Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2010.12.31 (Fri)

2011

We wish you all to have

Sweetest Sundays

Marvelous Mondays

Tasty Tuesdays

Wonderful Wednesdays

Thankful Thursdays

Friendly Fridays

Successful Saturdays!


Have a Healthy, Lucky and
 
Successful Year 2011!


16:16  |  お知らせ

2010.12.31 (Fri)

2010年度大晦日

大晦日です

本年は大変お世話になりました

2011年度もまた変わらぬご贔屓のほど、
よろしくお願いします



ということでここ数日の晩酌メニュー


IMG_2014_1.jpg

スルメ・炙り海苔とトロロ芋
鶏腿肉・万願寺唐辛子・和風炒り卵


これでビールと日本酒か白ワイン 
そしてウイスキーと続きます 
一丁できあがりの成仏です


スルメは一袋90セント  
ヤマイモは一本3ユーロ。
ともに市内中央の中華店で 

万願寺唐辛子は2ユーロ弱。
鶏腿肉はキロ4ユーロ前後 
タマゴは30個で2ユーロ 
ともにトルコ本部で 

今晩もまた同じ晩酌セットで過ごします 
最後の〆はやはり年越し天婦羅蕎麦で   



どちら様も

良い年をお迎えください


12:16  |  食の話

2010.12.30 (Thu)

12月30日 まちぶせ

京都の学生時代。

下宿で3人で酒を呑んでました。

九州出身で一つ年上の石○という先輩がいました。
なかなかの男前の人でした。
この○橋先輩がポツポツ話しました。
ちょっと思いつめた顔をしていました


 「俺さ、彼女がいたんだ」
 「過去形っすね。何かあったんすか?」
 「彼女さ芸能界に入ったんだ」
 「え!すげえじゃねえすか」
 「高校卒業するとき二人で約束したんだ。
   俺が大学出て就職したら結婚しようって」
 「ええ話っすね」
 「でもさ、彼女もう引退したんだよ」
 「売れんかったんすか?」
 「いや、バカ売れした」
 「バカ売れ!」
 「で、お世話んなったプロデューサーと
  結婚することになったんだよ」
 「それ、きっつい話っすね」
 「バカ売れって、それ誰っすの?」
 「まちぶせ、って歌知ってるか?」
 「知ってるっすよ。三木聖子でしょ。
  え!石○先輩の彼女って三木聖子っすか?」
 「うん」
 「・・・・・・」
 「だから今ちょっと、つらいねん・・・」
 「きっつう・・・」



76年に『まちぶせ』って歌が大ヒットしました。
初代オリジナルは三木聖子が歌ってました。
デビューして2年で結婚引退してしまいました。
80年代になって石川ひとみがカバーで歌ってました。

 「人生いろいろじゃのう」


『まちぶせ』
オリジナルでどうぞ。


 

13:47  |  ふと、、思ったりした。

2010.12.29 (Wed)

12月29日 宿命

ある日のことでした。
姪が何やら考え込んでおりました。
そしておずおずと質問してきました。


 「宿命とか宿業って何なん?」

唐突に難しいことを訊いて来ます。 

 「生まれ持った定めのようなもんだ」
 「それって、どういうことなん?」
 「人はみんな平等と言葉では言うけれど、
   実は生まれた時から不平等なスタートをしてるということだ」
 「何だか難しいわ。もっと簡単に言うて」
 「まあ何ちゅうか、あれだな、台所の洗い物。
   寝る前に洗って片付けた人。洗わずにそのまんまにしてた人」
 「だから何?」
 「朝起きて昨日の洗い物から始めなあかん人もいれば、
   すぐにご飯の用意に入れる人もおる。
   これだけでスタートが全然違うし気分も違うやろ。
   人はそれぞれ生まれ持ってきた何かがあるというわけじゃ」
 「じゃあ宿命って悪いことなん?」


いつもなら簡単に「ふ~ん、そうなんだ」で終わるのに、
珍しくいつまでも食い下がる姪。
何か悩み事でもあるようです。


 「残した洗い物も宿命だし綺麗にしておいた台所も宿命だ。
   宿命に良いも悪いもないと言われとる。要はどうするかだ」
 「どうしたらええの?」
 「全部受け入れて乗り越えることじゃ」
 「乗り越えたらどうなんの?」
 「まあ、あれだ、宿命が使命だったことに気づくやろ」
 「あ!なんか、かっこええセリフやん」
 「負けたらあかんちゅうことや」
 「ええこと言うやん。下手に年食っとるわけやないんやね」


ちょっとかおかしな模様です。

 「こらこら。何やその物言いは。
   なんだかお前も誰かに似てきたな」
 「んな、怒らんでええやん。
   ちゃんと話聞いてやったやん」
 「はあ?」
 「な、お小遣いちょうだいな」
 「おお!」
 「大人の宿命やん。使命に変えなあかんで」
 「そこだったか・・・・・・」
14:21  |  小話

2010.12.28 (Tue)

12月28日 バッテリー交換

バッテリー交換してきました。

午前中にクイックフィットへ出向き
用件を伝えると即座にやってくれました。

初めに器械を使ってバッテリー状態チェック。


 「あ、こりゃダメだぜ。
   すっかり空っぽだ。これ何年目?」
 「もう6年目に入ってる」
 「それじゃ寿命だぜ。
   今から新しいのセットするぜ」


とテキパキと作業スタート。
待合室でコーヒーを飲み終わると同時に終了。
10分弱ほどの交換作業でした。


 「終わったぜ。2年保障だ。
   バッテリー寿命は約5年と覚えておけばいいぜ」


ここはいつも対応が良くて親切です。
トルコ本部エリアにあるので買い物も便利です。


 「順調に行って良かったですこと」
 「クイックフィットもあちこちにあるが、
   トルコ本部エリアのクイックフィットはとてもいい」
 「最初にエンジンをかけるの誰に頼みましたの?」
 「お隣りさんのモーガンだ。すぐに協力してくれた」
 「日頃のお付き合いが良いからですね」
 「お!ええこと言うのう。どないした?」
 「別に。いつも本当のことを言ってるだけですわ」
 「・・・・」
13:26  |  こんな事あんな事

2010.12.27 (Mon)

12月27日 バッテリー

車のバッテリーが上がってしまいました。

前回の交換から5年ほど経ってますし、
寒さ続きがモロに影響したんでしょうね。
替え時かなと思ってたところでした。

営業日でなくて良かったです。
会議用弁当でもあった日なら大変でした 

いつも行くクイックフィットに電話しました。
 「年末も平日はいつも通りやってるよ。
  バッテリー交換?オペル?大丈夫だよ!」

ということで明日にでも行ってみましょう。


 「車が動きませんのにどうしますの?」
 「ちょっとご近所さんのどなかたの車に
  バッテリーつないでエンジンかけなあかんな」
 「難しいですの?」
 「簡単だがちょっと面倒だわな」
 「ご近所さんに迷惑かけてどうしますの?」
 「ま、何かあればお互い様じゃ」
 「これも日頃の行いが原因と違いますの?」
 「それとバッテリーとなんも関係ないやろ」
 「本当にそう思ってますの?」
 「いらんこと言わんと、あっち行っとけ」
15:35  |  ふと、、思ったりした。

2010.12.26 (Sun)

12月26日 思い出し笑い

朝ごはんの用意をしつつ、
ふと自分の結婚式を思い出しました。


おごそこな三々九度の盃の儀。

私の番が終わって家内の番。

盃を手にし静々と口元に運ぶ家内。

と、そのとき。

 「あ、まだ注いでません・・・」と係りの方。
 「え!あ、すみません」と盃を三宝台に戻す家内。

驚いた顔で見合った直後に目線を下に落とした両者 
その一瞬を見逃すはずもない真横の私 

 「ぷっ!
さすがにちょっと吹きましたね。

お酒は全く下戸の家内。
あのとき何をそんなに急いだのでしょう?
はやる気持ちを抑えられなかったのでしょうか?
その気持ち、分からないでもありません 

家内と係りの方の、一瞬うろたえた姿が思い出され、
おかしくて一人朝から笑い転げていました。

今日も穏やかな日です。
17:46  |  ふと、、思ったりした。

2010.12.25 (Sat)

12月25日 帰国できず

 「あら!一時帰国したんとちゃいますの?」
 「できんかった」
 「まあ、一体どないしはりましたの?」
 「オランダ発が急に2時間遅れになって、
   パリ乗り継ぎ便に間に合わなくなってしもうた」
 「まあ、それでどないしはりましたの?」
 「結局、帰国そのものを全部取り止めにした」
 「まあ、そりゃまた残念でしたこと。
   で、何してはりますの?」
 「いや、何も・・・特には」
 「他のフライトも遅れてましたの?」
 「それが、わしの乗る便だけが遅れた」
 「まあ、それって・・・」
 「・・・・・・」
 「・・・・・・」
 「どうした。何か言え」
 「普段の偉そうな態度が原因と違いますの?」
 「やかましい。あっち行っとけ」
16:27  |  こんな事あんな事

2010.12.24 (Fri)

12月24日 御挨拶 

本年は大変お世話になりました。

お詫び


来年もまたよろしくお願いいたします



1月10日から平常営業いたします

どちら様も良いお正月をお迎えください

ありがとうございました


09:51  |  お知らせ

2010.12.23 (Thu)

12月23日 スキンクリーム

天皇誕生日です。

日本は明日からのクリスマスイブもあって、
昨日か今日から連休にしてる人が多いでしょうね。


スキンクリーム

っていうものの凄さを初めて知りました。

先々週にギリシャに行ったときに
ホテルのバスルームにあったローション。
IMG_2011.jpg


そして昔から各家庭の肌荒れ用の定番ニベア。
IMG_2009.jpg


男性化粧品用不朽の名品『MG5スキンクリーム』
IMG_2013.jpg


寒さで顔の肌荒れが酷かったので、
これらを寝る前に順番に使ってみました。

けちけちせずにタップリ塗り込みました 

すると、本当に肌荒れって治るんですね。

カサカサ剥けた皮膚がしっとりといい感じです 

スキンクリームって本当に偉いんだ、
と初めて思いましたね、この年になって。

タップリ使うことがコツですね。

ちょっと嬉しくなりましたね 



 「そんなことも知りませんでしたの?」
 「めったにクリームなんぞ使わんしな」
 「そんなことで嬉しかったわけですの?」
 「ま、ちょっと驚いたっちゅうことや」
 「何でも知ってそうな顔してて
   案外何も知らないのね」
 「やかましい。あっち行っとけ」

14:42  |  こんな事あんな事
 | HOME |  NEXT