FC2ブログ
Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2013.05.16 (Thu)

泣けた・・・

<母>

俺が幼い頃に父が亡くなり母は再婚もせず俺を育ててくれた。

学もなく、技術もなかった母は、
個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。

当時住んでいた土地はまだ人情が残っていたので、
何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく日曜は母の手作り弁当を持って近所の河原で遊んだ。

母は給料をもらった日にはクリームパンとコーラを買ってくれた。


ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。

俺は生まれて初めてのプロ野球に興奮した。
母はいつもより少し豪華な弁当を作った。

球場に着きチケットを見せて入ろうすると係員に止められた。

母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。

一人1000円払ってチケットを買わなければ入れないと言われた。

帰りの電車賃しか持ってなかった俺たちは外のベンチで弁当を食べて帰った。

電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙をこぼした。

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学が嫌になり懸命に勉強した。

新聞奨学生として大学まで進み就職して社会人になった。

結婚して母に孫を見せてやることもできた。

そんな母が去年の暮れに亡くなった。

死ぬ前に一度だけ目を覚まし思い出したように言った。

「野球、ごめんね・・・」

俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが声にならなかった 

                      <心に響く話より>

 『泣けた・・・』
13:04  |  こんな事あんな事

2013.05.15 (Wed)

そこに、それがいた

中央駅からメトロ一つ目がニューマルクトという
中華街・カフェ街・飾り窓街のエリアです。

特に中心部に昔の計量所がドーンとあって、
今はレストランカフェになっています。
その建物のグルリ周囲にカフェが立ち並びます。
その一つにCafe de Zonがあります。

何年か前のことです。
ちょっとコーヒータイムでもと、
店に入ったところにそれはいました。

お! あれは・・・。   
いやいや、アムスにはまさか・・ 

さりげなく横目で見ると 

え! 
やっぱマジ? 
 
そうです。
それがいたのです。

オランダ人男性の彼と一緒でした。
アムスでもそういう化粧をしたのでしょう。

そう。

ガングロ娘 がいたのです。

顔真っ黒。
TVや雑誌の写真では見たことはあります。
実物を見たことはありませんでした。
その実物をアムスで見るとは想定外でした。

オランダ人の彼がどう思っているのか分かりませんが、
店のウエイトレスも周囲の客も微妙にドン引き状態で、
笑いを堪えるのに大変という感じでした。
何でこんな化粧をするのか理解不能というか。

ミス・ガングローって今でも日本に生息してるんでしょうか?

 『日本女性は小さいから、まるでチビ黒サンボじゃったわ』

ということで、ガングロ無縁の本日のメニュー。

shiromame.jpg

煮物5点(大根・牛蒡・蒟蒻・竹輪・じゃが芋)。
タマゴ焼き。季節のホワイトアスパラ。餃子。
ウインナー。煮込みハンバーグ。鶏肉竜田揚げ。
ひじき。チョリゾ下敷き白豆。きゅうり糠漬け。
ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。プチトマト。

ちょうど今はホワイトアスパラのシーズンです。
土産土消で旬の物を食べるのが体には一番いいので、
今週は毎日ホワイトアスパラを入れています。
ホワイトソースをかけてパプリカの赤粉少々で色を決めます。



今週は全て予約一杯です 
また来週からよろしくお願いします 
日本人学校運動会弁当も受付中です
14:09  |  こんな事あんな事

2013.05.13 (Mon)

再び何でも有り

近所のモロッコスーパー。

タマゴが30個で2.5ユーロ 

2年前にEUが鶏卵農家へ妙な飼育方針を決定したため
タマゴの値段は急激に高騰しましたが、
そのドタバタも収まったようで値段も落ち着きましたね 


お弁当のスター、たまご焼きは必ず入っている本日のメニュー。

旬のアスパラ

チーズ下敷き茄子とインゲンの中華風炒め物。
タマゴ焼き。ウインナー。餃子。蒸しサツマイモ。
アスパラとホワイトソースハンガリアンパプリカパウダー。
煮込みハンバーグ。鶏肉竜田揚げ。ひじき。大根糠漬け。
ハム下敷きモッツァレラチーズとバジルソース。プチトマ。
ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。


マイ昼膳

昼膳

岩海苔の味噌汁。キャベツと目玉焼き。ごはんと梅干。

 『健康である』


トラムで

そういえば、トラムに乗っていたときのこと。
停留所で陽気そうなスリナムのアフロヘア兄ちゃんが乗り込んできました。

兄ちゃんは前方の客に視線を止めると「お!」という表情になり、
ニコニコしながらそっとその客の真後ろに座りました。
客もスリナム人でしたからどうやら友だちのようです。

アフロ兄ちゃんがどうするのか見ていると、
おもむろに両手で前の客の頭を挟んでつかむとグルングルン回し出したのです。
回されてる客は突然の事態に「オワワワー」とビックリして声をあげ、
回しているアフロ兄ちゃんは「ウヒャヒャヒャー」と笑いながら回し続け、
5回ほど回し終えて相手の頭を自分の方へ向けながら「ヘーイ」と言いました。

しかし、相手の顔を見たその瞬間、
アフロ兄ちゃんの笑顔はパタッと止み全身が硬直したようになり、
目が点状態でそっと手を放しながら言いました。

「ソ、ソーリー」 

完全な人違いだったのです。

周囲の客は大爆笑です。

その光景を全て真横で見ていた当方はこの時も思いました。


 『スリナム人も何でもありやな』
16:19  |  こんな事あんな事

2013.05.11 (Sat)

何でも有り、か

20年以上前。
オランダに来て間もないころ。
最初はトラム3番線沿いに住んでいました。
車掌という人がトラムにいなかった当時です。

その3番トラムで仕事からの帰宅途中の或る日。

自転車をトラム内に持ち込む人が結構いました 
今でも折りたたみ式などを持ち込む人は結構います。


 『ほう。市電に自転車。これは有りか。なるほど』

自転車文化のオランダ。普通に理解できました。

しかし次の停留所でのことです。
買ったばかりのでっかいマットレスを持ち込む人がいました。

 『ほう、こりゃまた・・・。
  周囲への迷惑を気にする日本人には真似できん行動やの』


人の視線をさほど感じないお国柄なのかと理解しました。

そしてその次の停留所でのことです。

何と羊が乗ってきました 

犬やネコならまだ分かります 

羊を連れての登場です 


ここに至ってはたと思いました。

 『この国は基本的に何でも有りやの』

ということで、何でも有りというわけではない、昨日のメニュー。

茄子ピーマン

チーズ下敷き茄子とピーマンの甘辛炒め。
タマゴ焼き。ズッキーニのバター焼き。餃子。
ウインナー。鶏肉竜田揚げ。イワシフライ。
生ハム下敷きモッツァレラのバルサミコソース。
ひじき。キュウリ糠漬け。ごはんと黒胡麻ふりかけ。



会社の同僚をたくさん募ってお弁当を注文して下さったお客様が
ご自身のブログ 『人生と仕事と勉強と日本とオランダと』 ←クリック
にブンタのお弁当を載せて下さいました 

承知しました 
 おーきに。
 また、よろしゅうお願いしますぅ。


 『どなた様もご遠慮なくブンタ弁当を宣伝してください』
19:46  |  こんな事あんな事

2013.05.07 (Tue)

今日はカレー

おいしいカレーができた 


ということで、カレーは入ってない本日のメニュー。

煮物

煮物(ジャガイモ・大根・キクラゲ・スナップエンドウ・キュウリ・豚肉)。
だしまきタマゴ。野菜餃子。ウインナー。白身魚のフライ。煮込みハンバーグ。
スイートプチトマト。鶏肉竜田揚げ。ひじき。花豆。人参の糠漬け。
ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。


キュウリは煮物で冬瓜の代用品になります。
オランダのキュウリは大きいですから使い勝手がいいです。

・キュウリの皮をピーラーで一皮剥きます。
・縦に半分に切り、種の部分をスプーンで取り除きます。
・幅1cmほどの半円(アーチ状)に切ってお湯から茹でます。
・爪楊枝がスッと通れば茹で上がりです。
・冷水で洗って熱をとり、ダシ汁に浸し含ませます。



カレー

 カレー

煮物のジャガイモやキクラゲそれにダシ汁が残りました。
煮込みハンバーグのソースも残りました。
全部一緒くたに鍋に入れ、味を調整して煮込みます。
頃合にカレーパウダーとガランマサラを適量投入。
青サンバルも中サジ1混ぜ入れて中辛カレーの完成 
所要時間2分。

 カレーライス

 『めっちゃ美味しいわい』 
18:02  |  こんな事あんな事

2013.05.05 (Sun)

イカチョコ

私の見立てが正しければ、
ウサギは仲間に音のサインを送ります 

アパート周囲の広場にたくさんウサギがいます。
夜になるとあちこちから集まって座談会をしています。
ウサギは小さい時からたいてい二匹が一緒です。
モグモグ草を食べる時も二匹一緒に仲良く食べています。

そんなウサギにさりげなく近寄ってみます。

同じ方向を向いて草を食べているウサギに近寄って行くと、
当方を視界に認めた一匹がサクッと向きを90度変えます。
つまり一匹は前を向いたままで、もう一匹が90度横を向くのです。
草食動物の目は顔の前ではなく両横についていますから、
二匹が90度違う方向を向くことで360度の視界をカバーできるわけです。
この態勢は基本的にウサギの警戒モードレベル5ぐらいです。

もっとウサギの間合いに入ろうとすると・・・、

当方を認識しているウサギが後ろ足でトトンと地面を叩きます。
トトンと音が聞こえる強さで地面を叩くのです。
その音を合図に二匹ともサッと逃げて行きます。

ウサギは後ろ足で地面を叩くことで仲間に逃げるタイミングサインを送っているのです。


 『ま、見立てが正しければ、ということじゃがの』
 『ウサギを見かけたら試してみるといいですね』



ということで、合図は必要無い最近のメニュー。

タコ

キャベツと薄切り牛肉の味噌炒め(ホイコーロー)。
厚焼きタマゴ。ズッキーニの塩胡椒バター炒め。
ウインナー。エビフライ。鶏肉竜田揚げ。餃子。
スモークニシンのあっさり焼き。ひじき。
ヨークハム下敷きタコの煮物。キュウリ糠漬け。
ごはんと紫蘇ワカメシラスふりかけ。



チョコレート

小学校4年生の時のこと 
学校の校門前には文房具と駄菓子の商店がありました。
ちょっとした教材物やお菓子なら何でもありました。

ある日のことです。
20円持って駄菓子を物色していた時。
店の前に車が停まり若い女性が入ってきました。
そして言ったのです。

 『おばさん。イカチョコあるかしら?』 ika.gif
 『イカチョコ?ああ、こっちにあるよ』

 イカチョコ 
 kao_icon35.gif
そんなチョコレートがあったのか。
知らなかったなあ。
どんな味がするんだろう?

店のおばさんは女性に見せています。

 『それでいいわ。ありがとう』

お金を払った女性は待たせてあった車に乗り込み去って行きました。

イカチョコはあの赤い包装のやつらしい。
今日は20円しか持ってないのでウマイ棒で我慢しよう。
とりあえず明日学校でみんなに教えてやろう。
イカチョコの存在を知ればみんな驚くだろう。
まだ誰も知らないはずだ 

翌日、教室でみんなに知らせました。
みんな心より深く驚いてました 
その日の夕方、期待に満ちてさっそくイカチョコを買いに行きました。
得意げに当方は店のおばさんに言いました 

 『えっとおばさん、イカチョコ、ください』
 『イ、イカチョコ?そんもんないよ』
 『え、そこにあるじゃないですか。ほら』

自信満々で当方は昨日の女性が買ったチョコを指しました。

 『え!これのことかい?これはイカチョコじゃなくて板チョコだよ』

明治ミルクチョコレート。

単なる聞き間違いだったのです 
板チョコなんて言い方があるなんて当時の子供は知りません。
チョコレートと言えば明治マーブルチョコレートとグリコアーモンドチョコです。
店の人は腹をかかえて笑っていました  
学校でもみんなから笑われました 

そして遠足のおやつを買いにいく時に必ず友達に言われました。

 『お、ブンタ。おやつにイカチョコ買わんのけ?』 
19:24  |  こんな事あんな事

2013.05.01 (Wed)

北海道

新緑の皐月5月。

123年ぶりに国王が誕生したオランダ 
一夜明けた本日は諸天も寿ぐ温暖快晴 
前途洋々のオランダを象徴するものと期待しましょう 


ということで、前途洋々を日々切に希望する本日のメニュー。

セロリ

セロリと薄切り豚肉のブレゼ。タマゴ焼き。餃子。ウインナー。
ズッキーニの塩胡椒バター炒め。エビフライ。肉団子。リンゴ。
鶏肉照り焼き。ひじき。タコの煮物。茄子かキュウリの糠漬け。
ごはんとシラス入り紫蘇ワカメふりかけ。小鯵の味醂干し焼き。



北海道

実家から手紙が届きました 

市内にある陸橋下は除雪の雪が捨てられる場所です。
その雪が今もほとんど融けずに残ったままということです 
全部融けるには7月までかかるだろうとのことです 

例年5月中旬が花見の桜が咲く道北地方ですが 
今年はいつ咲くのだろう、という感じだそうです。

札幌の友人からもメールがありました。
それによると、明日の札幌は雪、ということです 

いったい今年の天候はどないしたんでしょうね? 

 『どこが地球温暖化じゃ?すっかり騙された感じじゃの』
19:00  |  こんな事あんな事
PREV  | HOME |