Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2010.08.31 (Tue)

8月31日のメニュー

8月も晦日。

床屋へ行ったら、
バケーションで休みだった。
さてさて、と・・・。

本日のメニュー。


IMG_1259.jpg

カリフラワーと人参とミンチ肉の炒め物。タマゴ焼き。餃子。
ズッキーニ塩胡椒バター焼き。ウインナー。白身魚の唐揚げ。
コロッケ。トマト。ひじき。ハム下敷きパスタサラダ。
キュウリ糠漬け。ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。



バルセロナのフランメンコすり

そぞろ歩きでピカソ美術館方面への横道に入ったとき。
道の両側に若い男の子たちが立っている。
何やら目配せしながら立っている。
割引チケットのようなものを持って一人が近づいた。

関西風で。
「大将、フラメンコ見まへんか?」と若者。
「いらん」と私。
「んなこと言わんと、どうです?」とチケットを出す。
無視して歩く私。右斜め背後からついてくる若者。

どうもバルセロナでは悪いことを画策する者は
右斜め後ろからついてくるパターンが多いようだ。
ペルファボーレ男も右斜め後ろからついて来た。
偽警官も唐突に右斜め後ろから登場した。
このフラメンコ青年もしつこくついてくる。

「いらん、言うとるやろ」と私。
するとサッと右手を出し笑顔で握手ポーズの若者。
お、諦めたか、中々素直やのう、と握手。

その途端。

私の右手をガッチリと握るや離しません。
即座に私の右側に密着して握手した右手を上に上げ、
左手で私の肩を抱きかかえる形を取って、
左ヒザを私の右太腿に乗せて、
「ヘーイ、これがスペインのフラメンコだーい。
これがフラメンコ式挨拶だーい」とか何とか
喚きながら若者は右足一本ケンケン状態のまま
男二人がフラメンコスタイルで歩く形となりました。


前方から来る人には、
東洋人のおっさんとスペイン人の若者が
二人仲良くフランメンコを踊っているように
見えたことでしょう。


「こら、止めんかい」と静かめに私。
「ヘーイ、ヘーイ、フラメンコ!」と若者。
「止めろっちゅうとんじゃ」と苦笑しつつ私。
「ヘーイ、ヘーイ、フラメンコー」。
「ええ加減にせい、こら!」

すると若者はさっと手を離し、
「すんまへん」と言って駆け出しました。

私はと言えば、
微妙な気恥ずかしさで
周囲の目線を何気に気にしつつ、
ふとズボンのポケットを触ると、
財布がないじゃないの!

「お!!」と思って
「この野郎、やりゃあがったな」と向かっていくと、

「あ、すいません。返します、返します」と
フラメンコ男は素直に財布を返すではないの。
目の前で中を確認すると、
「何も盗ってません。すみまん」とフラメンコ。
実際、何も盗られてません。
ちょっと拍子抜けな感じでした。

フラメンコすり。

中々の腕前。
怒る以前に手際の良さにちょっと感動。
フラメンコスタイルで声を出しながら、
右手は握手万歳状態でどうやって財布をスッたのか。
オランダではお目にかからない手口でした。

しばらく歩いてから来た道を引き返すと、
フラメンコ男のグループが次の獲物を待っているようです。
私と目が合うと恥ずかしそうに路地に入りしゃがみました。
私は近寄ってしゃがみじっと見つめました。
困ったな、という感じのフラメンコ男。

「おい、小僧」と私。
「え、何ですの?」とフラメンコ男。
「わしゃのう、財布をスラれたのは初めてじゃ。
お前は素晴らしい技術を持っとんのう」。
「は?だから何ですの?」とフラメンコ。
警察でも呼ばれるのかと思ったようです。
「わしは感動したよ。頑張れよ」。
するとフラメンコ男が再び握手を求めます。
今度は普通に握手になりました。
フラメンコ男は恥ずかしそうにはにかんでました。

バルセロナのフラメンコすり。
抱きつきスリと同じ手口ですが、
中々の腕前に驚きました。
狙われてうっかり握手したら間違いなくやられますね。

こういうアウトローの者たちにもルールがあるようで、
自分たちからは決して先に手を触れてきません。
握手も、手を差し出すだけで、あくまでも握り返すのは
お客さん側という形をとっています。
万が一警官に咎められても、相手が握手してきたんだよ、と
言い逃れができる形を取っているのでしょう。
よく考えたものです。

偽警官も決して体には触れませんでした。
ペルファボーレ男も同様でした。


対応方法⇒諦めるまで無視すべし。

手を差し出されても気軽に握手しない。
18:41  |  お弁当メニュー紹介

2010.08.30 (Mon)

8月30日のメニュー

先週から雨天続き。

大地もすっかり雨で冷やされ、
気温も下がっていよいよ秋突入という感じ。


昨日はアクセス数が見る見る上がり、
あっという間にキリバン通過。

25000のキリバン踏んだ方、
証拠ページのコピーをメールで送ってくだされば、
キリバン弁当を持参いたしましょうぞ。

次のキリバンは30000です。

ということで本日の、初秋メニュー


IMG_1254.jpg

酢豚。タマゴ焼き。自家栽培ズッキーニのバター焼き三杯酢味。
メンチカツ。タコちゃんウインナー。ササミ塩胡椒焼き。餃子。
トマト。ハム下敷きホウレン草のジャコ炒め。お豆さん。たくあん。
ごはんとヒジ胡麻ふりかけ。



むせび泣く

大好きな赤穂浪士をユーチューブで発見。
それも片岡知恵蔵バージョン。
なんと素晴らしい。

酒を呑みつつ『大石東下り』の名場面に見入り
一人感動しながらむせび泣いた昨夜。

満足して布団に入るやすぐに寝入ったけれど、
朝起きると寝ている間に風邪をひいてしまっていた。



堂々たるもの

配達帰りにアルバートハインで買出し。
オスドロップにあるアルバートハインXL。
おそらくアムスで一番大きいだろうな。

会計を終えて歩き出したときのこと。
背の高い男が入り口扉をまたぎながら
逆進しながら出てくるではないか。
AHのカゴには商品が一杯入っている。
そのままスタスタと外へ向かって行く。
目が合うとニヤッとウインクしコクンと頷き去って行った。

堂々たる万引き。
自然な動きに店員は誰も気づかぬまま。

(私も帰宅してから「ハッ」と気づいたのでした)

14:02  |  キリバン案内

2010.08.25 (Wed)

8月25日のメニュー

キリバンです。

25000です。

もうすぐです。

踏んでください。

踏んだら連絡ください。

キリバン弁当を届けます。

で、本日のメニュー。


IMG_1200.jpg

インゲンとナスの胡麻和え。白身魚のフライ。タマゴ焼き。
ウインナー。餃子。野菜ナゲット三杯酢味。蒸しサツマイモ。
生ハム下敷きトマトとモッツァレラとエビのバジルトマトソース。
ミニコーンベーコン巻き。キュウリ糠漬け。ひじき。
ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。



バルセロナの画家

ピカソとミロ。
ミロを観て岡本太郎に出逢ったように感じた。

IMG_1058.jpg ミロ美術館

IMG_1112.jpg ピカソ美術館


妙チクリンな絵を描く画家って、
理解するには難しいなと思ってたけど、
実は彼らの若い頃の作品の中には、
人体図やら握り拳やらなどのデッサンがあったり、
中世画家の作品の模写があったりして、
そういうのに出会うと、当たり前のことなんだけど、
「あ、この人たち、普通の絵がちゃんと描けたんだ」と、
妙に安心したりする。そして、
「そうか。こんな基本なんて出来てて当然のことで、
その上で自分のスタイルを完成させることに懊悩したわけだ」と
納得したりする。

だからゴッホにしろピカソにしろミロにしろ、
彼らの若い頃のごくごく普通の作品やデッサンに出会うと
何となくとてもホッとしたりする。
16:20  |  キリバン案内

2010.08.23 (Mon)

8月23日のメニュー

夏は、

髪の毛の伸びが速い。


ということで、本日のメニュー。


IMG_1194.jpg

ジャガイモと人参のスライスとミンチ肉の炒め物。
味噌カツ。チキンカツ。タマゴ焼き。しゅうまい。
ハム下敷きホウレン草のジャコ炒め三杯酢味。
ひじき。ウインナー。スモークニシン。プチトマト。
キュウリ糠漬け。ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。



バルセロナの偽警官(下)

ガウディ建築物のカサ・ミラのライトアップを観て
帰路についたときのこと。

IMG_1056.jpg カサ・ミラ(別名ラ・ペドレラ)

近くで一緒にカサ・ミラを見学していた人が、
「観光ですか?私もです。どこからですか?」と。
「日本です」と答えると、
「おー、コニチワ。京都キレイ」と馴れ馴れしい。

妙チクリンなのが出てきたな思っていると、
「私はイタリアから来ました」と。
そして地図を広げて、
「今どこら辺にいるのか分かりますか?
家族がホテルで待っているんです」と訊いて来た。

なんだ、道に迷ったのかと思い、
広げた地図上で場所を指し示してやると突然、
「警察だ。何をしている?」と二人の男が
どこからともなく現れた。

「道案内です」と言いながら地図の男を見ると、
何と両手を上げて怯えた顔しているではないの。
警察と名乗った一人が「パスポートは?」と。
地図の男はサッと取り出して見せる。

バルセロナには警官がやたらあちこちにたくさんいたが、
全員が全員とも警官としての制服を着用している。

なのに目の前にいる警官と名乗る二人は私服。
それも地図の男と同じ小柄の体型で顔も似ている。
まさにスペインらしくない風貌。
これは偽警官だと私はすぐに察知しましたね。
アムステルダムのルーマニアン偽警官と全く同じ手口。
バルセロナではイタリアンが偽警官をやってんのかと妙に感心。

「パスポートは?」と警官。
「ホテルにあります」と私。
「IDカードか何かは?」
「何も持ってません」
「財布は?」
「持ってません」

お決まりの財布所持を訊いてきた。
地図の男は両手を上げじっとしている役目か。

付き合うのも急にアホらしくなったので、
私は偽警官を気の毒な目つきで見やり、
「フッ」と鼻で笑って、
3人を無視して立ち去るべく歩き出しました。

私のこの意外な行動に驚いたのか、
偽警官の一人が慌てた様子で、
「あ、あの、ちょっと待って、あの、Sorry」。

Sorryは無いでしょSorryは。
いやしくも警官役してんだから。

立ち去る私に手でも触れてきたら、グワッと睨み付けて
 「手を離さんかい、こら!」 
昼のペルファボーレ男に続き再び日本語
怒鳴りつけてやろうと思ったのに。

「あ、Sorry、ちょっと待って、ミスター」なんて
ミスターまで付けて「お待ちになって」調じゃ偽警官失格でしょ。
しつこいペルファボーレ男の方がまだましじゃん。

ゆっくり立ち去っても一人も追いかけて来ず。
信号待ちしながらこちらの様子をを見ていた家内が、
「なんか呆然として3人でどっか行ったわ」と。

偽警官、面白すぎ。
いつもどこでも3人組み。 


 対応方法⇒鼻で笑って無視して立ち去るべし。 
15:10  |  お弁当メニュー紹介

2010.08.21 (Sat)

8月21日のメニュー

土曜です。

学校視察関係者からご注文。

ということで本日のサタデーメニュー

IMG_1179.jpg

煮物(大根・厚揚げ・鶏肉・人参・ブロッコリー)。メンチカツ。
塩サバ。タマゴ焼き。ウインナー。しゅうまい。ズッキーニベーコン。
イベリコ豚サラミ下敷きトマトとモッツァレラのバジルソース。
ひじき。たくあん。ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。



バルセロナの偽警官(上)

我が家に滞在していたキックボクサーが
練習後にブラブラと帰路についているとき、
東欧系の人に道を尋ねられたので親切に教えていると、
「警察だ。何をしている。パスポートは?」と
二人の警官が職務質問で唐突に登場してきました。

道を尋ねてきた東欧系の旅人はすぐにパスポートを提示。
そしてキックボクサーと警官のやりとりが以下。
「どこから来た?」
「日本です」
「何をしていた?」
「キックボクシングの練習です」
「パスポートは?」
「持ってません」
「身分証明書は?」
「持ってません」
「財布は?」
「持ってません」

財布の所持を訊いて来た時点で???モードです。
実際スポーツバッグ以外何も持ってませんでしたし。

警官の表情が明らかにがっかりしたということです。
「今度から気をつけるように」と言い残して、
なんと旅人と3人揃っておしゃべりしながら
どこかへ立ち去ったということでした。
3人は偽警官グループだったのです。

ダム広場近辺でルーマニア人の偽警官が出没します。
警官を装ってパスポートや財布を調べるのです。
そして上手にお金を抜き取ってしまうわけです。

この被害が増えたのでアムステルダム警察署が注意を呼びかけました。
「警察に用があって声をかけるのは市民や旅行者からです。
警察官から市民や旅行者へ声をかけることはありません」


そりゃそうだ。なるほどねぇ、と思いました。


で、バルセロナ。

いたんです。偽警官。

バルセロナではイタリア人が偽警官をやっていました。

次回に続きます。
18:03  |  お弁当メニュー紹介

2010.08.20 (Fri)

8月20日のメニュー

来週辺りから下半期のスタートですね。

肩の力を抜いて、さ、頑張りましょう。

ということで本日の、頑張ったメニュー。



IMG_1178.jpg

ハンバーグ。エビフライ。ミニコーンベーコン巻き。
タマゴ焼きと抹茶塩。ウインナー。ガリ生姜の天婦羅。
イベリコ豚チョリゾ下敷きトマトとモッツァレラのバジル味。
ひじき。皮付きポテトフライの薄塩マヨネーズ。
たくあん。ごはんと黒胡麻ユカリふりかけ。



バルセロナの魚介缶詰

宿泊ホテル近くにあった大型スーパーで買い物。
缶詰類がまさにスペインクオリティで楽しい。

IMG_1096.jpg 缶詰売り場の棚

バルセロナでスーパーと言えば個人店のコンビニのような感じで、
いわゆる大型スーパーはハイパーマーケットという名前だった。
魚介類の缶詰が豊富で日本人には嬉しい品揃えだ。

IMG_1104.jpg タコちゃん缶詰

タコの缶詰がタコスなので笑った。
ホテルで酒の肴として食べたこの缶詰はおいしかった。
タコちゃんとくればやはり次はイカ君です。

IMG_1103.jpg イカ君

パッケージを見てイカ墨風味かと思って買ったんだけど、
開けてみると意外にも真っ白いイカ君だった。

IMG_1165.jpg 日本の酒のつまみのイカ君と似た味。


さて、お次はこれ。ちょっと嬉しくなりました。

IMG_1101.jpg ホッキ貝の缶詰

torikai.jpg 中身はこんな感じ

お味はホッキ貝というよりはカニのような味でした。


そしてちょっと驚いたのがこれ。

IMG_1100.jpg マテ貝

どんな風になってんだろうと期待して購入。

IMG_1168.jpg 中身

綺麗に良い子で整列してました。
味もかなりおいしい。

タコちゃんやイカ君は1ユーロ前後でしたが、
トリ貝やマテ貝は2ユーロから4ユーロでした。
酒の肴にはまさにぴったりですね。


簡単ジャガイモタパス

スペインはジャガイモを皮付きで調理しているのが多かった。

皮付きジャガイモを厚さ5mmほどに適当に切って油で素揚げ。
素揚げはイモの姿が見えてきたら終了。
それをフライパンでバター焼きし焦げ目をつけて塩胡椒。
見事にタパスの完成です。↓完成品 所要時間5分。

IMG_1171.jpg こんな感じです。マヨネーズもOK。
14:35  |  お弁当メニュー紹介

2010.08.19 (Thu)

8月19日のメニュー

<上司が部下に使う言葉の本当の意味>

コミュニケーション能力に優れている→ 長電話が多い
仕事最優先→ 彼女もできない
社交的→ 酒好き
独立心旺盛→ 何者なのかよく分からん
頭の回転が速い→ 言い訳が上手い
慎重だ→ 決断力がない
決断力がある→ 慎重さがない
積極的→ うるさい
難しい仕事は論理的に考える→ 面倒なことを他人にまわす
正しい判断ができる→ 運のいい奴
ユーモアがある→ 下ネタ好き
会社に忠実→ 他に行くところがない


以上のようなことだそうです。

ということで本日の、本当のメニュー。


IMG_1176.jpg

スパゲティミートソース。白身魚のフライ。タマゴ焼き。
ウインナー。ベビーコーンベーコン巻き。蒸しサツマイモ。
野菜ナゲットバター焼き三杯酢味。お豆さん。キュウリ糠漬け。
マッシュルームと豚肉の和風タパス。ごはんとヒジ胡麻ふりかけ。



バルセロナの路上画家

そぞろ歩きをしながら港方面に向かうと、
似顔絵描きが集まる一角が。

IMG_1041.jpg

IMG_1042.jpg

IMG_1044.jpg

IMG_1045.jpg

中々みなさん上手なものです。

賑やか通りの終点は地中海に面した港。
高い塔のてっぺんにコロンブスが立ってました。

IMG_1046.jpg


「海でひっくり返った不細工な男はだ~れだ?」
「コロンブス!」
こんなクイズを小学校の頃に言ってた奴がおったっけ。
14:05  |  お弁当メニュー紹介

2010.08.18 (Wed)

8月18日のメニュー

疲れが出てる感じ。

バルセロナを歩き倒して、
その疲れが微妙に出てる模様。

午後になると眠い。

ということで本日の、疲れないメニュー。

IMG_1174.jpg

白菜と厚揚げの炊いたん。ポーク一口カツ。チキン塩胡椒焼き。
タマゴ焼き。ウインナー。ミニコーンベーコン巻き。イカリング。
ハム下敷きトマトとモッツァレラのバジルソース。餃子。
インゲンの炒め物。キュウリ糠漬け。ごはんとヒジ胡麻ふりかけ。



バルセロナのペルファボーレ男

サグラダファミリアを観てからメトロで市内中心部へ移動。

IMG_1026.jpg カタロニア広場

多くの人が往来する広場でブラブラ歩きをしていると
サングラスをかけた若者が
「ペルファボーレ」と声をかけてきた。←こんな感じだった

日本人に声をかける奴なんぞろくでも無い者に決まっている。
用事があるなら同じスペイン人に尋ねれば済むこと。
にもかかわらず敢えて東洋人に声をかけてくるのは下心の故。

何じゃこいつは?と一瞥して知らん顔して歩いていると
「ペルファボーレ、ペルファボーレ」と右後ろからついて来る。
そのうち諦めるだろうと無視して歩いても
「ペルファボーレ、ペルファボーレ」と繰り返しついて来る。

しつこい。
わたしゃ急速に怒りモードが沸きましたね。
誰に向かって声をかけとんのか?

「うるさいんじゃ、お前は!
何がペルファボーレじゃ!
あっち行かんかい、ごぅらぁあ!」


日本語で怒鳴ってやりました。

相手は瞬間的に固まってました。瞬間冷凍状態。
固まってぎこちない歩き方で去って行きました。

日本人を舐めんじゃねえぞ、ったく。

こういう手合いには遠慮なく日本語でどやしつけてやりましょう。
怒りは何語であっても相手にすぐ伝わるものです。
14:18  |  お弁当メニュー紹介

2010.08.17 (Tue)

8月17日のメニュー

本日より営業再開。


バルセロナ週末旅行から戻りました。


JALパックの週末旅行シリーズを利用したんだけど、
これってミニ週末旅行でかなり便利なんだよねぇ。

フライトチケットやホテルを全部自分で
予約アレンジした方が安上がりかなぁと思ったけど、
実際はさほど値段もかわらない感じだし。
それに何となく気分も安心だし。

3年前は日通さんの同じような週末旅行シリーズで
マドリードに行ったけど、これもかなり良かった。

バルセロナもマドリードもホテルの朝食がとてもいい。
普通にイベリコハムやサラミがズラッと並んでるし。
街中の下手なタパス店よりホテルの朝食の方が良かったかな。


ま、そんなこんなで、本日の再開メニュー。


IMG_1170.jpg

煮物(高野豆腐・エビ・しいたけ)。タマゴ焼き。ウインナー。
イベリコサラミ下敷きラタトゥイユぶんた風。とんかつ。
キュウリ糠漬け。ごはんとヒジ胡麻ふりかけ。



バルセロナのガウディ建築

ホテルが駅内にあったのでとても便利だった。
チェックインしてさっそくサグラダファミリア見学出発。
メトロで5駅目が目的地。

メトロ一駅目の表示。まさに夏のスペイン。
IMG_1160.jpg これって発音『炎天下』?



駅名『サグラダファミリア』で下車。

駅の左右どちらの出口から出てもOK。
地上に出て後ろを振り返ると、

IMG_1007.jpg

眼前にあった。

「おおーっ」と思わず声が出た。
かなり強烈なインパクト!
圧倒的迫力で存在していた。
凄い・・・。

グルリを一周し見学終了。
仰山の人でごった返してました。




<ちょっと情報>

バルセロナ空港は新ターミナルがオープンし、
ターミナル1と2に分かれている。
T1⇔T2を無料シャトルバスが10分でつなぐ。
徒歩でターミナル間移動は不可能。
シャトルバス乗り場は案内標識ですぐ分かる。

オランダからのフライトはT1に到着。
空港から国鉄利用で市内へ出る場合は
シャトルバスでT1→T2へ移動。
T2で下車し渡り廊下を歩いて国鉄空港駅へ。

列車の切符は駅自動販売機で。
販売機そばには係員が常時数人おり、
切符購入の手助けをしてくれる。
ただし50ユーロ札は使用不可。
窓口は並ぶ人が多く時間がかかる。

空港からバルセロナサンツ駅まで20分。
料金3ユーロ。列車内はかなり快適。
バルセロナ・サンツは略してバルナ・サンツ。
サンツ駅はバルセロナ市内主要駅の一つ。


駅内にあるホテルサンツは超便利。
スタッフも気持ち良く朝食もおいしい。

サンツ駅にはメトロのM3とM5がある。
この2本で市内主要観光地の全てに行ける。

駅の一方の出口から徒歩直進1分でタパス屋が並ぶ。
中華レストランもあるし夜遅くまでのコンビにもある。

駅もう一方の出口から右斜め前方にEXPOホテルがあり、
その一階にはハイパーマーケットというスーパーがある。
食べ物のお土産ならこのマーケットでまかなえる。

バルセロナに行くならホテルサンツはお薦め。
14:38  |  お弁当メニュー紹介

2010.08.12 (Thu)

8月12日のメニュー

休業

8月13日(金)~8月16日(月)の期間。
数日ですが休業します。


8月17日から平常通り営業です。


週末利用でバルセロナ行ってきま~す。
イベリコハム食って来ま~す。
タパス色々食って来ま~す。
ガウディとピカソ観てきま~す。
バルセロナ歩き回ってきま~す。


ということで、本日の休暇旅行前メニュー。


IMG_1004.jpg

メンチカツ。タマゴ焼き。ウインナー。ズッキーニベーコン巻き。
生若布とタコの酢の物。インゲンの炒め物。しゅうまい。
ヨークハム下敷きモッツァレラチーズとトマトのバジルソース。
ナスの糠漬け。ごはんとヒジ胡麻ふりかけ。



芸能人

ふと気づいたのだが、

芸能人や有名人の人たちって、
お互いがどこかで会うことって
実はほとんどないのだろうなと思った。

私ども一般民衆は芸人や有名人をTVでいつも見ており、
画面に映る彼ら彼女らはいつも一緒なのだろうなと
勝手に錯覚していたけど、考えてみりゃそうじゃない。

芸能人や有名人たちは仕事でTVに登場しているわけで、
限られた少人数しかいない有名人どうしが、
お互いどこかで出会うなんてことは、
ありそうで実は滅多にないことなのだろうと思った。

だから何なの?って聞かないでね。
別にどうでもいいことだから。
ふと、そう思っただけで・・・。
14:16  |  お弁当メニュー紹介
 | HOME |  NEXT