FC2ブログ
Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2019.09.29 (Sun)

天下一品のようなラーメンの簡単な作り方

天一の愛称で親しまれる名店天下一品


京都発祥。
屋台からスタートした伝説のラーメン店です。

1970年代に北白川通りの一乗寺に最初の店を出します。
当方はこの一号店近くに下宿していたのでよく通いました。
一号店は総本店と呼ばれています。

あれよあれよと全国都市部に展開し、
今ではラーメン王国札幌にも進出しています。


さて、あの天一のようなラーメン。
これを簡単にできる作り方をご紹介します。


言っておきます。
めちゃくちゃ簡単です。

そして美味しいのです。

一人前の作り方です。

<スープを作る>
スーパーで売ってるインスタントマッシュルームスープ。
インスタントアスパラスープでもOKです。
つまり白系のスープの素を使うわけです。
箱に3袋ぐらい入って一番安い1ユーロぐらいのスープです。
お湯を注げばすぐできるやつです。

・箱から一袋取り出します。
・鍋にスープの素を入れ牛乳100㏄と水300ccでお炊き上げします。
・オイスターソース小さじ1を入れます。これ結構ポイント。
・カツオ出汁の素を小さじ1入れます。
・しっかり素を溶かし一度煮立たせたらスープ完成。
※鶏もも肉も二口分ほど一緒に炊くと最高です。
 鳥の油がスープの完成度を高めます。


<丼とタレの用意>
・好きな丼に醤油小さじ1とゴマ油小さじ1を入れて準備。
・スープを作っている最中にささっと用意します。


<麺を茹でる>
スープを作りながら別の鍋で同時進行で麺も茹でます。
好きな麺を茹でればよろしいです。
意外に合うのがソーメンとか細いウドンなのです。
パスタのカッペリーニもぜんぜんOKです。
もちろん普通の乾麺のラーメンでもOKです。


<仕上げ>
・丼にスープを注ぎ全体をよく混ぜます。
・味見して濃かったら麺の茹で汁を加えて調整。薄ければ塩胡椒で適当に。
・そっと麺を入れます。
・ネギやらショウガやら海苔やら白胡麻やらタマゴやら好きにトッピング。
以上で完成です。

ソーメンで作ると 手際よくやれば 完成に4分ほど。
パスタのカッペリーニで作ると8分かかります。


 『やってみなされ。美味しくてビックリじゃ』


16:46  |  レシピ紹介

2019.05.13 (Mon)

炊き込みご飯の簡単法則

炊き込みご飯は美味しいですよね。


やったことがないと面倒くさい感じでしょうが、
市販の色々な炊き込みご飯の素ならすぐにできます。


でも自前でも簡単にできます。

炊き込みご飯には簡単な法則があります。

米一合にタレは醤油と味醂が大サジ1ずつで塩一つまみです。
そして出汁の素を適当に入れればOKです。
最後の水加減は炊飯器の一合のラインにすれば完了です。
具材は最後に上に載せ混ぜずにスイッチオンです。
炊きあがって15分ほどおいてから混ぜます。

米二合なら醤油と味醂は大サジ2ずつで塩二つまみに出汁の素。
最後に水加減を炊飯器の二合ラインに合わせて完了です。
キノコご飯にしたければキノコを上に乗せてスイッチオンです。

米の合数と大サジで入れる醤油と味醂の数が同じと覚えればいいのです。

何の炊き込みご飯にするかは季節の具材で決めればいいでしょう。

春なら竹の子ご飯とかアスパラご飯とか。
定番の鶏の炊き込みご飯はいつでも美味しい。
秋ならやっぱりたっぷりのキノコご飯ですね。

ということで最近は、
鶏肉と蓮根の炊き込みご飯弁当を作りました。


 『うまかったよ』
18:36  |  レシピ紹介

2019.03.31 (Sun)

大根餅とイモ餅

大根の使い残りがあれば、
それで大根餅を作りましょう。

大根をすりおろします。
大根おろしを作る作業と同じですが、
あら目にすりおろすのがいいです。

軽く絞って塩胡椒ゴマ油を少量。
片栗粉を心持ち多めな感じで混ぜ込みます。
丸く好きな大きさに成形してフライパンで両面を焼きます。

お餅感覚の大根餅のできあがります。
タレはポン酢でも醤油でも好きなものでどうぞ。
中華の飲茶料理の一つです。




ジャガイモの残りがあればイモ餅ができます。

ジャガイモを茹でて潰します。
軽く塩胡椒してから片栗粉適量をしっかり混ぜ込みます。
それだけで全体が餅っぽくなります。
ならなければ片栗粉をもう少し加えてみましょう。

成形してフライパンで両面焼き上げてイモ餅の完成です。
北海道の普通の家庭料理で美味しいんです。


 『簡単ですぐにできるのでやってみなされ』


10:24  |  レシピ紹介

2018.11.25 (Sun)

鶏肉のポン酢煮

鶏肉のもも肉は肉専門店で売っています。

スーパーには常時置いてあるとは限りません。

肉屋店頭ではKippen dijen といいます。
発音はキッペン・ダイエンです。
普通はキッペ・ダイとかキッペ・ダイ・フィレと聞こえます。
フィレとは骨なし精肉という意味です。
発音的にはダイにアクセントが置かれます。

トルコ・モロッコのアラブ系スーパーでは必ず鶏もも肉はi置いてあります。
値段はキロあたりで 4.5~4.8ユーロ あたりで売っています。
オランダ人の肉屋では 6ユーロ前後 で売っています。
スーパーはもっと割高な値段になります。

私はいつも1.5キロ~2キロほどを買っています。
ちなみに 1.5キロ のことは アンダーハーフ・キロ と言います。
Anderhalf kg です。



唐揚げはやはり鶏もも肉が一番おいしいですね。
ササミや胸肉では唐揚げにしてもジューシーさが足りません。
しかしその 鶏もも肉をポン酢で炊く わけです。

つまり

 『ねんごろにお炊き上げするわけじゃ』 


<手順>

1.フライパンにポン酢と水を等分に入れ、
ニンニクとショウガを少量加えます。
砂糖少量も好き好きで入れましょう。
そしてこれを沸騰させます。

2.タレを沸かしている間に鶏もも肉を一口大に切ります。
沸騰したフライパンに鶏肉を並べます。
鶏肉の高さ半分までタレが来るよう調節します。

3.鶏肉を並び入れたら蓋をして再沸騰を待ちます。
沸騰したら鶏肉を全て上下ひっくり返しまた蓋をして、
中火に落としてひたすら煮続けます。

4.様子を見ながら鶏肉を何度か上下ひっくり返し、
煮汁がトロトロになるまで中火で炊き上げます
ポン酢は煮詰めるとトロトロになりますから急がずにトロトロを待ちます。

5.トロトロ具合になってきたらフライパンを煽ってタレと鶏肉を合わせます。
皿に盛りつけて上から山椒もしくは七味を振りかけて完成です。



 『簡単で絶品じゃで』 
16:44  |  レシピ紹介

2018.07.09 (Mon)

ざる蕎麦のタレ

暑い季節の冷やし中華。冷麺。
いいですよね。

そして同じく蕎麦です。
ザルそばとかセイロとか。
名称のいわれはちゃんとありますが、
要するに漬けタレで食べる蕎麦です。

薬味の定番と言えばネギでありワサビであり
七味や一味の唐辛子であり辛味大根などなどです。
刻み海苔をかけたり。。。

蕎麦は好き好きでお店で乾麺を買えばよいでしょう。
本格的に打つ人は別格としておきます。

漬けダレの作り方です。

最近の市販インスタント類の豊富と味の良さには目を瞠りますが、
自分で簡単に作っておくのもよろしいものです。

<タレのレシピ>

味醂:醤油:出汁=1:1:4

これが基本の割合です。
出し汁は昆布と鰹節から作れば最高ですが、
簡単に水と出汁の素で十分かと思います。

味醂と醤油を1:1で合わせたものを出汁でのばす。
出汁の割合で色々と変貌します。

1:1:1 照り焼きタレ
1:1:4 蕎麦やソーメンの漬けダレ
1:1:6 丼ツユ
1:1:7 おでんや煮物の汁
1:1:10 蕎麦・うどんなどのかけダレ
1:1:20 すまし汁

こんな感じで覚えておけばよろしいかと思います。
17:13  |  レシピ紹介

2018.06.28 (Thu)

冷麺を作りましょう

暑くなりました。

これまでも暑い日はありましtたが、
何となく夏を感じる暑さです。

なぜそう思うかと言えば、
お弁当の配達中に急激に冷麺が食べたくなったからです。

冷麺、冷やし中華、冷やしラーメン

種々呼び名はあれど間違いなく夏の風物。

やっと己の五体が冷麺を食べたいと叫んだわけです。
生命の奥底からの心の声が聞こえたわけです。

なので作りました。
食べたい時が旨い時。
家人も大喜び。

作り方は超簡単なので紹介します。
インスタントもいいでしょうが自家製で行きましょう。

<冷麺レシピ>


『麺}
スーパーで売ってる乾麺。麺4つ入って1ユーロとかの。
茹でてから水洗いして締めます。

『具材』
ハム・キュウリ・レタス・錦糸玉子=それぞれ縦5㎝ほどに揃えて千切り。
トマトとかキュウイとパイナップルとか酸味系フルーツは好みで用意。
ワカメの黒色をアクセントで用意するとカッコいい。

『タレ』
砂糖・醤油・酢=1:1:1で合わせます。
レモンなど柑橘系汁適量とゴマ油少々加えて完成です。
タレは調味料の頭文字から「サシス」と覚えておけば便利です。

『盛り付け』
水をよく切った麺を皿に載せ、具材を丁寧に並べて、
上からタレをまわしかけます。
最後に辛子とかマダムジャネットとかホースラディッシュとかを添えスタンバイです。
私的にはマダムジャネットのすりおろしがシャープな激辛で好きです。

   reimen.jpg
   イメージ

以上、調理所用時間は段取り次第で15分~30分。


 『めちゃくちゃ美味しかったわ』


17:15  |  レシピ紹介

2018.04.22 (Sun)

柚子味噌を作りましょう

キリバン 250000 が突破しました。

どなたかが踏まれたものと思われます。
踏んだ方、どうぞご連絡ください。

キリバン弁当をお届けします 

次のキリバンは 255555 です。



さて、


柚子味噌 です


韓国名産に柚子茶というものがあります。
柚子ジャムのような感じで湯にといてお茶として楽しみます。

柚子茶を土産で頂戴したのですが、
茶として楽しむ気分でもなくしばらく放置していたのですが、
ふと、これを使って柚子味噌になるのではないかと思い立ち、
作ってみたら予想通りにバッチリでした 

<超簡単レシピ>

柚子茶:味噌=1:1に酒か味醂を適量加えて、
フライパンか鍋でゆっくり弱火で混ぜ合わせます。


強火だと味噌が焦げますしね。
酒か味醂は少しとろみをつけるためなので量は少な目で。
ワインを代用しても問題ありません。
味見して甘味調整は砂糖で。
全体的にドロリと混ざったら完成です。
冷めたらタッパに入れて冷蔵保温でガツンと日持ちします。
味噌は赤白田舎なんでもお好きに。


柚子茶は韓国ショップのシイラさんに置いてあります。
こんな感じの商品です。
images2.jpg01311126_4f275156dd96b.jpg



 『めちゃ簡単だから常備しておきなされ。
   オデンやらキュウリやら色々と楽しめばよろしい』

14:39  |  レシピ紹介

2017.09.11 (Mon)

ムール貝

メール不具合事態は即日終了しもう大丈夫です。


ということで ムール貝 です。


DIRKスーパーで安売りが始る季節です。
土曜に買出しに行くと2KGで値引き価格2.5ユーロでした。
即買いです。

さっそく帰宅して、
中鍋に入れしっかり洗って貝殻の汚れを落とし
ワインで炊こうと思ったのですが切らしてたので、
ビールの小瓶一本分 で お炊き上げ しました 


  IMG_0227.jpg

ワインでも日本酒でもビールでも水と味噌でも、
ムール貝は何とでもお炊き上げできます 
ムール自身の濃厚おダシが抜群のスープに仕立ててくれます。
おそらく誰がやっても失敗知らず。


 『まさに今の季節物。ムールで滋養強壮を』  


残ったダシ汁ですが、


これは炊き込みご飯に使えます。
キノコやら鶏肉やら大根やらを入れて
このダシで炊き上げれば最高の炊き込みご飯です。

17:16  |  レシピ紹介

2017.06.11 (Sun)

魚醤漬け

魚醤というものがあります。
その名のとおり魚から作った醤油です。
要するに調味料です。

日本には 三大魚醤 というものがあります。
『いしる』『しょっつる』『いかなご』 です。
どれもかなり風味のある塩辛さが特徴です。

石川県の『いしる』はイカとイワシで作ったもの。
秋田県の『しょっつる』はハタハタという魚で作ったもの。
香川県の『いかなご醤油』はイカナゴで作ったものです。


魚醤は日本に限りません。
東南アジアにはニョクマムやナンプラーと呼ばれる魚醤があります。


 Ha-iu.jpg

これらはオランダの中華や東南アジア系スーパーに置いてあります。
瓶にカタクチイワシやらイカやらの絵のラベルが貼ってあります。
イカ由来なら石川のイシルと親戚のようなもんです。


魚醤で漬け物作り

ナンプラーやニョクマムは Fish Sauce とラベルにあります。
これを使って簡単な一夜漬けの漬け物ができます。
もちろん日本の魚醤が手元にあればそれで作れます。
もの凄く簡単です。びっくりするほど簡単です。

魚醤:水=1:3

このタレに大根や人参やキュウリを適当にカットし一晩漬ければ完成です。
2,3日漬ければもっといい感じですが、漬けすぎると水分が抜けすぎて
段々と素材が小さくなりますが、それはそれでいい感じです。
当方は少し甘めにするため砂糖も加えますがそれは各人好き好きで。


 『飯の友、茶漬け、酒の肴にバッチリよ』 

21:46  |  レシピ紹介

2017.06.08 (Thu)

豆腐の南蛮漬け 美味い!

夏場料理として一つご紹介です。

豆腐の南蛮漬け です。

市販の豆腐を適当な一口大に切ります。
南蛮漬けのタレに漬け冷蔵庫で寝かせます。
翌日からいい具合で食べられます。

辛子・ワサビ・サンバル・マダムジャネットなどなど、
色々な香辛料を付けて食べると最高です。
ご飯のおかずにも弁当のおかずにも酒の肴にも
もはや止ることを知らぬ美味しさです。

南蛮漬けのタレに関してはネットで調べれば
いろいろなレシピが出てくると思いますが、
当方のレシピは以下です。

水:酢:砂糖:醤油=10:5:2:2

全部合わせて一度沸騰させればいいかと思います。
酢味が強い方が好きならば水の量を減らします。
甘味に関しては各人適当にお好きな割合で。
七味や韓国唐辛子や何か唐辛子類を加えるといい感じです。


 『簡単なのにめちゃくちゃ美味しいからどうぞ』 
20:20  |  レシピ紹介
 | HOME |  NEXT