますから包丁のケガはしません。
中級者あたりが慣れて来て包丁でのケガが多いのです。



 『お父さんの手つき、危なっかしい』

娘や奥さんはこう言うでしょう。
しかし、めったに台所に立たないお父さんが包丁を握っても
とんでもないケガをすることはまず有りません。
お父さん本人がかなり慎重にやっているからです。

しかしこのお父さんがちょいちょい料理に慣れてきて、
家族が心配しなくなった頃に包丁で指を切ったりするのです。


 『慣れた頃に一番注意せなあかんちゅうわけやな。
 わしも人差指先端を斜めに切り落としたことがあるわ』
 
 『何か不始末でもしでかして指を詰めたんですか?』
 『せや、わしにも若い頃は色々あってなぁ。。。。。って、
 ちゃうわ!大根千切り作業で一緒に指を千切りしたんや』 
16:49  |  こんな事あんな事

2014.01.22 (Wed)

凍結路面の滑り止め具

ときどきですが、
無性にパンが食べたくなり時があります  
今がちょうどそのコンディション状態です。

パンをトーストしてバターを塗って、
チーズやハムや薄焼きタマゴなどを挟んで。
温めた牛乳と軽く食べます。
何だかホッとしますね 

全粒粉の黒いパンが健康にいいです。
フォルコーレン(Volkoren)と言います。
スーパーのパン棚を見れば分かります。

でも、

 『わしの基本は日々三食20年ずーっと和食じゃ』


ということで、本日のメニュー。

140122.jpg

タマゴ焼き。白身魚のフライ。鶏の唐揚げ。
餃子。ウインナー。ハム下敷きポテトサラダ。
チーズ下敷きインゲンと蟹カマの甘辛炒めに豚肉載せ。
リンゴ。キュウリ糠漬け。バルサミコ漬けオリーブ。
ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。



色々と

頂き物です。
ワインジャム
帰国時に土産で頂戴した山梨のワインジャムです。
滑らかトロトロでとても美味しいです。
クリームチーズの上から垂らして弁当のおかずにします。


次に、これを偶然見つけました。
タバスコ2種
言うまでもありません。
かのタバスコです。赤と緑の2種類セットです。
セットケース付きで華南行で4.5ユーロでした。
味は緑色の方がマイルドタッチです。


さあ、ここで滑り止めの登場です。
滑り止め ←クリックで拡大
最近、ちょっと気温が下がってきました。
もしかしたら路面凍結もありえますね。
となるとやはり滑って転ぶのが怖いです。
当方の家内は、

 『昨年滑って後頭部を路面に打ち死ぬところでした』 

ということで、
凍結路面滑り防止のためにこれを買った訳です。
スパイクのついた硬質ゴム輪を靴底にはめます。
サイズ36~42と43~46の2種類がありました。

 『せっかく買ったんだから一度は履きたいですわ』 

値段は3ユーロぐらいだったと思います。
アクション(ACTION)で販売しています。
アクションはあちこち店舗拡大しています。
商品を眺めるだけでも楽しい店です。


とどめにこれです。
エキスパンダー
昔懐かしいエキスパンダーのゴム製です。
これもアクションで売っていました。
2ユーロぐらいだったと思います。
50歳を過ぎればこの程度の器具で十分です。
見た目よりもかなりしっかりしています。
10回も繰り返せばかなりの満足感です。
他にダンベルも売ってました。

 『ま、そういうことじゃ』
16:47  |  ちょっと情報

2014.01.21 (Tue)

ヤスキヨ

きょうは、

新しい会計士が我が家を訪問しました。

これまでの会計士が高齢のため引退し、
新たな会計士に業務を委託したからです。
と書けばかっこよく聞こえますが、
要するに旧会計士が引退前に自分の顧客を
新しい会計士に売却したわけです。
顧客売却が退職金のようなもんですね


 『その顧客の一人がわしというわけじゃ』

オランダでは会計士による顧客売買は普通のことです。

当方が、2013年の会計帳簿ができたので事務所に持参する、と連絡を取ると、

 『いえ、私の方からご自宅へ伺います』

ということで今日を迎えたわけです。
お客さんの帳簿を受け取りに行くのは彼らの仕事のうちでしょう。
新規の相手の自宅を訪問するのはやはり大切なことでしょう。
軽く値踏みもできますし家庭訪問で相手との距離も狭まります。

てなことで、彼は3時半に訪れ4時半前に帰っていきました。
日本茶を呑みながら日本のサキイカをつまみとし、
親しく会話をすすめると親近感は沸いてしまいます。

ということで、会計士も好きな本日のメニュー。

140121.jpg

タマゴ焼き。ウインナー。餃子。鶏肉の唐揚げ。
肉団子。エビフライ。ハム下敷きポテトサラダ。
リンゴ。ひじき。たくあん。バルサミコ漬けオリーブ。
チーズ下敷き芽キャベツとズッキーニと人参と
マッシュルームの素揚げと挽き肉の甘辛炒め物。
リンゴ。ごはんと黒胡麻カオリふりかけ。


年末に7

東京西麻布の交差点を六本木方面に50mほど行くと、
『ヤスキヨ』という店があります。
ネットで調べればすぐに分かります。

ヤスキヨといえば吉本の漫才を思い出す人は
40歳以上の人たちですね。

このヤスキヨという店も関西出身の方が経営です。
それも70年頃のグループサウンズ『オックス』の方が
経営している店なのです。

オックスと聞いて『失神』を思い出す人は
55歳以上の人たちでしょうね。

何ともいえないまったりした空気の流れる店で、
カウンターがあって卓席は3~4ほど。
満員になって座れない人たちは立って飲んでます。
そう。オランダのような感じになる店なのです。
それでいてまさに和風居酒屋で心地よい店なのです。

カウンターの上に大鉢おばんざいが並びます。
女性が3人中でこまめに働いています。
経営者のオックスさんは居たり居なかったり。
釣りが好きで釣果を客に提供する時が多いそうです。

東京に行かれる方にはお薦めのお店です。
値段もさほどですし何より気持ちのいい店です。

 『早い時間に行くのがええやろな』
18:39  |  こんな事あんな事
 | HOME |  NEXT