Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2012.11.07 (Wed)

ビビった

アルメレまでの配達の帰り 
A6号からA1号に入った途端にエンジンに妙な異常が発生  
途端に車のスピードが落ちアクセルを踏んでも80km以上出ません 

おわっ!まさかこのまま高速上でエンストか 
しかし停まることは無く80kmの状態で何とか走ります。 
どないしたんやろ?不安がつのります 
運転席の計器表示板に赤ランプがついています。

よし、このまま何とか囲碁センター近所のオペルまで走ろう。
何とかエンストにならないよう頑張ろう。
気持ちは焦りますがどうにもなりません。
エンストしないことを祈るばかりです。
A1号からA9号に乗り、ちょっとA2に出てから再びA9号へ。
最初の出口のOuderkerkで降りて何とかオペルガレージへ。
もう緊張で口の中は乾いてます 


 『これこれしかじかでこうなんや!』
 『そりゃ大変だったね。じゃあチェックするから、
 コーヒーでも飲んで待ってて』

待つこと40分。

 『エンジンの4本シリンダーの2本が作動してないよ。
 つまり4個のプラグの2個がイカレちゃったんだね。
 プラグ交換するよ』
 『すまん。ついでにオイルも足しておいてくれ』

30分ほどでプラグ交換完了。

 『プラグってね、6万キロぐらいで交換した方がいいんだよ。
 君の車は今日まで16万キロ走ってるけど一度も交換してないよ。
 良く今日まで無事に持ったもんだよね』
 『いや、薄々何となく気にはなってたんだが、ヘラヘラ』

プラグ交換すると新車のような快適さです。
エンジンの音も嬉しそうです。
プラグは一本8ユーロほどのものです。
適当な時期に交換するのがエンジンのためにいいわけです。

 『わしのような恐怖体験が嫌なら、適切に交換しておくことじゃ』


ということで、プラグ不要の最近のメニュー。

ししゃも

ジャガイモと人参の挽き肉炒め(なんちゃって肉じゃが)。
トンカツ。タマゴ焼き。ウインナー。餃子。シシャモ。
ズッキーニのタパス風。ひじき。かぼちゃの煮物。バナナ。
キュウリ糠漬け。ご飯と黒胡麻カオリふりかけ。


かぼちゃの煮物

かぼちゃって、堅い皮の部分は火が通りにくく、
身の部分はすぐに火が通り柔らかくなります。
ですから、水をヒタヒタにして煮ると、
皮に火が通る頃は身が崩れ、身に火が通っても皮には火が通らず、
簡単そうで中々に難しいのがかぼちゃの煮物です。
ですから皮をかなり剥いてから炊く家庭もありますね。

要は、

皮に火が通って、身も崩れずに煮上がればいいわけです。

実は簡単なのです。

難しくないのでやり方を紹介します。

①かぼちゃ半個を一口大の同サイズに切り分けます。
 皮をむく必要はありません。
②水200ccに砂糖・酒・みりん・醤油を各大さじ2で沸騰させます。
③皮目を下にしてかぼちゃをダシに並べ上からアルミで落し蓋。
④再び沸騰したら火を弱火にし9割がたダシが煮詰まれば終了。

めちゃくちゃ美味しいかぼちゃの煮物です。
うっかり焦がさないように時々見ておけば失敗しません。
皮目にしっかり火が通り、身は蒸されてホクホクになっています。

所要時間は20分ほどです。

 
 『かぼちゃは秋の季節物。
 半個で約25個ほどの煮物が作れる。
 かぼちゃはシイラさんに売っておる』


予約状況

9日(金) 予約一杯 
10日(土) ウエストワイク方面配達 ご希望の方どうぞ。
11日(日) ウエストワイク方面配達 ご希望の方どうぞ。
16日(金) 予約一杯 
21:19  |  レシピ紹介
 | HOME |