FC2ブログ
Click for アムステルダム, オランダ Forecast★A'dam                                       

2020.09.09 (Wed)

9月です

夏場の8月も終わり気づけばもう9月です。

ずっと暑かったオランダの夏も、
突然涼しくなったかと思うと夜は寒かったりします。

夏場はうな丼を提供しました。
かなりなご注文でありがとうございました。

で、

最近はカツ丼なんてご用意しております。
前日までのご注文でしたらいつでもご用意できます。
よろしくどうそ。

カツ丼

キリバンがじわりと近づいています。
キリバン弁当ゲットに、よろしくどうぞ。

18:00  |  こんな事あんな事

2020.07.09 (Thu)

婆ちゃんのおまじない

  KO1_R.jpg


  KO2_R.jpg


  KO3_R.jpg


  KO4_R.jpg



 『・・・・・・』 
17:03  |  こんな事あんな事

2020.03.08 (Sun)

ちょっと怖い話

プロレスラーで鶴巻さんという選手がおります。

『誰やそれ?知らんがな』とか言わないでください。

マイナープロレス団体で活躍しており、
オランダにも95年頃に練習に来て色々と話をしたこともあります。

その方が事故による大ケガで現在長期入院中です。

そしてつい先日のことフェイスブックに面白い内容を彼は投稿しました。

以下そのままコピペします。



私が入院している病院の10階西病棟に不思議な部屋があります。

それが写真の部屋。



   開かずの間 ←クリックで拡大


入口ドア左の表札に西病棟を示す《西》とあり、
その下にテープで部屋番号が隠されています。
1006号室と1008号室の間なので明らかに1007号室なんですが、
何で隠す必要があるのでしょう?

入口ドアーの取手の所に“スタッフルーム”と書かれていますが、
スタッフがその部屋を使っているのを私は見た事がありません。
そもそもどう見てもスタッフルームではなくそこは病室です。

  『ベッドが足りない、ベッドが足りない

いつも医者や看護師が口癖のように言ってるのに、
この部屋だけはなぜかまったく使われません。

今晩覗いてみようかな?


以上のような内容です。

そこで私は彼のフェイスブックにこうコメントしました。

 『ツルさん。さ、中に入って1時間ほど滞在して経過報告してください』 
 『げっ!怖いです。無理です』 
 『何を言ってんですかレスラーが。さ、入って観察報告をよろしく』 
 『ひえー、無理無理。近寄るのも無理』 
 『ツルさん。。。。』 


鶴巻選手。
リングではいい試合するんですけどねえ。
10:16  |  こんな事あんな事

2020.02.06 (Thu)

裁判の結果

過日の裁判の結果です。


本日、裁判所から手紙が届きました。





ふ。






勝訴です。






それしか結果はないとは思ってましたが、

公式報告書で勝訴となって、

ホッとした次第です。


ふ。
20:58  |  こんな事あんな事

2020.01.29 (Wed)

突然、音声が出なくなる

パソコンの音声です。
一応スピーカーから出るようにしてます。

呑みながら映像を見ていて、
うっかりキーボートにお酒をぼしたわけです。

おっとっと、とキーボードをトイレットペーパーで拭いたんです。
トイレットペーパーは吸水力がいいですから。

安心して映像を見ていると音が出なくなってんです。
何をどうしても音が出ないんです。

面倒くさいですよね、こういうの。

せっかくエンヤの歌声を聴いてたのに。。。

キーボードに少量の酒をこぼして音がでなくなる?
いや、この因果関係はないだろうと思いました。
キーボードが濡れたぐらいで音声が出なくなるのは妙だ。


おそらく、キーボードをペーパーで拭いているうちに、
キーボートを妙な打ち方をした形になり音声が出なくなったのだろう。
妙なプログラムというかキー変換をしてしまったのではないか、
こう推測したわけです。


となれば、ここはネットで状況を質問し解決策を探ってみよう。


そしてググってみると同じような事例があるもので、
すぐに対応策が見つかりました。


以下のような手順です

・スタートボタンをクリックせんかい、わりゃ。
・ほなら、そこから設定(車輪マーク)をクリックせい。
・でもってアップデイト・セキュリティをクリックじゃ。
・ほしたら左項目のトラブルシュートに突撃クリックじゃい。
・そしてプレイング・オーディオに行ってランをクリックじゃ。
・それで終了じゃ。


指示通りにやってみたら
エンヤの歌声が戻ってきました。


何が何やらさっぱり分かりませんが、
コンピューターは偉いもんだと思いました。
20:35  |  こんな事あんな事

2020.01.28 (Tue)

裁判

裁判に行ってきました。

自分が控訴した裁判です。

そう。

WTC近くにある、あの裁判所です。

なかなか刺激的でした。


21:18  |  こんな事あんな事

2020.01.05 (Sun)

謹賀新年2020

みなさま。

明けましておめでとうございます。
45033164_2283867708501437_7002844571541438464_n.jpg
謹賀新年です。金が信念、という人もいます。
ともあれ新春は賀春で賀正の迎春です。


ふと気づくと、キリバン266666も踏まれてました。
踏まれた方はご連絡ください。
令和新春キリバン弁当をお届けします。


さて、2019年度の『惣菜お節』は以下です。

 総菜お節2019 ←クリックで拡大

惣菜スペース
煮物(大根・竹輪・高野豆腐・花こんにゃく・豚肉・昆布)。
鶏肉唐揚げ・餃子・ハンバーグ・塩じゃけ・イモ餅・茄子・ウインナー

刺身スペース
サーモン・イカ素麺・数の子・海老・稲荷蕎麦


お節スペース
海老旨煮・甘栗・伊達巻・昆布巻・紅白蒲鉾・酢蓮根
丹波産黒豆・めんたいこ・田作り・椎茸昆布・別寅蒲鉾


ということで、
本年もまたよろしくお願いします。
21:38  |  こんな事あんな事

2019.10.02 (Wed)

格言

学生時代のことです。

相談ごとがあって先輩の下宿先を訪れました。

先輩は電熱コンロの上で昼食用のおかずのサンマを焼いていました。

 『お、ブンタ君。どうした?』
 『はい。ちょっとお話をしたくて。。。』
 『そうか。いま昼飯の用意をしてるんだよ。。
  そうだ一緒に食べないか?少ないけどね』

どう見ても一匹のサンマだけです。
半分にすると申し訳ない量になってしまいます。
断ろうと思ったその時です。

 『一つしかないものは、分け合って食べると美味しんだよね』


19歳の当方にとっては何だか衝撃的な言葉でした。
相談にきた悩み事が吹っ飛んでしまい感動的でした。



ということで思い出した格言を一つ。



人は奪い合うと足りないけれど
分け合うと余る



 『今の日本は庶民から取ることばかりの悪政になっとる』
21:48  |  こんな事あんな事

2019.09.16 (Mon)

新幹線運転士と少年 in 長野

なかなかいい話が登場しました。


新幹線大好き少年。

要するに少年鉄オタです。

長野の駅で新幹線の先頭車両をホームから見つめていたわけです。


するとです。


そこへ乗務する運転士がやってきたわけです。
そして少年を見かけると声をかけたわけです。
どんな声掛けをしたのか何となく想像できますね 

憧れの新幹線運転士に声をかけられ頭をなでられた少年。
心の中は緊張と興奮に包まれ心臓バクバクだったはずです。
母親らしき人もそばに寄ってきます。


すると運転士は制帽を少年にかぶせてあげました。
たぶん写真の構図に配慮したお母さんらしき人はそばを離れています。
なかなか賢明なお母さんだと思います。


そして運転士と少年は姿勢を正すと敬礼をしたのです。
互いに屹立とした姿勢で敬礼をしています。
少年もまことに素晴らしい立ち姿です。
家での躾けや暮らしが垣間見える瞬間です。





nagano1.jpg



nanono2.jpg



nagano3.jpg




一瞬のできごととはいえポスターにできそうな出来栄えです。

JR長野。

素晴らしいです。




 『少年の心にはディープインパクトになっじゃろな』 
14:28  |  こんな事あんな事

2019.09.11 (Wed)

父子の会話

父と息子の会話です。


息子は小学校低学年です。


 『パパ。ひとつ質問してもいい?』
 『お、なんだい?』
 『国の仕組みって、どうなってるの?』
 『ほほう。それはいい質問だ。よし。我が家を例にとってみようか。
   パパはお金を稼ぐから”経営者”だ。ママは家計を管理してるから”政府”だ。
   パパとママに面倒を見てもらっているお前は、つまり”国民”だな。
   ウチで住み込みで働いている家政婦の三田さんは”労働者”だ。
   そして赤ちゃんは・・・そう、”未来”だね。国の仕組みってこんな感じだよ』
 『ふーん。。難しいなあ。今夜、よく考えてみるよ』


その夜のことです。
赤ちゃんがおもらしをして泣いていました。
なぜか両親も家政婦tさんも赤ちゃんの世話に来ません。


息子は心配になって両親に知らせようと寝室に行きました。
でもそこにはママがぐっすりと熟睡していただけでした。
そこで息子は家政婦の三田さんの部屋に行きました。
するとベッドの上でパパが三田さんを抑えつけて夢中になっていました。
声をかけたけれど二人とも夢中でまったく気づいてくれません。


しかたがないので息子は自分の部屋に戻って色々と考えながら寝てしまいました。


次の朝・・・。


 『パパ!僕ね、国の仕組みが分かったよ』 

晴れ晴れとした表情で息子はパパに話しかけました。

 『ほう。そりゃえらいな。どれ、考えを言ってごらん』 

 『うん。ええとね。 ”経営者”が”労働者”をやっつけている間、
   ”政府”は眠りこけているんだ。そして”国民”の声はまったく届かず
   ”未来”はウンコまみれになるんだよ』 

 『???』  
16:09  |  こんな事あんな事
 | HOME |  NEXT